「この木に決めた!」DIYに使いたいおすすめの木材5選!

DIYで家具を作ってみたくありませんか。
自分でDIYするとなるとつい気合が入って高い木材を使いたくなるものです。
しかし家具を作るには用途にあった木材を選ぶことが大切です。
これからDIYで家具を作ろうと思っている方に、おすすめの木材をご紹介していきます。

いまやDIYは女性に人気のおすすめの趣味に!


インターネットの普及とともにDIYは人気の趣味になってきました。
DIYホームページやユーチューブの登場、また楽天やAmazonなど通販のおかげでDIY人口は増えてきています。
以前は日曜大工といわれ、お父さんの趣味であったDIYも今では若い女性にも人気の趣味になりました。

DIYで家具作り

DIYで人気なのが家具作り。
自分好みの家具作りに挑戦してみたい方は多いと思います。
家具といっても簡単な棚から、少し難しい椅子や机など色々とありますね。
色々な家具を作ろうと思った時に大切なことは木材を選ぶことです。
でも、DIY初心者の方には木材の選び方は迷いますよね。
なので、まずは木材の種類から説明していきましょう。

DIYで使いたいおすすめの木材の種類について


一般的にDIYで使われる木材の種類は無垢材、集成材、合板の3種類になります。
これらの3種類の木材はホームセンターなどで購入することができますが、それぞれの特徴は次のようになります。

無垢材の特徴

無垢材の特徴は木目の美しさ。
木目にこだわりたい方は無垢材がおすすめになります。

集成材の特徴

集成材は木材を接着剤でつなぎ合わせたものになります。
木目の美しさはあまり期待できませんが、無垢材よりも安価に購入できる点や
木材のそりなどの欠点が少ないのが特徴です。

合板

合板(一般的にはベニヤ板)は木のチップを接着剤で固めたものになります。
合板の特徴は面積の大きさと強度があげられ、家などの壁を作るときには合板が活躍します。

DIYでおすすめできる木材のはどれ?

実際のところ無垢材、集成材、合板はどれでもDIYで使う事ができます。
木目や本格的なDIYを楽しむのであれば無垢材、初心者が失敗しても気にしないDIYなら集成材や合板がおすすめかもしれません。
また予算によって無垢材や集成材、合板を使い分けても良いと思います。

DIY用木材の購入場所はどこがおすすめなの?


DIYで家具を作ろうと思ったときはどこで木材を購入すればよいのでしょうか。

ホームセンター

木材のおすすめの購入場所はやっぱりホームセンターです。
ホームセンターには豊富な木材があり、手に触れて木材を見ることができるのでおすすめです。

通販

いまや木材も通販で気軽に購入することができるようになりました。
通販のメリットはホームセンターに売っていない木材を購入できることです。
また木材の加工(指定の大きさにカット)販売もしている所もありますので、気になる方はチェックしてみて下さい。

100円ショップ

100円ショップにも簡単なDIYで使う事ができる木材が置いてあります。
以外に使いやすい木材も置いていることがあります。

DIYで使うおすすめの木材を選ぶときの注意点

DIY初心者の方が木材を購入するときに見落としがちな点がいくつかあります。
その見落としがちな点でも特に重要な点は木の「汚れ・反り・割れ」です。
木材を購入するときにはこの点をよく注意しましょう。

DIYで使いたいおすすめの木材5選!


家具を作るときにはどの木材を使っても良いのですが、DIY初心者の方はどの木材を使えば良いのか迷われるかも知れません。
それぞれの木材にも特徴があるため、お好みにあった木材を使いたいものですね。

おすすめの木材その1 SPF

DIYでオススメの木材はSPFです。
SPFとはスプルース(松科の針葉樹)、パイン(松)、ファー(もみ)の頭文字をとった単語になります。
SPFの一番の特徴は安く購入することができることです。
加工がしやすく整形やくぎ打ちなどが容易にできますのでDIY初心者の方におすすめの木材を言えます。
SPFの難点は耐久性に弱いことがあげられます。
ですのでSPFでDIYをしようとするときには屋外ではなく室内で使うものに使いましょう。

おすすめの木材その2 桐

桐の特徴は軽さと木目の美しさ、そして比較的安価で購入できる点にあります。
このように加工がしやすく安価な桐はDIYに人気の木材の一つになります。
桐の難点は耐荷重性が弱いことがあげられます。
ですので重たいものをいれるような棚を作るときにはパイン(松)などの耐荷重性のある木材を使いましょう。

おすすめの木材その3 パイン(松)

パインもDIYにおすすめの木材です。
パインはカントリー系の家具などを作るときに人気のある木材です。
そのはっきりとした木目からパインを好んで使われる方もいます。
特徴はハッキリとした木目、適度な加工のしやすさ、そして比較的安価に購入できる点にあります。
またブラウン系のニスがよく合い独特の風合いがある木材です。
パインの難点は傷つきやすい点です。
ただパイン材はカントリー系の風合いがありますので、傷やへこみがついてもあまり気にならないかも知れません。

おすすめの木材その4 ホワイトウッド

ホワイトウッドはSPFと特徴が良く似ているので一緒にされることがあります。
特徴はSPFと同様に加工性に優れ、どこでも安価に購入することができる点にあります。
SPFとの違いを挙げるとすれば、ホワイトウッドの方が少しだけ耐久性が劣るとされていますが、室内で使う用にはほとんど気にしなくてよいと思います。
ホワイトウッドとSPFのどちらかを使おうか迷った時には気に入った方を購入するので良いでしょう。
ホワイトウッドの難点は水に弱いことがあげられます。ただ室内で使う用にはお風呂場や押入れの奥以外の使用では問題のないレベルで使用ができます。

おすすめの木材5 ひのき&杉

自作家具を作られる方にはやはりひのきや杉が人気があります。
ひのきと杉の特徴は加工のしやすさ、耐久性、木目の美しさなど良い点がたくさんあるのが特徴です。

ひのきと杉の違いを挙げるとすると材質の色、木目の違いがあげられます。
ひのきの色や木目は控えめな印象ですが、杉の色や木目はハッキリとしています。

使い分けは好みによるものですので、気に入った方を使ってみましょう。
ひのきと杉の難点は価格が高いことがあげられます。
この点をのぞけば湿気にも強く扱いやすいおすすめの木材といえるでしょう。

DIYで使いたいおすすめ木材のまとめ


DIYで使いたいおすすめの木材をご紹介してきましたがいかがでしたか?
選ぶ木材の種類や特徴を知ることによって作りたいDIY家具のイメージがよりはっきりとしてくると思います。
ぜひ木材の種類や特徴を知って、DIYでご自身のライフスタイルに合った家具を作りあげてくださいね。