【belle Press(ベルプレス)】フラワーアレンジメントで働く女性が共感する作品を。クリエイティブチーム「HANART(ハナート)」

Belle編集部が趣味を楽しむ女性を取り上げ、等身大の女性のライフスタイル情報を皆様にお届けする「belle Press(ベルプレス)」!
今回はクリエイティブチーム「HANART(ハナート)」としてフラワーアレンジメントを楽しんでいる逢沢早紀さん。
逢沢さんがフラワーアレンジメントを始められたきっかけやストーリーから、今のHANARTの活動内容、フラワーアレンジメントやHANARTにかける想いを伺いました。

人生に迷う中で出会った小さなきっかけ。

就職活動をしている時、とても辛かったという逢沢さん。
やりたい事が何も決まらない、そんな事を考えながら大阪の道を歩いている時に、道に小さな花を見つけた。

「特別でもなんでもない、よく見る小さな花だったんですけど、その花を見てなぜかすごく安心したんです。」

それから結婚式などで使用する花を作る装花室でアルバイトを始めた。
たった一つの小さなきっかけ。
それがフラワーアレンジメントを始めるきっかけだった。
元々美術などが好きだった事もあり、作る事自体も楽しめた。

アルバイトを始めて少し経った時、当時学生だった逢沢さんは友人が引っ越す時に簡単なフラワーアレンジメントをプレゼントした。

「始めたばかりでぐちゃぐちゃで。(笑)
でもすごく喜んでもらえたのが嬉しくて。
こないだその友人の家に遊びに行った時にまだあったのを見つけた時はまた感動しました!」

飽き症で何も続かなかった逢沢さんが唯一続いたのが特別でもなんでもない小さなきっかけで出会ったフラワーアレンジメントだった。

日常に何かを見つけたい。時間の使い方に悩んだ末

広告会社に就職をしてしばらく、東京に転勤になった逢沢さん。
友人もいない東京で仕事しかない日常に何かをみつけたかった。
仕事以外で思いついたのは唯一続いたフラワーアレンジメントだった。

休日につくった物をSNSで投稿していると、友達から作ってほしいとお願いされ、
そこから結婚式に使うブーケやウェルカムボードに飾る花を作りはじめた。

「時間をただ過ごすのが何か嫌だったんですよね。何かダメな気がして(笑)。
何がダメっていうのもわからないんですけど、この自分好きじゃないというか。
何か自分が好きな事をしている方が一日を丁寧に生きている気がしたんです。」

「もっと色んな人に見てもらいたい。」それぞれが特技を持ち寄った場所。

HANART(ハナート)は5人で構成されたクリエイティブチームだ。
フラワーアレンジメント、モデル、風景を素材にして撮影をしたグラフィックにデザインを施し、作品としてインスタグラム上に投稿している。

広告という仕事柄、逢沢さんの職場にはデザイナーやコピーライターなど多くのクリエイターが在籍していた。
それまで日常的な趣味だったフラワーアレンジメントが「特別なもの」になるきっかけは、「自分が作った物をもっと色んな人に見てもらいたい」という同じ気持ちを持った人達だった。
「自分たちの作品集となる物が欲しい。」
その思いにデザイナー、コピーライター、ヘアメイク、そしてディレクターが集まり、仕事を頑張るアラサー女子に向けて作品を作る事にした。

「今はお花を選んでその花言葉の世界観を表現できるように作品を作っています。同世代として自分達の意見に共感してもらえるかなと思って作ってはいますが、今はまだ自己満足です(笑)。
でもお花がどうやったら綺麗に見えるかだったり、皆でアイデアを話し合う事がすごく楽しいですね。
普段の仕事ではなかなか考える事もない事もあったりして刺激にもなります。」

お花があるところには感情が生まれる。

「お花があるところには感情が生まれると思うんです。私がお花を好きな理由ですね。」
逢沢さんが就職活動に迷う中でお花を見て安心したように、お花があるところには暖かい感情が生まれやすい。
逢沢さんはお花の魅力をそう語ってくれた。

「お花って主役じゃない事の方が多いと思うんですよ(笑)。
基本的には何かメインがあって、それを彩る、飾るものだと。
それで誰かが綺麗に見えたり、空間が華やかになったり。
いわば脇役的な存在なんですけど、見るとポッと感情が湧くんです。
それって凄い事だなと思っていて。」

「例えば、毎日が忙しく仕事の事で頭がいっぱいになったりするときってあるじゃないですか。
疲れ果てて家に帰って、いつもだと最短の作業でベッドみたいな(笑)。
でも、お花が部屋にあるだけで、それをみると「あ、」っていうふわっとしたスキマが空くんです。
ガチガチに詰まったところに少しの隙間が生まれるだけですごく楽になるし、自分の人生大切にしようって思える。」

「習い事」という枠を越え、作品を作りたい。

趣味だったフラワーアレンジメントは逢沢さんにとって人生を彩る花のような存在と なっている。
習い事の枠から少し外れ、今はHANARTを通じて自分の作品を作ってみたいと逢沢さんは言う。

「習い事ってある程度決められたルートに沿って、決められたものを作っていくじゃないですか。そのレベルがどんどん上がっていくみたいな。今はそうじゃなくて、フラワーアレンジメントで自分の作品を作ってみたいと思っています。どの花を選んで、それがどんな花言葉でそれを表現しようと思うとどんな形の物がいいんだろうか、みたいな。自己満足かもしれないですけど、それが私の人生にとって丁寧に生きている事を実感できる時間になっているので、今はこの時間を趣味として楽しんでいます。いつか誰かの心を突き動かすような作品を作れるようになりたいです。」

「人生を丁寧に生きる。」という事を考えたとき「自分が純粋な気持ちで笑っているとき」に実感すると逢沢さんは答えてくれた。
路上で咲いていた小さな花のように、小さなきっかけで始めた趣味が人生を彩るものになっている。