女性の身体にいいこといっぱい!知っておくべき ヨガの効果と注意点

ヨガというと、インドのイメージが強いですが、日本や中国でも古来から行われて、現在もとても人気があります。
ヨガの種類や流派は多種多様あり、それぞれのヨガがそれぞれの目的があります。
その中でも、代表的なハタヨガやホットヨガ、マタニティヨガは女性にとって、新陳代謝のアップや精神のバランスを整えたりと良い効果が沢山あります。

女性に嬉しい効果が多いけどヨガっていったいなに?

ヨガとは、インドが有名ですが、インドだけではなく、日本や中国から古く行われています。
ヨガは人間として正しく生きること、生きるための方法のことを言います。

ヨガは「呼吸」や「姿勢」がとても大切です。
普段なかなか意識しない正しい姿勢や正しい呼吸を意識することによって、乱れた精神を落ち着かせたり、細胞を活性化させて新陳代謝をアップさせ、心身ともにリラックスすることが出来ます。

筆者も以前ヨガを行っていましたが、普段の忙しい日常を忘れて集中しリラックスすることができました。

ヨガの種類は?女性にむいているのは?


ヨガの種類は、様々です。種類や流派が沢山あります。
おおよそ72の門があると言われています。
ポーズと呼吸を中心としたヨガや、精神を中心としたヨガ、エクササイズを中心としたヨガなど。それぞれが、目的にあったポーズや呼吸法をもっています。

代表的な女性に向いているヨガ

・ハタヨガ
ヨガの元祖と言われているヨガです。呼吸法を中心としたヨガの基礎です。
初めてヨガをするひとには特におすすめです。
身体と心の緊張を緩めバランスを整えることができます。

・パワーヨガ
現代のライフスタイルに合わせた歴史の浅いヨガです。
筋トレと瞑想が組み合わせられたヨガです。
ダイエット効果などが実感できる人気のヨガとして有名です。
一連の動作の流れを覚えておこないます。

・ホットヨガ
高温多湿の環境の中で、ハタヨガのポーズを行うヨガです。
高温多湿の環境の中で行うことで、筋肉の緊張が緩みやすく、また、新陳代謝もアップし
美肌効果が期待できます。

・マタニティヨガ
妊娠中の女性におすすめのヨガです。
妊娠中の心と身体を安定させたり、筋力の強化、股関節を柔らかくすることふができます。

初めての女性におすすめのヨガの始め方

全くのヨガ初心者の方におすすめの始め方は、まずはヨガが出来るスクールの体験に参加する方法がおすすめです。

全国展開しているヨガスクールは、
YMC
LAVA
などが有名です。
無料体験が行えたり、低価格で手ぶら体験ヨガなどが行えます。
コースも初心者向けがしっかり用意されているので、安心して参加することができます。
また、インストラクターさんが全体をみながらもしっかりと個人の様子も見てくれるので指示やアドバイスをしてくれます。
慣れない動きや呼吸法も無理なく、体験することが出来ます。

最近ではアプリやyoutubeや書籍でヨガの動きや呼吸法などを確認することが出来、お手軽ではありますが、自分の動きや呼吸法が本当にあっているのか自分自身でチェックすることって難しいですよね?
なので、本当に初心者の方は1度体験に行かれて基礎をしっかりと体験されることがおすすめです。
それから、スクールに通うのか自力で取り組むのか決めても遅くないと思いますよ。

女性ならではの気配りも忘れずに!ヨガをする際の服装、必要な持ち物

服装

・動けるトップス
Tシャツやタンクトップをスポーツブラの上から着用するのがおすすめです。
また、ブラトップだけで参加されている方も多くいらっしゃいました。
ワイヤー入りのブラジャーなどは、動きにくいし汗の吸いも悪いので絶対におすすめできません。

・動けるパンツ
ゆるっとしたズボンの方もいらっしゃいますが、ランニングパンツやランニングスパッツなどぴちっとした服装の方の方が圧倒的に多いです。
ぴちっと身体のラインが出る服装の方が、ポーズのなどを意識することが出来ます。
最初は恥ずかしいと思いますが、体型が出る格好をしましょう。

最近では、ユニクロやGU、しまむらやForever21、zaraなどで安価にスポーツウェアを購入することが出来きます。
是非チェックしてみてください。

持ち物

・タオル 2枚
1枚はヨガ中の汗拭き用、もう1枚はヨガ終了後のシャワー用に使用するのがおすすめです。

・バスタオル(必要があれば)
シャワー後に使用するひとはあった方が良いかもしれません。
また、ヨガマットを使わずに、フロアにバスタオルを敷いてヨガを行うスクールもあります。

・ヨガマット(必要があれば)
スクールで貸し出しを行っているので、最初はなくても良いと思います。
本格的に始めようとおもってから購入しても全然遅くありません。

・シャンプー・リンス・ボディソープ
スクールによって、シャワー時のシャンプーは禁止のところなどがあるので、確認が必要ですが、全身たっぷりと汗をかいた後にシャワーでスッキリできるのでボディソープだけでも持っていくことをおすすめします。
ボディだけでなく、シャンプーまで全身できるタイプの物を持っていくと荷物も減って便利です。

・脱毛用シェーバー(必要があれば)
うっかり、むだ毛が!と着替え中に気がつくことも、水やフォームなしで使える電動のシェーバーなど持ち歩いているといざというときに使えます。

・生理用品(必要があれば)
体型の出る格好でヨガをするので、ラインなどをが気になる人はスパッツの上にランパンを履いたり、工夫してみてください。
ポーズによって開脚したりするので、タンポンに慣れておくと楽かも知れません。
インストラクターさんが「生理中の人は、無理しない程度で」「無理なポーズはお休みで大丈夫ですよー」と声をかけてくれます。

・飲み物
500mlの水だと足りなくなることも。
1リットルくらいのみずをもっていくと沢山飲めるので安心です。

スクールによってレンタルや、手ぶらでOKのところもあるので興味のあるスクールのHPをまずはチェックして見てください。

ヨガが女性にもたらす嬉しい効果

インナーマッスルの強化

普段なかなか使わない筋肉をヨガのポーズにより、使うことが出来ます。
インナーマッスルを鍛えることで基礎代謝もアップしダイエット効果も期待できます。

身体のゆがみを矯正

骨盤を整えたり、身体のゆがみを矯正し、女性らしいからだへと導いてくれます。
筆者もヨガを習っていたときは、お尻がツンと上を向いていました。

デトックス効果

新陳代謝が良くなり、汗を沢山かくことで身体の中にたまった老廃物も排出されます。
筆者はヨガをした後にしっかりと保湿などを行うことでお肌のトラブルが解消されましhた。

ストレス解消

ヨガを行う際に、瞑想をすることから始まり呼吸を整えて徐々にポーズをとっていきます。
普段頭の中は仕事のことや恋愛でいっぱいいっぱいになってしまっていても、コノときは一瞬あたまの中を真っ白にすることが出来ました。

妊婦さんの場合

運動不足の解消や、身体をやらかくする効果、安産効果があります。
また、ヨガの呼吸法に慣れておくと、陣痛の際にヨガ呼吸をして痛みから気持ちを離すことが出来たと、経妊婦さんが言っていました。
病院などで取り入れている所や、ジムによってもやっている所があるので、確認してから行うようにしてくださいね。

女性ばかりの環境でも配慮が必要!ヨガを行う際の注意点

水分補給をしっかりしましょう

ヨガをすると、新陳代謝があがり汗をかきやすくなります。
脱水症状にならない為にしっかりと水分を補給しましょう。

無理のない範囲で行いましょう

慣れないポーズにいきなり挑戦して無理をすると身体を傷めてしまう可能性も。
しっかりと、無理のない範囲で行うようにしましょう。

体調に合わせて

ヨガをスクールで習う場合は、密室で集団で行うことが多くなります。
風邪などをひいているのに無理して参加することで周りの人に迷惑を掛けてしまうことも。
自分の体調と相談して、周りの人にも迷惑にならないように注意しましょう。

妊婦さんがマタニティヨガに参加する場合

まず、担当のお医者さんに相談してからヨガを行うようにしましょう。

女性が多い環境でも、男性の参加もありえます
体型が出る服装をすることが多いですが、男性が参加されるクラスもあります。
参加される男性にも迷惑のかからない範囲の服装、露出に注意しましょう。
男性が嫌だと思う場合は、はじめから女性限定のクラスを選ぶようにしましょう。

まとめ

ヨガが女性にもたらす嬉しい効果や、ヨガの注意点や持ち物に関してご紹介させていただきました。
ヨガは沢山の種類や効果があるので、ご自身の目的や身体に合わせたヨガを選ぶようにしてくださいね。
また、ヨガの教室は静かな空間のなか、音楽を聞きながらインストラクターさんの指示に従ってポーズをとることが多いです。
友人同士で参加する場合は、おしゃべりで周りの人へ迷惑をかけないように配慮を忘れずに参加して、楽しんでくださいね。