ヨガでダイエット、このポーズがダイエット効果を引き出す

ヨガダイエットはそれぞれのポーズの形を上手く利用することで、メリハリのある体を作る効果があります。
ポーズが解れば自宅でもヨガダイエットの効果を味わう事が可能です。
今回はヨガダイエットの効果的なポーズを中心に調べてみました。

ヨガでダイエット、本当に効果があるの?


ヨガはインドで始まった修行の一つ。
ゆっくりと呼吸をしながらポーズを取る事で、体の中で普段使わない部分の筋肉を使い、脂肪を燃焼してダイエットに繋げます。
本当に効果があるのでしょうか?

ヨガダイエット、呼吸法が効果を産み出す

ヨガはゆっくりと動きポーズを決める物。
激しい運動ではなく、誰でも楽締めます。
ですが、ヨガはジョギング等とおなじ有酸素運動です。

ヨガダイエットはそれぞれのポーズにあった呼吸法で、より多くの酸素を取り込み、体の隅々まで酸素が行き渡り代謝を上げていきます。
この代謝が上がる事で脂肪が燃焼されダイエットの効果が期待できるのです。

ヨガダイエットは体をゆっくりと動かし、いつもと違ったポーズを取る事で体で使っていない筋肉を使います。
これがメリハリがあるスタイルを作り上げる事が出来るのです。

ヨガダイエットを成功させるコツは?

ヨガのポーズを上手く使って行うヨガダイエット。
効果を実感するために2つのコツがあります。

ダイエットを気にしないでヨガを楽しむ事
ポーズ、ポーズにあった正しい呼吸法を行う事。

ヨガは簡単そうに見えます。
しかし体が硬い人に取って最初から難しいポーズを取るのは難しいかも知れません。
ヨガを続けていく事で、徐々に体がなれきちんとポーズが取れるようになります。
焦らず自分のペースでヨガを楽しむ事が大切です。

ヨガダイエット、このポーズが効果をもたらす


ダイエットの効果を実感できるヨガのポーズを紹介していきます。

お腹を締める、ウエストのくびれを作るねじりのポーズ

上半身の筋肉や関節をねじり、ウエストのくびれを作り上げて行きます。
座ったまま出来ます。

  1. 左足のひざを曲げ、かかとを右側のお尻にひきつけるようにします。
  2. 右足は左足をまたぎ立てひざの状態にします。
  3. 左のひじを立てている左足のひざの外側に当てて体を捻ります。
  4. ひじを反対側のひざに当てることで、上半身が前かがみになりやすいので、意識して反るようにしましょう。
  5. 右、左を交互行って見ましょう。

最初は両方の足を曲げるのは難しいかも知れません。
その場合、立てひざでないほうの足を真っ直ぐ投げ出した状態でも構いません。
またひじを当てていないほうの腕で体を支えても大丈夫です。

下半身を引き締め、ヒップアップの効果がある英雄のポーズ

体を反らせる英雄のポーズは体全体の筋肉をストレッチさせる物。
仕事でちょっと疲れたときに行ってもリフレッシュできます。

  1. 息をゆっくりと吸いながら、前後に両足を広げ、つま先を外側に向けます。
  2. 両手を合わせて頭の上に上げます。
  3. 息を吐きながら、前足のひざを落とし、両手は挙げたまま上体を後ろにそらします。

体重が両足に同じように掛かる様にする事、30秒ほどこのポーズを保つ事が大切です。
スクワットと同じように下半身の筋肉を使います。

二の腕、背中、太ももの余分なお肉を取るバッタのポーズ

横になってできるバッタのポーズは初心者でも無理なくできるポーズ。
それでいて二の腕、背中、太ももと色々な部分に効果を表します。

うつ伏せで横になり、両足を曲げ、それぞれの足を両手で掴みます。
息をゆっくりと吸いながら両足を持った上体で上体を起こしていきます。
背中、お尻が緊張した状態になったらゆっくりと息を吐きながら元に戻します。

ヨガはゆっくり呼吸法に合わせて、体の筋肉を使います。
ヨガダイエットの効果を実感したい場合には、そのポーズが体のどの部分の筋肉を使っているかを見極める事が大切です。

ヨガダイエット、痩せるだけじゃない、バストアップの効果も


ダイエットと言うと体重を落とす事を思い浮かべますが、バストアップ意を測る事でメリハリのある体を作る事が出来ます。

バストアップ効果のダイエットヨガその1 らくだのポーズ

バストアップだけでなく、便秘や下痢にも効果を表し免疫性も上がります。

正座状態から両膝立ちとなり、足を少し広げて骨盤に手をあてます。
ゆっくりと息を吸いながら親指を外側にして、両方の手で左右のかかとを持ちます。
息を吐きながら上体と前に出す感じで反らせます。

かかとが持てない人は体が硬い人たちです。
無理をせずに骨盤に手を当てたままで、上体をそらしてみましょう。
定期的に続ける事で体が慣れてきます。

バストアップ効果のダイエットヨガその1 コブラのポーズ

バストアップだけでなく腰痛にも効果があると言われているコブラのポーズ、体の歪みも治してくれます。

うつ伏せになり、寝たまま足を開きます。
両手を胸の横に置き、息をゆっくりと吸いながら両手で体を持ち上げていきます。
上体を反らせながら胸を上に向けていく感じです。
息を吸いきったら、ゆっくりと吐きながらうつ伏せに戻ります。

30秒を目安にポーズを保ちます。
最初はあまり上体が起き上がらなくても、徐々に慣れてきます。
バストアップの効果が出るまで頑張りましょう。

ヨガダイエット、どのくらいでその効果が実感できる?


呼吸と体の中の筋肉をつかうヨガは、激しい運動では無いので誰にでも出来るダイエット法です。
しかしヨガを始めてどのくらいでその効果を実感できるのでしょうか。

ヨガを行っている最中に確かに普段使わない筋肉を使います。
しかし消費カロリーが多いわけではありません。
定期的にヨガを行う事で基礎代謝が上がり、太りづらい体質に変わっていきます。

効果的にダイエットにつなげるには、朝起きてすぐ30分ほど行うと、その日1日基礎代謝が上がり、脂肪が燃焼しやすくなり、ダイエットに繋がって行くのです。
朝一番でヨガを行うのが大変な場合、食後2時間位たち空腹を感じる頃に始めるのが効果的です。

またポーズによっては毎晩就寝前の習慣にするのも良いかもしれません。
すぐには効果が実感出来ませんが、続けていくとダイエットだけでなく精神を落ち着かせ、太りづらい体質にかえ、ダイエットの効果を実感できます。

ヨガダイエット お腹が空いている時が一番効果が出る?


ヨガ自体はカロリーの消費量は高くありませんが、その代わり体内の基礎代謝を高め、料理をしたり、掃除をしたりと言った日常生活での、エネルギー消費量を高めて行きます。
ヨガダイエットを成功させるポイントは、空腹の時に行うことです。

空腹時にヨガを行うと、体の中のエネルギーを補充するために、体の中に溜め込まれている余分なエネルギー、つまり脂肪として溜め込まれている部分を消費することになるのです。
これが効果的にヨガダイエットを行えるようになるのです。

ヨガダイエット、効果的に行う上での注意点は?


簡単に出来ると思われているヨガダイエット。
その効果を実感するにはちょっと時間がかかります。
また激しい運動ではありませんが、普段使わない筋肉を使います。
そのためにいくつか注意する点が出てきます。

お風呂上りのヨガはNG 血行が良くなっているので心臓に負担かかります。
ポーズによっては妊娠時に行わないほうが良いものもあります。チェックしましょう。
きちんとヨガマットを敷いて行います。手足が滑って怪我をする事を防ぎます。

ヨガダイエットは長く続けることで効果が出てきます。
精神を落ち着かせる働きもありますから、心の平安を保ちながら楽しみながらダイエットしましょう。