ハーバリウムをさらに魅力的にするボトルの世界

テーマはハーバリウムに扱うためのボトル。
簡単な作り方から、円柱型や丸スキットル型などのボトルをひとつずつ紹介しています。
ボトルの購入方法や、小さいボトルを活用したアクセサリー作りなどのアイデアも併せてまとめてみました。
ボトルに注目した、ハーバリウムを楽しむための特集です。

美しいドライフラワーを透明な液体とともにボトルに詰めるハーバリウム。
中に入れるドライフラワーも重要ですが、それを入れるボトルによってもその魅力は大きく変わります。
そんなハーバリウムのボトルについて、詳しく見ていきましょう。

そもそもボトル詰め植物標本、ハーバリウムってなんだろう


もともとハーバリウムとは押し花なども含めた、広い範囲での植物標本のことを言います。
しかし、近年では透明なオイルとともにボトルに詰めるインテリアをさすことが多くなってきました。
生花とは違い、乾燥処理もされ防腐剤も入れるハーバリウムは、お手入れ不要です。
長く手軽にお花を楽しめる方法としても注目されています。

ハーバリウムは、東京にあるLUFFというフラワーショップや
京都にあるウサギノネドコというお店でも販売されています。

しかし、せっかくならば自分のオリジナルのハーバリウムを作りたいと考えますよね?
それでは、ハーバリウムとはどのように作るものなのでしょうか。

必要なのは、オイルとボトル。ハーバリウムの作り方

ハーバリウムの作り方はとても簡単で、好きなボトルにドライフラワーとオイルを入れるだけ!
このオイルが謎の液体として知られていましたが、意外と身近なものでも代用できるのです。
そんなハーバリウムの作り方について順に見ていきましょう。

ハーバリウムに必要なもの

  • ベビーオイル
  • 無水エタノール
  • 密封できる入れ物(ボトル)
  • ドライフラワー
  • ピンセット

どれも気軽に手に入るものばかりですね。
これに加えて新聞紙やはさみ、じょうごなどもあると作業がスムーズに進みます。

ハーバリウムの作り方

  1. ボトルを洗剤で綺麗に洗う
  2. (菌が残っているとカビが生えてきてしまいます)

  3. エタノールで殺菌し、乾燥させる。
  4. ドライフラワーを自由にいれていく
  5. (大きい花ははさみでカットしましょう)

  6. オイルを入れ物いっぱいにいれていく。
  7. 蓋をオイルが漏れないようにしっかり閉める

ボトルに入れるオイルはベビーオイルのほかに、流動パラフィン、シリコンオイル、専用のミネラルオイルなどが使えます。
自分が手に入りやすいと思うものを使いましょう。
少々値が張りますが、ハーバリウム専用オイルは花がとてもキレイに見えるように作られていますし、長持ちもします。

ハーバリウムの見た目を決める! ボトルの種類

ハーバリウムに重要なボトル。
どうせなら自分にとって一番気に入ったものを選びたいですよね。
どんなボトルがあるのか、詳しく見ていきましょう。

四角柱のボトル


ハーバリウムで一番よく見る形のボトルです。
お花を自然に見せることができるのでおすすめです。
定番なだけあってさまざまな長さや太さのものが売られているので選ぶ楽しみも大きいです。
円柱型も、同じように人気があります。

電球型のボトル


見た目が独特で人気のあるボトルです。
少し下部分が丸くなっているだけのものもあれば、そのまま電球にしか見えないタイプのものもあります。
インテリアとしてとても映えるデザインですね。

丸スキットル型のボトル


平たい円のボトルです。
入れる部分を斜めにしておくと、それだけもかわいらしさが出ます。

ウイスキーボトル型


小さめのウイスキーボトルを模したものです。
独特なシルエットがかわいらしいボトルです。

スタッキングボトル

底が盛り上がっているタイプのボトルです。
盛り上がっている部分は空洞になっているため、そこにはめ込む形で組み合わせていくことが可能です。
たとえば同じ形のボトルを積み重ねたり、中に小さいライトを入れることもできるのです。

丸フラスコ型ボトル

子供のころ、実験道具として見たフラスコ型のボトルです。
丸スキットル型と似ていますが、こちらは完全な球体になっています。
その分中に入れることのできるお花の量も多くなりますので、華やかなハーバリウムがいいというときにはおすすめです。

ハーバリウム用のボトルはどこで買える?

多くの種類があるハーバリウムボトル。
条件としては透明であること、蓋がしっかり閉まることの二つだけ。
つまりどんな瓶でも代用は可能ですが、実際適当にというわけにはいきませんよね。
そこで、簡単にどこでハーバリウムボトルが買えるかまとめてみました。

100円ショップ

少し興味があって……というレベルなら、まずは100円ショップを覗いてみましょう。
円柱、四角柱型はもちろん電球型のボトルまでそろっています。
プラスチック製ではありますが、ぱっと見て気づくようなものではありませんし、とても綺麗です。
造花も一緒に買い求めることができるので、それを中にいれてもいいですね。

通販ショップ

ネット上のお店には、ハーバリウムの材料を取り揃えているショップが多くあります。
ガラス製のしっかりしたボトルも多数取り扱っているところもあり、まとめて買えばかなりお得です。
ドライフラワーなどの封入物の種類も豊富なので、かっこいい本格的なものが作りたいときは利用してみましょう

インテリアだけじゃない!小さいボトルでハーバリウムアクセサリー


とても綺麗なインテリアだけれど、家では置く場所はないなぁと思っている方はいませんか?
それならば、ハーバリウムでアクセサリーを作ってしまうのはどうでしょうか。

アクセサリー用の小さなボトルに、同じように花とオイルを入れ、金具をつければ素敵なアクセサリーの出来上がりです。
インテリア用よりも細かい作業が必要となりますが、その小ささがまたとてもかわいいのです。
オイルやドライフラワーも少量で済むので、プレゼントにも向いていますね。

おすすめはビーズ用のガラスドームを使用すること。
本来はビーズを入れて楽しむ簡単なアクセサリーパーツですが、ハーバリウムにも使用できます。
手芸店のビーズコーナーに置いてありますし、基本の球体型以外もありますので楽しめるのではないでしょうか。

ハーバリウムをさらに魅力にするボトルの世界のまとめ

簡単に作れて楽しめるおしゃれインテリア、ハーバリウム。
アイデア次第では個性的な作品が作れます。
ぜひ、好みのボトルを見つけ出してお気に入りのハーバリウムを作ってみてください。