流行中のジェルネイルに挑戦しよう! セルフジェルネイルのやり方

今回はセルフジェルネイルについてご紹介していきたいと思います。

セルフジェルネイルに必要なものや、注意点など、セルフジェルネイルをする上で必要となる情報を紹介していきます。

あなたもぜひ人気のジェルネイルをセルフで挑戦してみましょう!!

若い女性を中心に人気のジェルネイルとは?


実際に日頃からネイルを施していたり、ネイルに興味がある
もしくは美容に興味がある方は一度でも聞いた事のあるであろうネイル用語、「ジェルネイル」。

ジェルネイルとは従来のマニキュアを使ったネイルとは異なり、ジェルネイル専用のジェルを爪に塗り、光を当てて固める事によって出来るネイルの事を指します。
最近ではマニキュアを使ったネイルよりもジェルを使ったジェルネイルが主流になりつつあると言っても過言ではない程、流行しています。

また、女性人気のあるモデルや歌手・アイドルが多く施している事もあり、マネする女性も多くありません。
若い女性を中心に大人気のジェルネイルですが、一体どんな所に魅力があり、多くの女性を虜にしているのでしょうか。

今回は大流行中のジェルネイルやジェルネイルをセルフでやる方法などを紹介したいと思います。

ジェルネイルをセルフでするやり方は?

マニキュアを使ったネイルに比べ、比較的に難易度が高い事からネイルサロンでやっている人の多いジェルネイルですが
最近ではジェルネイル専用のキット等を購入して自宅でセルフジェルネイルをされている方も増えてきました。

ではセルフジェルネイルのやり方とは一体どの様なものなのでしょうか。

まず、セルフジェルネイルは主に3つのジェルを使って施されます。

一つ目が「ベースジェル」、二つ目が「カラージェル」、三つ目が「トップジェル」というものです。

それぞれの役割とは?

まずベースジェルは一番始めに自爪に塗っておくことにより
カラージェルとの密着度を高めてくれる効果があるので、ジェルネイルを長持ちさせるには必要不可欠な工程です。

そしてカラージェルはその名の通り、爪に色を付ける為のもので、色々な色のカラージェルを塗る事で色々なカラーのジェルネイルを楽しむ事が出来ます。

最後がトップジェルというものです。
ベースジェルで密着させたカラージェルの上から塗ってコーティングするもので、こちらを塗る事でより長持ちするジェルネイルにしてくれます。

これらを順番に塗っていく事によりセルフジェルネイルが完成します。

セルフジェルネイルをする際に必要なものは?

ジェルネイルの基本中の基本となるジェル

まず、ジェルネイルをする際に1番大切なものが、ジェルネイル専用の「ジェル」

これがなければジェルネイルではなくなってしまいますので、セルフジェルネイルをする際には必ず用意しておきましょう。
このジェルネイル専用のジェルには「クリアジェル」「カラージェル」という大きく2つに分けられるジェルがあります。

  • クリアジェル
  • その名の通り、透明なジェルの事で、飾りやカラージェルで色をつける前に爪に塗るものです。
    マニキュアを使ったネイルでいうと、ベースコートやトップコートの様な役割を果たすジェルですね。
    より綺麗で完成度の高いジェルネイルにするには必要なものと言えるでしょう。

  • カラージェル
  • こちらも名前の通り、爪に色を付ける役割のあるジェルで、ジェルネイルで言うマニキュアの様な立ち位置のアイテムです。
    単色のシンプルなものはもちろん、ラメ入りのものや、グリッターの入ったキラキラしたものまで、様々なタイプのカラージェルが販売されています。

こだわったデザインにも出来るブラシ

続いて必要なものが、「ブラシ」

こちらのブラシはジェルを爪に塗る際に使います。
ブラシと一口に言っても、様々な形状のものがあり、使用目的により様々な形のブラシを使い分ける必要があります。

例えば、オーソドックスな平筆の「フラット」や、セルフジェルネイルをフレンチにする際に便利な斜め筆の「アンギュラー」や
細かいラインが書きやすい細筆の「アート筆」などがあります。

ジェルネイルをオフする際に必要なリムーバー

さらにそのセルフジェルネイルを落とす際に必要のなってくるのが、「リムーバー」。
ジェルネイルは除光液では落ちないのでジェルネイル専用のリムーバーを使用しなければなりません。

ジェルを塗る前に爪を整えよう!綺麗な爪にする為のアイテム

ジェルネイルに限らず、ネイルをする際にはただマニキュアやジェルを爪に塗るだけではなく、爪の形を事前に整える等をした方が、完成度はグッと高まります。

まず、爪の長さや形を調整するには「エメリーボード」というアイテムを持っておくと便利です。
爪切りを使うのも良いのですが、エメリーボードを使った方がより仕上がりが綺麗に出来たり、プロっぽい雰囲気が出せたりもします。

また、キューティクル(甘皮)を除去する為に使う「メタルプッシャー」も持っておくと便利です。

ジェルをより密着させて剥がれにくくするプレプライマー

こちらのアイテムは、ジェルが浮きにくくなり、ジェルネイルが崩れにくくなるという優れものです。

爪の表面の水分や油分をこのプレプライマーによって除去してくれるので、ジェルが浮いてしまうかも、と言った心配をする事がなく安心出来ます。
セルフジェルネイルをする上で必ず使わなければいけない、という程のアイテムではありませんが、お値段も安価なものが多いので、使ってみると良いでしょう。

色んな場面で万能に活躍!クレンザー

続いてご紹介するのは「クレンザー」というアイテムです。

こちらは本来、爪に塗ったジェルをライトで固めた後に、爪に残った固めきれなかったジェルを拭き取る際に使うアイテムなのですが、この他にも、爪に塗り油分を除去したり、ジェルを塗るブラシを綺麗にしたりするのにも使える、非常に万能なアイテムです。

すぐにセルフジェルネイルが始められるキットもおすすめ!


セルフジェルネイル初心者さんは、まずセルフジェルネイルの材料が一式揃えられるキットを購入してみるのも良いです。

気になるキットの中身ですが、もちろんメーカーや商品によってバラバラです。
初心者の方はどのキットを選べば良いのか分からない、という方もいらっしゃると思います。

しかし最低限これが入っていればセルフジェルネイルを始められる!という必須アイテムがありますので、そちらをご紹介します。

  • ベースジェル
  • トップジェル
  • ライト(LEDライト or UVライト)
  • 筆(ジェルを爪に塗る際に使用)
  • リムーバー(ジェルネイルをオフする際に使用)
  • キューティクルプッシャー(甘皮の処理に使用)
  • ファイル(爪を整える際に使用)

おおよそ、上記のアイテムが揃っていれば、一応、セルフジェルネイルを始める事は出来ます。

しかし、せっかくジェルネイルをセルフでやるのならば、自分好みの可愛いデザインにしたいと思う方が多いと思いますので、カラージェルやラメなど、自分好みのデザインのものが入っているものを選ぶことも大切です。

セルフでもオシャレなデザインに!グラデーションにする方法

続いてご紹介するのは、セルフジェルネイルでグラデーションのデザインにする方法です。

セルフと聞くと、どうしてもプロのネイリストの方にやってもらうデザインよりも簡素でクオリティーの低めなデザインを想像してしまいますが
セルフでもやり方を知れば可愛くオシャレなデザインにする事も可能です。

今回はグラデーションのデザインにする方法を紹介します。
まず、セルフジェルネイルをグラデーションデザインにするには、

  • クリアジェル
  • カラージェル

が必要になります。

まず、基本のグラデーションの作り方ですが、ベースにクリアジェルを塗り、カラージェルをぼかしやすくしましょう。
次にお好きな色のカラージェルを爪先にぼかしたい範囲よりも狭めに塗っていきます。

そして、その境目を優しくなぞるようにぼかしていきます。
そうすると、グラデーションが出来ます。

最後にクリアジェルを塗ればグラデーションデザインの完成です。

普段からネイルをやっている方には簡単な工程かもしれませんが
不器用さんや初心者さんは、スポンジやグラデーション筆を使ってグラデーションを作るのもオススメです。

セルフジェルネイルの際に持っておくと良いもの

eriさん(@eribbonail)がシェアした投稿


セルフジェルネイルをする際に必ず持っておかなければならないという訳ではありませんが、持っておくと便利なものをご紹介します。

ネイルブラシ

こちらは爪をよりジェルに密着させる為にファイルというアイテムでサンディング(爪の表面を削った)後に爪に残ったカスを取り除いたり
爪の周りの汚れを取ったりするのにも便利なアイテムです。

ウッドスティック

これは主に、爪からはみ出たジェルを取るためのアイテムで、爪楊枝などでも代用することは可能ですが
ジェルネイルを極めたいという方や全て専用のアイテムで揃えたい!という方にはオススメです。

シャイナー

ジェルネイルをオフした際に自爪に使用することで、表面にツヤを出してくれるアイテムです。

キューティクルオイル

ジェルネイルは特に爪への負担が比較的大きいので、気をつけていないと、爪へのダメージが蓄積してしまう可能性があります。
そこで、こちらのキューティクルオイルをジェルネイルをオフした後の爪や何も塗っていない爪に塗ることにより、保湿・保護をしてケアする事が大切です。

爪のケアも大切にしながらセルフジェルネイルを楽しみたい人は使用してみると良いアイテムです。

ジェルネイルをセルフでオフする方法や便利なアイテム

しぃさん(@shichan_5)がシェアした投稿


セルフジェルネイルを施した後は、当然自分でオフする事になります。

まず、ジェルネイルをオフするにはリムーバーかアセトンが必要です。
アセトンはより強力にジェルを落とす事が出来る一方、リムーバーは保湿剤や保護剤も含まれているので指先のケアなども配慮されているアイテムです。

これらを踏まえてジェルネイルをオフする方法をご紹介したいと思います。

  • 工程1
  • まず、始めにやる事はファイルというやすりでジェルネイルを削る作業。
    これはリムーバーやアセトンを爪に浸透しやすくする為です。

  • 工程2
  • 続いてアルミホイルを敷いた上に指を置き、リムーバーやアセトンを染み込ませたコットン等を載せ、そのまま爪全体をアルミホイルで包む。
    そしてここから15分程度、リムーバーやアセトンが爪に浸透するのを待ちます。

  • 工程3
  • 次は浮いたジェルを爪からメタルプッシャーで除去する。
    このメタルプッシャーは爪のカーブに合わせた丸みを帯びた形になっているで、爪を傷付けることなく、ジェルを除去出来ます。

  • 工程4
  • この工程で取り切れなかったジェルはソフトバッファーを使って落としましょう。
    ソフトバッファーは、爪のでこぼこも整える事が出来るアイテムです。

  • 工程5
  • そして、ジェルを落とし終わった爪を労る為にケアも忘れずにしましょう。
    キューティクルオイルを爪や甘皮に塗ることで乾燥から守る事が可能です。
    また、ビニール袋やゴム手袋を使うと、リムーバーやアセトンがより爪に浸透しやすくなり、落としやすくなるので、便利でしょう。

セルフジェルネイルをした際に気を付けたい事やお手入れ方法

せっかく、自分の納得のいくジェルネイルに仕上がったのにもかかわらず
すぐにダメになってしまったら悲しいですし、その度にやり直しになってしまったら手間もかかります。

日常生活でセルフジェルネイルを長持ちさせる為に気をつける事や、ジェルネイルや爪のお手入れ方法についても紹介していきたいと思います。

トップコートをこまめに塗る

こちらはジェルネイルを出来るだけ長持ちさせる為の方法となります。
トップコートを2~3日に1度、最低でも4日に1度は塗り、ジェルが浮いてきたりなどしないように保護しましょう。

また、もしジェルが浮いてきたとしても、トップコートを塗ることで抑えられる事も出来ます。

保湿を心掛ける

キューティクル(甘皮)部分の保湿にも気を配りましょう。

キューティクルオイルやハンドクリームで保湿やマッサージをする事により
ジェルネイルが崩れるのを防げるだけでなく、血行促進を促し、爪全体に必要な栄養が行き届くので、爪のケアにも効果的と言えます。

セルフジェルネイルまとめ

セルフジェルネイルは必要なものが多く、専門的な知識や高度な技術が多少必要な部分もありますが、その分ハマると楽しく長く続けられる魅力もあります。

また、ジェルネイル特有のツヤツヤぷっくりとした見た目が可愛く目を惹く事間違いなしなので、自分磨きにもピッタリです。
休日の趣味として始めたり、特技として始めてみるのも良いかもしれませんね。

魅力が沢山なジェルネイルにあなたもぜひ挑戦してみて下さい!