初心者にもよくわかるゴルフのマナー

コースデビューが近づいたら、是非とも覚えて欲しいのがゴルフのマナーです。

ゴルフは紳士のスポーツと言われていて「マナーもいろいろと厳しいのでは?」と考えがちですが、スムーズなラウンドの為にも、あなたが愛されゴルファーになるためにもこの際、その基本的なゴルフのマナーを覚えてしまいましょう。

ゴルフにマナーが必要な理由とは?


ゴルフは審判がいない唯一のスポーツと言われています。
したがって、コースで起きることのすべてが自己責任になります。

ゴルフをしていると、自分が打ったボールが予期せず方向に飛んで行ったり、他のプレーヤーが打ったボールが自分にめがけて飛ん来たりします。
あの硬いボールが勢いよく飛び出して人に当たったら、怪我などの大事故に繋がる恐れがあります。

また、天気は快晴で、風もなく絶好のゴルフ日和。
なのに、前の組がずっとノロノロとプレーして、毎ホール、毎ショット待たされる。
そのせいでリズムに乗れずにスコアを崩してしまったなんて経験もあると思います。

したがって、ゴルフコースでプレーする時にはこうした事故や怪我を防ぎ、ストレス無く楽しく過ごすために、みんなが守らなければならないマナーが必要になるのです。

ゴルフのマナーって、どういうものがあるの?

クラブハウスでのゴルフマナー

えっ?クラブハウスにもゴルフのマナーがあるの?
と、思われる方もいるかと思います。

ゴルフはスタート時間が決められています。
従って通常はスタート時間の30分前を集合時間に決めるケースが多いです。

コースを予約した幹事役の人は、一緒に回る人がなかなか現れなかったり、受付は済ませているのにスタートホールに現れない事があると不安になります。

用意が必要な人は、予め自分が支度に必要な時間を加味し、集合時間よりも前にコースに到着して用意を終わせましょう。そうすれば幹事役の人が安心ですし、あなたの気持ちにもゆとりが生まれますよね?

これもゴルフのマナーでは大切なことです。

ラウンド中のゴルフマナー

前に出ない

他の人が打つボールよりも決して前に出ないでください。
自分よりも飛んでいない人がいる場合にはカートに戻って待つようにしてください。

前に人がいると思うように打てませんし、あなたにもボールが当たる危険性があります。
これは常に心がけておきたいマナーです。

打ったら走る

これもよく言われる言葉です。
みなさんも聞いたことがあると思います。
この言葉の意味は「早くボールの元へ行き、ボールの状態を見る」ということです。
自分のボールの状態を確認し、次に使うクラブを選ぶ時間を作る為です。

時間短縮というゴルフのマナーでは大切なことなのです。

クラブは2~3本持っていく

使用クラブは常に2本から3本持って行きます。

  • グリーンまで届くクラブ
  • とりあえず安全な方向へ打つクラブ
  • 自分が得意なクラブ

上記3本がおすすめです。

ボールの元へ行って、使うクラブを決め、カートに戻ってクラブを選んで、またボールの元へ・・・
なんて時間がかかり過ぎますよね。

同伴競技者を待たせないこともゴルフのマナーです。

人のラインを踏まない

自分のパットに夢中になるあまり他のプレーヤーのパットのラインを踏んでいませんか?
プレーヤーは自分のボールとカップの間のラインは慎重に読みます。
そこを他の人が踏むことはマナー違反となります。

よくありがちなので、注意しましょう。

フォアーと叫ぶ

自分が打ったボールが勢いよく隣のホールめがけて飛んで行ってしまった時は、恥ずかしがらずにフォアー!と叫んで隣のホールの人に危険を知らせましょう。

これもゴルフのマナーでは大切なことです。

この掛け声を言わなかったばかりに他のプレーヤーの頭部にボールが当たり、過失傷害の罪に問われた実例もありますので、気をつけたいものです。

意外と気が付かないゴルフのマナーとは?

初心者だけではなくて、経験豊富なベテランゴルファーでさえも気が付かない、忘れがちなゴルフのマナーがあります。

すぐにグリーンを空ける

それは、ホールアウトしたらグリーンを空けるということです。
後ろの組が打つのを待っているような時にはまず、グリーンを空けましょう。

これは普段から、全員が「ホールアウトしたらすぐにグリーンを空ける」ということを習慣づけておく必要があります。

ボールの番号は覚えておく

そのホールで自分が使うボールの銘柄と番号は覚えておきましょう。
これは誤球といって、他の人のボールを間違えて打つというルール違反をしないようにする為に必要なマナーです。

そして出来れば同じ銘柄のボールを使うことをお勧めします。

誘われゴルフ女子になる!マナー美人への道


他の女性プレーヤーに差をつける、一味違ったマナーをお教えします。

クラブは次のホールでバッグに戻す

ホールアウトしたら、通常そのホールで使用したクラブはその場でキャディバッグに戻します。
しかし、後ろの組が来ている場合は、使ったクラブを持ったままカートに乗りましょう。

そして次のホールに到着したら、そのクラブをキャディバッグに戻してそのホールで使うクラブを選びましょう。
そうすればスマートに時間短縮が図れますよ。

ピンフラッグは持つ

最初にホールアウトした場合、その時には抜いたピンフラッグはあなたが持ちましょう。
最初にホールアウトした人が持つというのもマナーなのですが、これは意外と知られていないゴルフのマナーなのです。
それだけにあなたがやれば「おっ? なかなかやるなぁ」ということになります。

まとめ

ゴルフのマナーの基本は何より「自分がされていやな事はしない」という基本的なことがらばかりなのです。

女性のあなたが、ゴルフの腕前はともかく、マナーをしっかりと身につけてプレーしていれば、同伴競技者の背筋もしゃんと伸びて、ラウンドが気持ちの良いものになると思います。

その結果「また、一緒にラウンドしたい」と多くの人が思います。

ゴルフは審判がいない唯一のスポーツと言われています。
マナーが悪くても注意してくれる人はいません。
それだけにひとりひとりが注意することが大切です。