ランニングの効果!楽しく走って健康と綺麗を手に入れましょう

気軽に行える運動としてランニングは人気があります。
またランニングは有酸素運動の代表で、ダイエットにも生活習慣病予防にも効果が在ると言われています。
でも本当に効果が在るのか、ランニングの効果から続ける為のコツ、逆効果になることをチェックしてみましょう。

体力作りとしてのランニングの効果


仕事や友達付き合いなどで運動不足になっていませんか?
健康になる為の情報は溢れています。
でも、運動不足解消の為に運動しようとしても、何から始めたら良いのか悩みますせんか?
また、ジムに行くと費用も掛かるし、もっと気軽に運動したいって方は多いはず。

そんな方にオススメなのがランニングです。
ランニングに必要な物は走るための動きやすい服装と靴だけなので、気軽に始められます。
そんな簡単に始められるランニングにはどんな効果があるのでしょうか。

生活のリズムが整う

朝ランニングするなら時間を確保する為に早起きになり、、夜ランニングをするなら仕事をキッチリ仕上げてさっさと帰宅する必要があります。
ランニングを行うとメリハリの効いた生活リズムが形成されるという効果がでます。

ランニングが体に与える効果

ランニングをすると心肺が刺激を受けて活発に働きます。
汗を出す事で新陳代謝が良くなり、基礎体温が上がって免疫力が強くなります。
免疫力が強化されると代謝が上昇され、骨粗しょう症、高血圧症、糖尿病など生活習慣病の改善にもなります。

ランニングが心に働く効果

ランニングの効果は身体への影響だけではありません。
ランニングをすると気分が向上し、気持ちのリセットにもなります。
そして適度な運動をする事によってより良い睡眠を取れる効果があります。

ダイエットとしてのランニングの効果


ランニングは有酸素運動です。
酸素を取り込み、体内の糖質や脂質をエネルギーに変えるため、脂肪の燃焼が促進されるのでダイエットの効果もあります。

ダイエットに効果的なランニングを行うには20分以上のランニングが効果的です。
有酸素運動では、始めに糖質をエネルギーを消費し、20分経ったころから脂質をエネルギーとして使い始めます。
ダイエットを目的としたランニングを行うには20分以上のランニングを心掛けましょう。

おしゃれをしてランニングすると気持ちが上がる


外でランニングをする際は、街中を走る事になりますので人とすれ違う頻度が多くなります。
せっかくのランニングなので、お洒落なウェアでランニングするも一つの楽しみになりますよ。

ウェアをおしゃれに着飾るのも気持ちをあげる効果があるので重要ですが、それ以上に重要なのではシューズです。
今履いてるのがランニング用で無いなら、ランニングシューズを買うのもオススメします。
ランニングシューズはランニングを効果的に行う為に様々な機能が含まれています。
スニーカーに比べランニングに特化しているので、膝の負担が軽減し、より快適なランニングを行えます。
お店の方に相談し、自分に合ったシューズを購入しましょう。

効果的にランニングを楽しく行うために効果的な物とは!


楽しく効果的にランニングを行える方法をご紹介します。

ただひたすら走るのは初心者の方には辛く感じてしまいますよね。
より楽しく長続きする為に楽しくランニングを行う事はとても重要です。

楽しくランニングを行うには自分の好きな音楽を聴く事がオススメです!
音楽を聴く事によって疲労が軽減する効果があるといった研究結果もあるようです。

また、ランニングアプリでランニングを行った際の記録を付けるのもオススメします。
GPS機能が付いており、自分の走行距離や時速などが表示されるので、日々の成長を目で見る事が出来ます。
様々なアプリがリリースされおりますので、自分の目的に合ったアプリをダウンロードするのが良いでしょう。

ランニングを効果的にするために仲間を作ろう

友人と一緒に楽しくランニング

一人のランニングは寂しい人は、友人と一緒にされてみては如何でしょうか。
仲間がいるとお互い励みになります。
おしゃべりしながら楽しい時間を過ごせます。

仲間内で大会参加なども良いですね。
大会は短い距離や長距離など様々な距離が設定されています。
自分の目標に合った距離の大会を決め、ランニングを行うのむ継続のコツになりますよ。

こんなランニングは逆効果

せっかくランニングをしているのに、ただ走るだけでは効果がありません。
おかしなフォームで走ると怪我にもつながります。
正しいフォームで怪我無くランニングを行いましょう。

またランニング後のストレッチを行うのも重要です。
ランニングをした後は脚にかかる衝撃から股関節が硬くなります。
すると咄嗟の動きが出なくて転びやすくなります。
またアキレス腱など重要な箇所に負担がかかり過ぎて炎症を起こします。