ダイエットだけじゃない、健康や美容に良いスイミングの効果を紹介!

スイミングは無理なくダイエットが出来きます。
また怪我のあとの筋力向上のリハビリにも効果的です。
もちろんスイミングを定期的に行うだけで健康にも高い効果を生み出します。
今回はスイミングがもたらす様々な効果に焦点を当ててみたいと思います。

スイミングで健康になれる?その効果は?


スイミングはダイエットでいつも話題になる有酸素運動のひとつ。
水の抵抗の中で体を動かすことで、自分でも知らないうちに全身の筋肉を使うことになります。
もちろん健康にも高い効果を表します。
スイミングがもたらす健康の効果どんなものがあるでしょう。

スイミングで健康に、血液の循環が良くなる

全身の筋肉を無理なく自然に使うことで、血液の循環が良くなります。

私たちの普段の生活は立って物事を行います。
そのために血液はどうしても下半身に留まりがちです。
座っていて急に立ち上がると、めまいがするというのはこのせいです。

有酸素運動で心臓がリズミカルに血液を送り出し、血圧が安定します。
血液が体の隅々まで行き渡るのです。

スイミングでメタボ対策が可能?

若いうちは良いですが、30代に入ると食生活の乱れやストレスなどが、高血圧やコレステロールの増加と言った形で出てくる事があります。
スイミングでメタボ対策の効果を期待することが出来ます。

スイミングの良さは体重が重く、少し運動しただけでばててしまう人でも、水の抵抗を使って無理なく体を動かせることです。
それでいてカロリーの消化量はしっかりあるので体を引き締める効果があります。

心疾患や生活習慣病の予防・改善

スイミングの効果で血液の循環が良くなり、心臓から血液が安定したスピードで体の隅々に送られるようになると
心疾患の予防や改善に繋がります。

また血圧が下がる事、筋肉がつき体が引き締まり、体内の脂肪が取り除かれる事で生活習慣病の改善といった効果が期待できます。
定期的に水に入りスイミングを行うことは、生活の質が向上することに繋がるのです。

スイミング、精神的な効果も期待できる?


スイミングは生活習慣病の対策や改善、筋力や体力がつきおまけに脂肪を取り去り
引き締まった体になると、肉体的な効果が知られています。

実はスイミングはリラックスするなど精神的な効果も期待できるのです。

スイミング効果ででリラックスする

スイミングと言うと、クロールで何往復も泳ぐと言ったイメージがあるかもしれません。
しかし水の中で力を抜き体を浮かしているだけでも、水圧によって心地よい圧力を受け、リラックスすることが出来ます。

体を徐々に水に慣らし楽しみながらスイミングするようにすると
深い呼吸をすることが可能となり、リラックス効果と運動をした後の達成感を感じる事が出来ます。

うつ状態の改善にも使われるスイミング効果

週に2回、または3回とスイミングを楽しむことは、うつ状態からの脱出にも効果を表します。

有酸素運動は私たちの脳からセロトニンという物質が分泌されます。
このセロトニンはやる気を起こさせる物質です。
体を動かし肉体的に疲れても達成感を感じます。

スイミングはリレー競技などを除けば個人で行うスポーツです。
自分の筋力、体力に合わせて時間や運動量またどのような泳ぎをするかなど、メニューも自分で決めることが出来ます。
つまり疲れる事無く楽しみながら出来るスイミングで、達成感を感じうつ病などの症状を軽減します。

スイミングの効果、リハビリ似よく使われる


水の抵抗を受けて体を動かす事は、疲れを感じる事無く知らないうちにかなりの筋力を使っています。
病気などで長い間入院している、怪我で動けないと言ったリハビリにスイミングは効果を表します。
特にスポーツによる骨や関節などのリハビリに向いている言います。

人間の筋力は動かさないと萎縮して呼吸昨日の低下や起立性低血圧、骨粗しょう症などを生み出します。
水の中で体を動か事から初めて、徐々にスイミングに繋げ筋力だけでなく体力をつけることも可能です。

1回にどのくらいスイミングするのが効果的?またその頻度は?

スイミングの効果を最大に引き出すためには、どのくらいの頻度でスイミングを行うのがいいのでしょうか?

頻度は1日おき、最初の数週間は体を慣らす意味でも、間に休憩を入れて30分が最も効果的だと言われています。
だんだんと慣れてきたら休憩を入れながら30分から1時間へと時間を延ばしていきます。
1日おきにスイミングをするのが理想的ですが、無理であれば1週間に2回、3回おこなうようにしましょう。

また体調が優れないとき、または体が疲れているときは、時間を短めに終らせ定期的にスイミングを続ける事に重点をおきましょう。
スイミングの効果は続ける事で出てきます。

スイミングの効果、美容にもいいの?


スイミングは有酸素運動。安定した酸素吸入を自然に行います。
これは健康や精神的なものだけでなく、女性が気になる美容にも高い効果を表します。

美しく、メリハリのあるカラダ作りにつながる

スイミングをして消費するエネルギーはもちろん
スイミングを続ける事で体の体質が普段の生活の中でも、脂肪が燃焼しやすい体に変えて行きます。

スイミングの効果は太りづらい体質に改善する事、効果的にメリハリのある体にするには以下の点にポイントをおきましょう。

  • 背泳ぎ
  • 背中、お腹の肉を落とします。

  • 平泳ぎ
  • 下半身の筋肉を動かすので太もも、足、お尻のお肉が落ちます。

  • クロール
  • 全身の筋肉を使い特にお腹周りに効果が期待できます。

  • バタフライ
  • お尻、内モモの引き締め効果があります。

スイミングに慣れてきたら、どのような泳ぎを取り入れるか効果的にダイエットを出来るメニューを作っていきましょう。

カロリー消費率が高い


スイミングの健康や美容、ダイエットに向いているのは無理なくカロリーを消化できるからです。
ウォーキング40分で消費するカロリーを、スイミングであればわずか5分ほどで消化できます。

これは水の中では水圧がある事、そして水の中で下がった体温を暖めるために
スイミング自体のカロリー消費以外にエネルギーを使うからです。
全身の筋肉を使い体内で乳酸が分泌される事も、カロリー消費の効率を上げる効果を上げます。

スイミングによる美容効果、肌が綺麗になる

水の中では自然な形で全身の筋肉を使います。
筋肉を使い、酸素を肺に送り込む事で体の中の基礎代謝を向上し、さらに新陳代謝も活性化させます。
この働きが普段の生活の中でも脂肪を燃焼しやすくするのです。

そして新陳代謝が上がると肌のターンオーバーが早まり、常に新しい肌の細胞を作り出します。
肌がいつも綺麗な状態になるのです。

スイミングで高い効果を得る、注意する点は?


様々な効果を産み出すスイミング、どのような点に注意すれば良いでしょうか。

  1. スイミングを始める前には準備運動をする
  2. 最初からいきなり泳ぐのではなく、水中氏ウォーキングから行う
  3. カロリー消化量が思いのほかあるので水分補給を忘れない
  4. 疲れたと思ったら休憩、または中断する

毎回のカロリー消化量よりも楽しく続けることが最も大切な事です。
スイミングは定期的に行う事で健康や美容だけでなく、精神的にも安らぎを与えます。
無理をせずにちょっとプールに通ってみてはどうでしょうか。