【簡単ハンドメイド】今すぐ始めたい、女性に人気5選をご紹介!

ハンドメイドに興味がある人や試しにちょっとだけ挑戦してみたい人も、まずは簡単な物から始めてみませんか?
初心者や手先に自信のない人でも始めやすい、簡単ハンドメイド5選をまとめました!
その他にも、作品例5つや役立つ情報も紹介しているのでチェックしてみて下さいね。

ハンドメイドは本当に簡単?

ハンドメイドは時代問わず幅広い年齢層の女性に人気の趣味でもあります。
しかし、興味があっても難しそうという理由から、なかなかトライ出来ないでいる人も多いのではないでしょうか?

ハンドメイドの難易度は、作り方・デザイン・材料・作る物によって大きく変わります。
凝ったデザインよりもシンプルなデザインの方が作るのが簡単ですよね。

つまり結論としては、ハンドメイドにも簡単に出来る物が数多く存在するという事なのです!

簡単ハンドメイドに挑戦するなら初心者向けキットを活用しよう!

近年、手芸店はもちろん100円均一の手芸コーナーや通販サイト等で、初心者向けのキットを取り扱っている所が増えてきています。

例えば100均で購入出来るキットを挙げると、羊毛フェルト・フェイクレザー・レジン・ビーズ等があるはずです。
ただし、店舗によっては取り扱っていない所もあるので注意して下さい。

キットを活用すればハンドメイドの経験が浅い人でも、比較的簡単に作品を完成させる事が出来るでしょう。

簡単ハンドメイド作品の例5つをご紹介!

ここで簡単に出来るハンドメイド作品の例を一部ご紹介します。

バッグ

tomoさん(@tomo_5528_)がシェアした投稿

ミニバックなら手縫いでも時間が掛からず比較的簡単に作れます。
ハギレを使ったパッチワーク柄も可愛いですし、一枚布で作った物にワンポイントで刺繍を入れるのも素敵ですね。

もしパッチワークに挑戦するなら、布(ハギレ)の厚みや素材は同じ物にした方が扱いやすいです。
バッグと同じやり方で底を作り、口部分にファスナーを付ければポーチも作れます。

ピアス&イヤリング

ピアスやイヤリングは手作りアクセサリーの定番とも言えますね。
モチーフにはビーズやレース等の布素材や、この後紹介するレジンやプラ板を使った物も人気です。

パーツにはピアス・イヤリング金具(フックタイプやクリップタイプ等)の他に、モチーフを固定したり金具同士を繋ぎ合わせる為の、丸カンやTピンと呼ばれる金具を使用したりもします。

材料は手芸店や100均で揃います。

手描きリメイク

マグカップやお皿などの無地の食器・バックやスニーカーなどの無地の布製品・透明なスマホケース・ガラス瓶、これらに油性ペン・陶磁器用ペン・布用ペンで文字やイラストを描くだけで完成です。

油性ペンや専用ペン(陶磁器用なら無印良品のおえかきペン11色入り税込1000円、布用ならMARVYファブリックツインマーカー布ぬりえセット12色入り通販で2500円前後等がオススメ)を使えば、インクが滲まず水で洗っても落ちる事はありません。

バスボム

重曹とクエン酸を3:1の割合で混ぜ、そこに好きな香りのエッセンシャルオイル適量垂らします。

さらに水を少量ずつ加え、湿った粉洗剤の様な状態になったらラップに包み適当な大きさに丸めて完成です。

作り方のコツはよく混ぜる事で、水の入れ過ぎは途中で発泡してしまう原因になるので注意して下さい。

バスボムの中にハチミツ・塩・ドライフラワー・ドライハーブを入れてアレンジしたり、食紅で粉に色付けたり、シリコン型で好きな形に固めるのも可愛くてオススメです。

アクアリウム&テラリウム&ミニチュアガーデン

空き瓶やグラス等の好きな器に、砂or土(アクアリウムの場合は水も)・好きな植物(アクアリウムの場合は水草)・ミニチュアフィギュア等のオブジェを入れ完成です。

器や中身を工夫すれば他にはない一味違った作品が出来ますし、お部屋に置けば簡単にオシャレな空間を演出できますね。

初心者でも始めやすい!人気の簡単ハンドメイド5種類

ハンドメイドと言っても、様々な方法で作ることができます。
ここでは、5種類のハンドメイドを作る方法を紹介します!

ミシン

ハンドメイドと聞いて裁縫、特にミシンをイメージする人も多いのではないでしょうか。

ミシンの扱いは慣れるまでは少々難しいと感じるかもしれませんが、コツを掴んでしまえばクッションカバーや服等、布製品なら大抵の物は作れるでしょう。

そして、初心者がミシンを選ぶ時におさえておきたいのが次の3点です。

  • 低価格のミシンは機能に制限があり初心者には扱いにくいのでNGです。
  • (5万円前後を目安にする)

  • 両手が自由になるフットコントローラー付きのミシンを選びましょう。
  • コンパクトサイズではなくフルサイズミシンの方が扱いやすいです。

  • 必要な物
  1. ミシン
  2. ミシン糸(扱う生地の厚みに合わせる)
  3. ミシン針(糸と同じく生地の厚みに合わせる)
  4. ボビン(ミシンの下糸を巻く物)
  5. 裁ちばさみ&糸切ばさみ
  6. 目打ち(布に印を付ける)
  7. リッパ―(縫い目を解く物)
  8. まち針(折り目を固定する用)
  9. その他作品に必要な物(型紙や定規やアイロン等)

基礎知識、やり方は以下を参照して下さい。

  • 簡単に作る★裏つきポーチの作り方~けーことん~(動画)
  • Tシャツの作り方(動画)

初心者のミシン動画教室はミシンの様々な縫い方はが動画で説明してくれます。
縫い方がまとめれているので便利です。

レジン

YATAさん(@yata100siki)がシェアした投稿

レジン(樹脂)には2種類あり、2つの液体を混ぜ合わせる事で硬化するエポキシレジンと、日光やUVライト(紫外線照射機)を当てて硬化するUVレジン(紫外線硬化樹脂)とがあります。

ここでは、100均でも購入可能なUVレジン液(内容量は4~5g)を使うやり方について説明しますね。

レジンは土台となるパーツに自分の好きなデコパーツをセットし、そこにレジン液を流し入れUVライトや日光を当てて硬化させれば完成です。

レジンは固まると表面がぷっくりとしてツヤツヤになるので、アクセサリーを作る時に良く使われます。

  • 必要な物
  1. UVレジン液(基本は透明だが色付きやラメ入りの物もある)
  2. UVライト(大体1000円~3000円台で購入可能)or日光(快晴なら半日から1日程度で固まる)
  3. 土台パーツやフレームパーツ(底がない物はマスキングテープやクリアファイルを下に敷き底代わりにする)またはシリコン型(透明か半透明の物)
  4. ネイルシールやデザインシートや好きなデコパーツ
  5. つまようじやピンセット
  6. ネイルに使うトップコート(塗らなくてもOKだが、表面に塗って仕上げると綺麗にできる)
  7. アクセサリーにする場合は必要なパーツ

基礎知識、やり方は以下を参照して下さい。

プラ板

プラ板(プラバン)細工は、適当な大きさに切ったプラ板に油性ペンやアクリル絵具で絵を描き、それをオーブンで熱すると描いた絵ごと元の大きさの1/4程度の小ささに縮むという物です。

好きな文字や絵を描けるのでアクセサリーやタグプレートといった様々な物が作れます。

ladyさん(@lady5963)がシェアした投稿

  • 必要な物
  • プラ板(透明や半透明や白色がある)
  • 図案
  • ハサミ
  • 油性マーカーorポスカorアクリル絵の具(ヤスリでプラ板の表面を削れば色鉛筆やパステルでの着色も可能)
  • オーブントースター
  • アルミホイルやクッキングシート
  • 分厚い本(縮んで丸まったプラ板を平らに慣らす用)
  • ピンセット(熱したプラバンを取り出す時に使用)
  • 穴あけパンチ(金具を通す用の穴を空ける場合)

基礎知識、やり方は以下を参照して下さい。

デコパージュ

デコパージュとはキャンドルや石鹸等に、タトゥーシールやペーパーナプキンの絵柄を切り貼りしながらデコレーションする物です。

絵柄を貼った上から、絵画用の平筆で専用糊を塗り乾いたら完成になります。

  • 必要な物
  • デコパージュするもの(プラスチックや布製品でも可能)
  • ペーパーナプキン等の好きな絵柄の紙
  • ハサミやカッター
  • デコパージュ専用糊
  • 絵画用の平筆

基礎知識、やり方は以下を参照して下さい。

羊毛フェルト

羊毛フェルトは、わた状に近い羊毛で出来たフェルトをニードルと呼ばれる特殊針でプスプスと刺す事で形を作ります。
糸を使わなくても形が出来るのは、ニードルで刺す事によりフェルトの繊維同士が絡まって固まるという仕組みです。

羊毛フェルトで作る動物のマスコットは近年特に人気を集めていますよね。

裁縫とは違い針でつつくだけの作業なので、細かい作業が苦手な人も簡単に出来るハンドメイドと言えるでしょう。

羊毛フェルトにはもう1種類、洗剤を加えたお湯で固める方法の水フェルトもありますが、ここでは100均にもキットがあるニードルフェルトの方を紹介します。

  • 必要な物
  • 羊毛フェルト
  • フェルティングマット
  • ニードル
  • まち針(フェルトの固定に使用)
  • 指カバー
  • マスコットに必要な装飾品
  • 木工用ボンド(装飾品を着ける用)

基礎知識、やり方は以下を参照して下さい。

  • フェルト羊毛の使い方_基本編1(動画)
  • 無料レッスン#04 いろいろな形の作り方 ちまちま羊毛フェルト(動画)

ここで紹介した必要材料は、ほぼ全て100均や手芸店で揃える事が可能です。
ただし、店舗によっては取り扱っていない場合もありますのでご了承下さい。

ハンドメイド作品の作り方を紹介しているサイトを参考にしよう!

どんな作品を作ろうか迷った時は、ハンドメイド作品の作り方を公開しているサイトを参考にしてみるのもオススメです。
大抵のレシピページには作業工程の写真や丁寧な説明が付いているので、初心者でも分かりやすいでしょう。

サイト内の検索機能によっては、難易度や制作時間等から作品を絞り込む事が出来るサイトもあるので是非活用してみて下さい。

オススメのハンドメイドサイト4つをご紹介

簡単ハンドメイドでプレゼントやお小遣い稼ぎも!

ハンドメイドは趣味に留まらず人へのプレゼントとしても喜ばれますし、中には自分で作った作品をバザーやハンドメイド販売サイトに出品してお小遣い稼ぎをしている人もいます。

ハンドメイド販売サイトでの出品なら、サイトにもよりますが初期費用や月額費用はほぼ不要で、売り上げに応じた手数料(10%程度)が掛かる場合が殆どです。

因みに、ハンドメイド作品を個人で販売している人がどの位稼いでいるのかと言うと、月に平均1万円いかない人が殆どで、中には月に数十万円売り上げている人が少数いる程度だそうです。

固定のファンが付くまでは、ハンドメイドでがっつり稼ぐのは少々難しいかもしれませんね。

人気のハンドメイド販売サイト3つ

  • minne(ミンネ)
  • minneはハンドメイド販売サイトの中でも、大手と言えます。
    作品ジャンルだけでなく、作家検索機能が付いているので、出品した際に自分の作品を見つけてもらいやすいメリットもあります。

  • Creema(クリーマ)
  • Creemaでは作家にオーダー作品の相談(メール)が出来るので、固定のファンがつけば安定した収入を見込めるかもしれません。

  • tetote(テトテ)
  • tetoteも多くの作家が様々なジャンルのハンドメイド作品を出品しています。
    因みに、この様なサイトで出品する場合、作品の写真・作品説明・配送方法&送料・注意事項等をページに載せるのが基本です。

あなたも簡単ハンドメイドを楽しんでみませんか?

今回紹介したハンドメイドは、初心者にとって比較的始めやすい物ばかりだと思います。
もし少しでも興味があるなら、まずはトライしてみましょう!

最初は思った様に上手く出来ないかもしれませんが、作品が完成した時には達成感と充実感で満たされるはずですよ。
是非参考にしてみて下さいね!