【編み物の種類】これを見れば、初心者さんでもわかるガイド付き

編み物にはどんな種類があるか、ご存知ですか?代表的な編み物の種類は4つあります。
かぎ針編み・棒針編み・アフガン編み・輪針編み、それぞれの特徴と編み方についてくわしくご紹介いたします。

編み物の種類を知って、編み物を始めてみましょう!

編み物の種類にはどんなものがあるの?

毛糸と編み針があると簡単に始められる編み物ですが、どんな種類の編み物があるかご存知ですか?

編み物は、使う針の種類によって大きく分けて4つの種類があります。

かぎ針編み・棒針編み・アフガン編み・輪針編みの編み方の種類について、くわしくご紹介いたします。

編み物の編み方の種類①~かぎ針編み

かぎ針編みで基本となる編み方は、鎖編みと細編みと長編みです。

編み目の土台となる鎖編みと、基本となる細編みと長編みの他にも、さまざまな編み方の種類をご紹介します!

鎖編み

鎖編みは、編み始めの土台としても使われる、基本の編み方です。

細編み

細編み(こまあみ)は、立ち目をひと目で編み始めます。
細編みは基本となる編み方の一つです。

長編み

長編みは、立ち目を3目で編み始めます。
針に糸をかけてから、針にかかっている糸を2本ずつ、2回で引き抜く編み方です。

応用編

少し難しいかもしれませんが、応用編も紹介します!

  • バック細編み
  • 細編みを、左側から右側へ編み進める編み方です。

  • ねじり細編み
  • 編み目に針を入れて糸を引き出して、針先を回してから糸をかけて引き抜く編み方です。

  • 中長編み
  • 中長編みは、立ち上がりが2目で編み始めます。
    針に糸をかけてから、編み目に針を入れて、3本の糸を一度に引き抜く編み方です。

  • 長々編み
  • 長々編みは、立ち上がりが4目で編み始めます。
    針に糸をかけてから、編み目に針を入れて、針にかかっている糸を2本ずつ2回に分けて引き抜く編み方です。

  • 三巻長編み
  • 三巻長編みは、立ち上がりが5目で編み始めます。
    針に糸を3回かけて、引き抜く編み方です。

  • 玉編み
  • 玉編みとは、いくつかの編み目の最後のひとめを編まずに未完成にしておいて、最後に一気に引き抜く編み方です。

  • 中長編み3目の玉編み
  • 未完成にしておいた3目の中長編みを、一度に引き抜く編み方です。

  • 長編み3目の玉編み
  • 未完成にしておいた3目の長編みを、一度に引き抜く編み方です。

  • 長編み5目のパフコーン編み
  • 5目長編みを編んでから、針をいったん目から外します。
    1目の頭に針をいれて、外した目を戻して引き抜いた後に、1目鎖編みをして引きしめる編み方です。

  • 筋編み
  • 筋編み(すじあみ)は、編み目の表側を見て、前の段の向こう側の半目だけを拾いながら編む編み方です。

  • 畝編み
  • 畝編み(うねあみ)は、前の段の向こう側の半目をひろいながら、往復編みをする編み方です。

編み物の編み方の種類②~棒針編み

棒針編みは、表編みと裏編みを基本として、さまざまな編み方があります。

表面や裏面を確認しながら編む必要がありますが、基本の編み方を使うと帽子やマフラー、手袋などいろいろなものを作ることができます。

表編み

表編みの方法は動画をご覧ください!

裏編み

裏編みの方法は動画をご覧ください!

編み方

編み方の種類もたくさんあります!

  • メリヤス編み
  • メリヤス編みは、表目だけの編み方です。
    表から編む段は表目で編み、裏から編む段は裏目で、1段ごとに交互に編みます。

  • 裏メリヤス編み
  • 裏メリヤス編みは、裏目だけの編み方です。
    表から編む段は裏目で編み、裏から編む段は表目で、1段ごとに交互に編みます。

  • ガーター編み
  • ガーター編みは、表目と裏目を1段ずつ交互に編む編み方です。
    表を見て編む段も、裏を見て編む段も、表目だけで編みます。

  • 1目ゴム編み
  • 表目と裏目を交互に1目ずつ編む編み方です。
    表を見て編む段も、裏を見て編む段も、表目と裏目を交互に1目ずつ編みます。

  • 2目ゴム編み
  • 表目裏目を交互に2目ずつ編む編み方です。
    表を見て編む段も、裏を見て編む段も、表目と裏目を交互に2目ずつ編みます。

編み物の編み方の種類③~アフガン編み

アフガン編みとは、棒針の先端にかぎ針がついているのが特徴です。

針の両端にかぎがついているものと、片方にだけかぎがついたものがあります。

アフガン編みは、往復で1段になります。
往路では、棒針と同じ持ち方をして編み、復路ではえんぴつのように持って編みます。

表編み(プレーンアフガン編み)

表編み(プレーンアフガン編み)は、表編みのあとに、戻り目を編んで合わせて1段になる編み方です。

2段目以降は、前の段のたて目をひろいながら編みます。

裏編み

裏編みは、裏編みのあとに、戻り目を編んで合わせて1段になる編み方です。

応用編

今までの方法を知ってる人は、応用編に挑戦してみましょう!

  • かのこ編み
  • かのこ編みは、表目と裏目を交互に編みます。
    1段目は表目で編み、2段目は表目と裏目を交互に編みます。
    復路は戻り目を編みます。
    3段目は裏目と表目を交互に編みます。

  • バックステッチ編み
  • バックステッチ編みは、編み地の裏側からたて目をひろいながら編みます。
    復路は追いを編んで1段になります。
    追い目の裏山が編み地の正面に出て、線が入ったように見える編み方です。

  • 中長編み2目の玉編み
  • 中長編み2目の玉編みは、針に糸をかけてから、前の段のたて目をひろいながら編みます。
    復路は追いを編んで1段になります。

  • メリヤス編み
  • メリヤス編みは、前の段の追い目の鎖編みの下から、前の段のたて目に針を入れて糸をかけて引き出しながら編みます。
    復路は追いを編んで1段になります。
    棒針編みのメリヤス編みのような編み目になります。

編み物の編み方の種類④~輪針編み

輪針とは、棒針がナイロンのようなコードでつなかっている編み針のことです。

輪針を使うことで、ニット帽や手袋などの筒型になっているものを簡単に編むことができます。
棒針のように、表面と裏面を返す必要がないため、表面のまま編むことができます。

基本的な編み方は、棒針の編み方と同じです。

端まで編んだら、編み面を返して編むことで、輪針を使っても平編みをすることができます。

いろいろな種類の編み方で編み物を楽しもう!

編み物は、いろいろな種類の編み方を組み合わせることで、好みのデザインに仕上げることができます。

かぎ針編みは、編み方を組み合わせてモチーフを作ることができます。
棒針編みで作ったマフラーや帽子などに、かぎ針のモチーフをつけるのもおすすめです。

同じ編み方でも、毛糸の種類によって仕上がりが全く異なる場合もあります。
好みの毛糸を使って、かぎ針・棒針編み・アフガン編み・輪針編みをしてもよいでしょう。

さまざまな編み方を試すことで、編み物が上達したり、自在に作品を作ったりできるようになります。

まとめ

編み物の種類について、おわかりいただけたでしょうか?
好みの毛糸と針があれば、編み物はすぐに始められます。

編み物の初心者の場合には、かぎ針編みから始めることをおすすめします。
編み物に慣れている場合には、いろいろな編み方を組み合わせたり、アフガン編みや輪針を使った編み方にチャレンジしたりしてみてもよいですね。

一本の糸から素敵な作品を作ってみませんか?