100均材料でチャレンジ!子供につくる簡単でかわいい手芸アイデア

初心者さんも100均の材料だけで簡単に作れる手芸をご紹介します。
オススメの素材「フェルト」「ダブルガーゼ」や、ちりめん細工や羊毛フェルトなどキットを使った手芸4選!
既製品に少し手を加えるだけで簡単に出来上がるハンドメイドと盛りだくさん。
手先の不器用なあなたでも簡単に取り組めるものなので是非チャレンジしてみてくださいね。

手芸に必要な材料も100均で簡単に揃えられる!

ハードルが高いと思われがちな手芸ですが、手芸に必要な道具から材料まで100均で揃えることができます!
手作りよりも買った方が安かった…なんてこともあるハンドメイドですが、材料を100円単位で購入できるなら、お得に始められますよね!

100均で揃えられる手芸道具や、手芸アイデアを紹介したいと思います。

フェルトの品ぞろえはダイソーで!

手縫い初心者にオススメなのはフェルトです。
普通の布と違って、切りっぱなしでも裾がほつれたりしないのが特徴です。
カラーバリエーションも豊富で、色のタイプごとに少量ずつがセットになって売っているため、たくさん色を使用したいときにも安く購入できます。

100均にはアイロンで接着できるものの他、シールタイプになっているものもあるので、針やアイロン付けの難しい小さなお子様も一緒に楽しむことができますね。

ダブルガーゼは子供・ベビー用品づくりに向いている!

小さなお子様の使うものは肌触りや吸水性の良いダブルガーゼがおすすめです。
100均にはかわいいデザインが少量ずつ売られています。

例えば、子供用マスクも、好きな柄で何枚か作っておけば、洗濯して繰り返し使うことができるのでエコですね。
男の子には自動車や電車のデザイン、女の子にはお花の模様や動物など種類も豊富なのできっとお気に入りの柄が見つかると思います。

同じように、出産準備のためにスタイをつくることもできます。型紙に合わせて裁断し、中芯やタオル地などを挟んで吸水性をさらに高めることもできます。
お腹の中のお子さんのために手作りのものを用意したい人にオススメです。

初心者さんも簡単に始められる!手芸キットと作り方紹介

1.つまみ細工キットを使って花飾り


つまみ細工って細かな作業が多くて難しそう…というイメージがありますがキットを使えば簡単です。
作り方の説明書も同封されているので初めての人でも気軽にチャレンジできますよ。

花の形は、丸つまみと剣つまみと2種類あり、それぞれ色のバリエーションも3パターンずつあります。

【作り方】
1.厚紙を3cmの正方形と直径2㎝の円に切る。
2.付属のちりめん布に3cm正方形の厚紙を重ねて8枚裁断する。
3.残った布の中心にボンドを付けて、2㎝の円の厚紙を貼る。
4.ボンドが乾いたら、縫い代の5㎜を残して裁断し、内側に折り込みやすいように周りに切込みを入れる。
5.切込みを入れた部分にボンドを付けて、厚紙に折り込んで貼っていく。(土台完成)
6.正方形の8枚の布を一つずつ三角形に折り、折ったものの中心をピンセットで挟み再度折る。
7.もう一度同じことを繰り返し、折った先の部分にボンドを少量付け、指で押さえる。
8.貼り付け部分を洗濯ばさみなどで固定する。これを8つ作る。(花びら完成)
9.乾いたら、土台部分にボンドを乗せ、花びらを配置して貼り付ける。
10.中心にビーズを貼り付ける。

好きな色や形の花を組み合わせて、ヘアピンやかんざしに取り付けるだけで七五三の髪飾りが完成します。
購入するとなると高価な髪飾りも、手作りすれば費用もかさまずオリジナルの作品をつくることができますね。
お子様の大切な思い出にいかがですか?

2.お気に入りの布でくるみボタン


くるみボタンもキットを使えばお手軽に作成することができます。

【作り方】
1.ボタンの柄にしたい布を、キット内の型紙に合わせて裁断し、ボタン位置に柄を合わせます。
2付属の打ち具台に、布、くるみボタンの外側の順に押し込んでセットします。
※その際はみ出した布は内側に織り込んで、蓋をするようにくるみボタンの内側をのせ最後にうち具をセットして押し込んだら完成です。

完成したくるみボタンは、ヘアゴムの飾りにしたりブローチにしたりとアレンジもできますし、針や糸を使わないので簡単です。

3.毛糸を使ってボンボンづくり

Miyuさん(@miyu.5_2)がシェアした投稿


ボンボンを作ろうとすると、ふっくらキレイな球体にするための毛糸の量やバランスを整えるのがとても難しいですよね。
でも、この「毛糸でつくるふわふわボール」のキットを使えば簡単に作ることができます。

【作り方】
1.付属のパーツにぐるぐると毛糸を巻き付け、パーツをはめ込んで固定します。
2.パーツの溝にハサミを入れてカットし、根本を2~3回きつく巻いて結びます。
3.パーツを外して全体を丸く整えれば完成です。

サイズも種類があるので、作りたい大きさに合わせて選ぶことができますね。
ニットの帽子につけたり、アクセサリーのアクセントにもなります。

4.羊毛フェルトキットでマスコット

mammyさん(@mammy03100301)がシェアした投稿


100均手芸キットの中でも一番所要時間のかかる作品です。
しかし100円で様々な種類の動物のシリーズが販売されており、初心者でも始めやすくなっています。
しかし見本通りに作るのはなかなか難しいようです。
しかしコツをつかめれば世界に一つだけの愛らしいマスコットをつくることができます。
「時間をかけてじっくり集中してつくってみたい」という人にはおすすめです。

【作り方】
1.まずパーツごとに羊毛を取り分けていきます。(線維に沿って縦に割くとキレイに取り分けることができます)
2.取り分けた羊毛を引き出すようにほぐします。(このようにすることで、まとまったときに線維跡が残りにくくなります)
3.パーツごとに手でしっかりと丸めます。(摩擦と熱を加えることによって毛束がフェルトのように変化していくため、この過程が重要です)
4.手で形を整えながら、針で刺していきます。(刺すときと抜くときの方向に気を付けて抜くようにすると針が折れにくくなります)
5.目のパーツ用に穴を開けてパーツを埋め込み、毛束から細くこより上にしたものを針でチクチクと刺して同化させて動物の表情をつくっていきます。(目のパーツを入れ6.る穴は大きめにし、しっかりとパーツを埋め込むとかわいらしく仕上がります)

コロッとした球体をつくるのにもコツがいるので、焦らず丁寧に取り組んでいくことが上達への道です。
見本とは少し違う作品ができても、それも個性で愛らしい仕上がりとしてSNS上でも話題になっているようですよ。
一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

5.【番外編】100均既製品を使った手芸アレンジ


おすすめの素材やキットについて紹介してきましたが、手芸コーナーだけでなく100均で買える既製品をアレンジすることもできます。
・肩掛けフリース→赤ちゃん用スリーパー
秋冬の季節になると100円で薄めのフリース素材でできた肩掛け(35×95)が販売されます。
縦長の商品を二つに折ったサイズがちょうど新生児~1歳頃の赤ちゃんのスリーパーをつくるのにちょうどよいサイズなのです。
布の厚さも薄手なので布団の下に着ていても暑すぎずちょうどいいです。

【作り方】
1.半分に折り、首元を横10cm、縦3cmを測って裁断する。
2.正面になる部分の首元を広げるために前側5㎝を計り、首元に沿って裁断する。
3.頭を通しやすいように正面となる部分に5cm切込みをいれてVの字に裁断する。
4.肩掛けの表面を上にして置き、裁断部にバイアステープ(約60㎝)をまち針でぐるっと留める。
5.テープの内側の折目をなみ縫いで一周縫う。
6.一周縫えたら裏返して、先ほどと同様にまち針で一周留める。
7.まつり縫いでテープを縫い付けると首元が完成。
8.わきの部分を開けて、スナップボタンを左右に3組ずつ縫い付ける。
9.お好みで首元にゴムとボタンを縫い付ければ完成。

もちろんひざ掛けのフリースでも作成できます。丈を長めに作れば幼児まで使うことができますし、観音開きにして前開きでボタンを付けることもできます。

6.大人用靴下→子供用レギンス

真実さん(@m.a.m.i.a)がシェアした投稿


肌寒い季節やワンピースの下に子供用のレギンスを履かせる人も多いと思いますが、洗い替えがたくさん必要であったり、活発に動き回るとすぐに破れたりと消耗品ですよね。
子供用レギンスも靴下で簡単に作ることができます。

【作り方】
1.靴下(25~27cmがおすすめ)のつま先部分を裁断する。
2.足底になる部分の中央をつま先からかかとまで裁断し、裏返す。
3.同じように裁断したものを裏返さずに、1枚目の靴下に入れる。
4.下部を開いて、縁に沿って縫って玉止めする。
5.中に入れた靴下を出し、下部を2回裏返して一周分縫う。
6.玉止めしたら完成。

靴下だけでなくレッグウォーマーにすると、つま先部分を着る必要がなく、縫う場所も減るのでより簡単に作ることができます。
季節に合わせた素材や好みの柄でオリジナリティーが出せておすすめですよ。

【まとめ】簡単に始められる手芸で世界に一つだけのお気に入りを作りませんか

100均で材料が全て揃うので、手軽に始めやすいですね。
また、初心者にも嬉しい説明書付きのキットも100円で購入できるなんてお得です。
お子さんのために手作りしてみたいと思っている、手先の不器用なあなたでも簡単につくれるものばかりなので、是非挑戦してみてくださいね。