愛され女子になる!最新のゴルフファッションとは?

この数年で、女子向けゴルフウェアのデザインや色や柄が豊富になっています。
ウェアは快適に過ごすための最新機能が盛り込まれており、ファッションと機能性とをともに楽しめるようになりました。

ゴルフファッションが楽しめるようになった反面、おしゃれに敏感なゴルフ女子は何を選べばいいのか悩んでしまいますよね?

そんな悩めるゴルフ女子は何を選べば良いのかについて、最新ゴルフファッションのトレンドや機能をふまえて解説したいと思います。

女子向けゴルフファッションのトレンドは?

女子向けゴルフファッションのトレンドは二極化したように思います。

  • すっきりスリム系
    プライベートコンペも大好きという、アスリート系女子をターゲット。

  • ほっこり柔らか系
    ストリートカジュアルをモチーフ。

すっきりスリム系

すっきりスリム系は、従来から競技系アスリートにゴルフクラブを供給してきたメーカーが多く
色使いは黒やグレーのモノトーンを多用しているのが特徴です。

スリムフィッテドのスキニーや、足の動きを妨げないミニスカート、ウェストシェイプのハイネックシャツなど、スタイリッシュなデザインです。

ほっこり柔らか系


パステルカラーや白を多用したテーパードチノ、クロップドパンツ、巻きスカート、オーソドックスなデザイン。
または、フラワーモチーフやアニメキャラクターがプリントされたポロシャツなど、着ること自体を楽しむようなデザインのものが多いです。

どちらを選ぶかはそれぞれ好みのシルエットやモチーフなどで選んでもらって良いと思います。

女子のゴルフファッショントレンド

この二極化を基本にしつつ、季節ごとに装いを変えてゆくのも特徴に挙げられます。

基本的には、ゴルフファッションは春・夏モデル、秋・冬モデルとして半年間の定番デザインを発表します。
その後、盛夏向け、極寒向けに追加商品を加えていくという流れになっています。

四季それぞれの女子ゴルフファションの特徴は?

春のゴルフファッションの特徴


春の女子ゴルフファッションは「汗」と「撥水」がキーワードになっています。
そのため、長袖のゴルフウェアが徐々に増えてきているのが特徴になります。

なぜ、長袖なのかと言えば、これはウェアが持つ吸汗・速乾機能をより効果的に発揮させるために長袖にしています。
よって、汗をかいて不快になることはなく快適に過ごすことが出来ます。

春先の肌寒い日のためのウィンドブレーカーなどアウターも裏地にメッシュ素材を用いて身体への張り付きを軽減させた薄手のものが発売されます。
縦横に伸びる「ストレッチ機能」や、梅雨の時期を踏まえて少々の雨なら生地の表面で水をはじく「撥水機能」など。
寒暖に応じて袖がひじから脱着出来て半袖になったり、肩口で袖が取れてベストになるデザインとなって登場します。

夏ののゴルフファッションの特徴


夏になると、各ゴルフファッションメーカーは「汗」と「紫外線予防」にフォーカスしてきます。

春夏物定番の長袖に混じってより薄手の半袖のシャツが、各メーカーのファッションテーマに沿って発売されます。
そのファッションテーマは時には「南国リゾート」や「アニメキャラ」などカラフルでポップなデザインが増えるのもこの時期の特徴です。

薄手でも紫外線予防はしっかりと対応しており、ゴルフのみならず、ウォーキングや、テニスの為に購入される女性もいるほどです。

秋ののゴルフファッションの特徴

いづみんさん(@izumin_chouette)がシェアした投稿


女子ゴルフファッションも秋になるとグッとシックな色合いのものが増えてきます。
素材もウールライクなやや厚手のものが店頭に並ぶようになり、ゴルフ女子は季節の移り変わりを実感することになります。

機能的には「蓄熱保温」「発熱保温」「摩擦発熱」などが主役となります。

この時期はノルディック系の柄やゴルフメッセージなどを編み込んだニットベスト、セーター、カーディガンなどが増えます。
それと同時にタータンチェックやハウンドトゥース(千鳥格子柄)、ブラックウォッチなどのファッションの定番ともいえる柄が増えてきます。

巻きスカートも根強い人気があるアイテムです。

冬ののゴルフファッションの特徴


ハロウィンの頃から冬ファッションに向けた厚手のアウターが目につくようになります。

ダウンジャケットが主役になりますが、近年、環境保全の面からもグースダウンのものが少なく。
ポリエステル製の中綿で、グースダウンの半分の重さと厚さで、同等の保温性を確保した、軽くてストレッチが効いたダウンジャケットが人気になります

ファッションだけじゃない!ゴルフ大好き女子にうれしい高機能

近年、特筆すべきは機能性の進化になります。

従来のゴルフは夏場ならば、炎天下の中で身体中から汗が吹き出し
汗で濡れた生地が張り付き、ハーフで下着から着替えなければ気持ち悪いものでした。

冬場は冬場で、吐く息が白く、指先まで凍てつくような寒気の中、ガタガタ震えながら過ごしたものでした。

ところが今は、「吸汗速乾」「接触冷感」「蓄熱保温」「発熱素材」「摩擦発熱」など、様々な機能が搭載されているのです。
ここではそれぞれについて説明します。

春・夏モデルに搭載される機能

  • 吸汗速乾
  • 汗をすばやく吸い取り、大気中に発散させることで身体にも、衣服にも汗を残さない機能。

  • 接触冷感
  • 気化熱の応用で、着た瞬間からひんやりとした涼しさが得られる機能。

秋・冬モデルに搭載される機能

  • 蓄熱保温
  • 太陽光を吸収して熱に変換し、衣服内を暖かく保つ機能。

  • 発熱保温
  • 体温の上昇により身体が発する熱を外部に放出せずに内部に留めて保温する機能。

  • 摩擦発熱
  • 衣服の繊維同士で摩擦熱を発生させて保温する機能。

以上、主なものを挙げただけでもこのように、信じられないような機能を持っているのです。

ナノテクノロジーの発達により、極限まで微細な原子のレベルで繊維の加工が可能になったので
デザインや着心地を犠牲にすることなく、身体を快適に保つことが出来るようになりました。

ゴルフ女子の天敵!着ぶくれしないゴルフファッション

冬の寒い中でのゴルフ、寒さ対策で着込んでしまうと、思うように身体が動きにくくなります。
また着ぶくれして魅力も半減しますよね。

なので冬場のゴルフは「着ぶくれするからなぁ・・・」と敬遠しがちなゴルフ女子も多いのではないかと思います。
また、競技系アスリートのゴルフ女子にとっても冬場は着ぶくれして身体が回らないし、スイングが窮屈になるからと嫌がる傾向があります。

しかし、現在のゴルフウェアはそういった心配はほとんど無用になっています。

アンダーウェアで魅せる?


いまやファッションに欠かせないフリース素材ですが
これがゴルフ用のアンダーウェアとしてはさらにきめ細かい「マイクロフリース」という素材になります。

摩擦発熱や発熱保温などの先進機能を加えることによって軽く、薄く、温かくなっています。
またストレッチ素材になっているので、身体にぴったりフィットし、動きを妨げることなく、薄手ながら保温性が良く暖かさをもたらしてくれます。

いわゆる「ババシャツ」のイメージはなく、アンダーシャツと呼ぶにふさわしい素材感と見た目です。
半そでのウェアから袖の部分が出ても全く違和感なく着ていただけます。

薄手アウターを活用する?


ウィンドブレーカー、ダウンジャケット、カーディガンなどのアウターもまた、薄く暖かくなっております。

ウインドブレーカーは表面素材に蓄熱保温機能を持たせたものが多く発売されております。
太陽光線が多少でもその分、蓄熱してくれるので、薄手であるにもかかわらず暖かく過ごすことが出来ます。
またダウンジャケットも羽毛の代わりにポリエステル素材を活用して、ダウンの半分の厚さと軽さで同じ保温性を確保したものもあります。

カーディガンは裏地にセラミックを練りこんだ生地を貼り付けて
身体が発する熱を逃がさず保温する、発熱保温機能を搭載したものがあります。
これもまた保温性に一役買ってくれます。

熱を逃がさない薄手のアウターで、すっきりとしたゴルフファッションを楽しむ事が出来ますよね。

ゴルフ女子が最初に手に入れるべきファッションアイテムとは?

ゴルフの為だけにあるファッションアイテム。

それはゴルフシューズです。

実はこのゴルフシューズこそ、最初に手に入れておきたいアイテムです。
ゴルフシューズにはソフトスパイクと、スパイクレスの2種類があります。

  • ソフトスパイク

  • 靴底にプラスチック製の鋲が付いている。
    グリップ力に優れており、雨の日のプレーや、下半身を大きく使う方に活躍。
    歩く際に芝に引っ掛かるので、疲れる点があります。

  • スパイクレス

  • スパイクが無い分、普通のシューズのように履けます。
    履きやすさと、歩きやすさがメリット。
    ソール交換が出来ず、摩耗が早く、傷みやすい点があります。

ソフトスパイクが現在でも主流になりますが
どちらを選ぶかは好みとなりますが、「靴擦れ」を防ぐ為、サイズ合わせだけは慎重に行って下さい。

シューズはいつ選ぶ?

ゴルフは通算すると7キロメートルから8キロメートル近く走ったり、歩いたり、踏ん張ったりします。

そこで靴擦れが起こったら、もはやゴルフどころではありませんよね?
ですのでゴルフシューズ選びは夕方から夜を選んで慎重に行ってください。

これは人間の足は物理的に午後から足がむくみ始めます。

朝はまだ、足が小さいので、その時にちょうど良いシューズを選ぶと、コースで履いていて、午後のラウンドから多分、足が痛み始めます。
ですので、出来れば何時間か歩いて足がある程度むくんでいる状態で、「ややきつめ」を選べば間違いないと思います。

ゴルフシューズを選ぶ際の注目ポイントは?

実はゴルフシューズが最も力を入れているのが「かかとの形状」なのです。

人間のかかとを横から見ると足元から足首にかけて内側に湾曲しています。
その湾曲と、シューズの踵の形状が合っているものが最良のものと言えます。
これが合っていれば、パカパカとズレなくて快適に歩けます。

全体のデザインでお気に入りを何足か選んだら、シューズの内側のかかとの形状を必ずチェックして下さい。
それから靴紐を下から順番に締めていきます。

  • 甲の部分が大きく左右に開いてしまう
  • 足の指先が窮屈で指の開閉がしにくい

※履いた際に、このように感じる場合は自分に合ってないシューズです!

踵を合わせて紐を締めた時に甲に痛みがなく、指先がシューズの内側に触れているものが足に合ったシューズといえます。

ダイヤル式?


ここ数年主流になっているものが、靴紐の代わりに細いワイヤーを張り、ダイヤルでカチカチ巻き取ることで締める「ダイヤル式」です。

ダイヤルの取り付け位置はメーカーによってシューズの外側、シュータンの上、かかと側と3種類になります。
ダイヤル式は、紐のように下から順番に締めていく必要がなく、ダイヤルを回すだけで締まっていきます。

脱ぐときにはそのダイヤルを引っ張り上げるか逆に回すだけで解放されるので、時間短縮にもなり、面倒くさがりの人にも人気があります。

ゴルフシューズはとかくデザインや、好きなメーカーに目が行きがちですが
同じメーカーでも型番によって靴幅やサイズ感も微妙に異なっていますので、必ず試し履きをしてほしいと思います。

また、ゴルフファッション全体予算のうち、ゴルフシューズにかける予算がオーバーであっても、足に合うシューズを見つけたら購入するべきだと思います。

ゴルフに使えるファストファションは?積極的に活用するべき?

UNIQLO ユニクロさん(@uniqlo)がシェアした投稿


注目すべきはファストファッション勢力です。
特にゴルフに必要な機能である、吸汗速乾、ストレッチを積極的に取り入れているのがユニクロとGUです。

他のファストファッションでもアンダーウェアには吸汗速乾、蓄熱保温などの機能は見られますが
ポロシャツやチノパンツにまでこれらの機能を取り入れているのはユニクロとGUです。

デザインがシンプルで、ブランドロゴやトレードマークがなく、他のウェアと喧嘩しないところに好感が持てます。

例えばスカートにカラフルな模様入りのものを選んだ場合にはシャツはユニクロの無地で抑えた色調のドライポロシャツを合わせたりといったコーディネートが可能ですし、社内コンペで年齢がはるかに上の上司と回ることになった、接待ゴルフで年配の方とラウンドすることになったといった、「派手だと浮いてしまう心配」があるときにも活用できるゴルフファッションアイテムになります。

価格的にも総じてリーズナブルですので
ファッションにお金をかけるよりレッスンやラウンドにお金を遣いたいというゴルフ女子にもぴったりだと思います。

女子向けゴルフファッションの着こなしのアイディア


機能性、デザインとも豊富な女子ゴルフファッションですが、その中からお気に入りの1着を選ぶ時にはさらに選択肢が拡がります。

それはゴルフウェアには「遊び心があるメーカー」があるということです。

ゴルフファッション界は、世界的メジャーなスポーツメーカーや、国内スポーツ用品大手メーカーが大きなトレンドを作り出しています。
その中にあっても、自分達が着たいゴルフウェアを作るというポリシーに従って、独自のゴルフファッションをクリエイトしているメーカーが多くあるのです。

そしてそのどれもが独自の世界観を確立し、とても魅力的なゴルフファッションを提案しています。
これらのウェアは、ゴルフ場でほかの人と被ることが少ないので、「ほかの人と同じゴルフファッションは嫌だ!」という人も満足できると思います。

身体を守るために

人の身体は首、わきの下、ふくらはぎ~足首を温める、あるいは冷やすと効果があると言われています。
従って、冬場のゴルフは最新機能搭載のウェアを身につけるほかに、寒さを防ぐために、ネックウォーマーやレッグウォーマーを活用してファッションのアクセントにすると同時に首回りや足首を暖かく保てばより快適な冬ゴルフが楽しめると思います。

レッグウォーマーも、ネックウォーマーも、様々なデザインのものが売られていますので、防寒という実用面のほかにゴルフファッションの差し色や、アクセントとして上手く使うことでより一層、ゴルフ女子力が向上すると思います。

マナーは自分のため?

ゴルフ男子に比べると、多少緩めの感もあるゴルフ女子ですが、ゴルフファッションにもマナーがあります。

それらのマナーはすべてゴルフ女子が我が身を守るために必要なものでもあります。
女子プロゴルフトーナメントでTシャツを着用して話題になった選手がいましたが、四季を問わずゴルフコースには直射日光が照らしています。

首筋は日焼けをすると疲労感が増します。
また日焼け止めクリームにしろ首筋まではなかなか気が回らないのが実情です。

従って、日焼けによる疲労の軽減、紫外線予防の観点からもシャツは襟付きのものをお勧めします。
   

まとめ

ゴルフ女子がより快適にプレーが楽しめるようにゴルフファッションは常に進化しています。
色やデザインによって、テンションがが上がるという事は心理学的にも証明されています。

アフター5に、デートコースに是非ゴルフショップを訪れて下さい。
きっとあなたの好みのデザインのゴルフファッションに出会えると思います。