【イラスト 初心者】上手くなりたい!テクニックと練習方法とは?

将来、イラストレーターや漫画家になりたいけど絵の勉強なんてしたことない…」
「もっともっと上手くなりたいけど、どうやって練習すればいいの?」

といったお悩みの方向けに、初心者でも気軽にトライできる、
イラストが上手に描けるようになるテクニックを解説していきたいと思います。

初心者でも手軽にできるイラストの練習方法とは?

まだ絵を描き始めたばかりのは、「何からやったらいいのかまったくわからない」
という方も多いのではないでしょうか?

イラスト初心者に効果的な練習方法と必要な道具

  • 模写

    始めたばかりの人が実際にできる効果的な練習方法として、「模写」という練習方法があります。
    これは、”誰かが描いた絵をそっくり似せて描く”というものです。たとえば、あなたが大好きな漫画やゲームのキャラクターや、
    好きな作品のワンシーンを、実際に見ながらそっくり模写してみるのです。

  • 必要な道具

    道具はお気に入りのシャープペン・ボールペン・鉛筆など好きなものを使ってOKですし、
    紙はその辺に落ちているようなものでもかまいません。

楽しんで書く事が、イラスト初心者が上達する第一歩!

上手くなるためには楽しんで描くことが大前提であり、始めは似せることができなくてもまったく問題ありません。
まずは自由に、思うがままに描いて、「絵を描くことが大好き!」って言えるくらいにはなってください。

パソコンやペンタブレットが普及した現在ではイラストの描き方も多様化し、アナログ派とデジタル派、それか両方駆使して描いている人も少なくありませんし、アナログとデジタルそれぞれにメリットもデメリットも存在します。

初心者が知っておくべき「アナログイラスト」と「デジタルイラスト」の違い

イラストには、「アナログイラスト」と「デジタルイラスト」という2種類の書き方があります。

アナログイラストとは、紙に鉛筆やペンで絵を描いたりと、
手で触れることができる素材に対して絵を描くことです。

一方のデジタルイラストとは、パソコンやペンタブなどを使って絵を描いていき、画面上に表示するものです。

初心者の必須スキル!アナログイラストのメリット・デメリット

紙や鉛筆等様々な画材を使用して作成しているアナログイラストは、
使えるツールの豊富さからデジタルとはまったく違った無限の表現力を秘めています。

紙や画材の種類もかなり豊富で、これらを組み合わせることで自分にしかできない表現方法を編み出すこともできますし、たくさんの画材に眠る未知の可能性を信じてアナログに徹する人もいるくらいです。

また、こする・濡らす・ひっかくなどやり方次第ではアナログでしかできない表現が可能なので、
絵本テイストで描きたい人なんかだと、アナログの方が向いているかもしれませんね。

しかし、「もう少し、この色を明るくしたい」「もう少し、このキャラクターを大きく書きたい」
といった修正は、非常に大変です。
修正できない時は、全部書き換えることもあります。

初心者こそ始めやすい?デジタルイラストのメリット・デメリット

デジタルイラストは今やパソコン・ペンタブだけでなく
スマートフォンやタブレットでも描くことができるようになっており、現代の主流となってきています。

アナログ画材を使わずに済むため、服や机などの汚れおよび色の劣化擦れなどによる絵そのものの品質劣化を防げるのがメリットです。

他にもレイヤー機能などを使いこなすことでワンランク上の絵が描けるようになったり
トレースと修正が楽になるので、アナログイラストに比べ作業スピードが格段にアップします。
拡大機能で細かい部分も簡単に描けるのも初心者には嬉しいポイントですね。

デメリットといえば、アナログ特有の暖かい質感や多様性のある表現を出しにくいことくらいでしょう。
操作を間違えると苦労して描いてしまった絵が全部消えてしまう…なんてことがあったりしますので
始めのうちは特に操作ミスに注意して作業していくのがポイントです。

デジタルイラスト派の初心者でも扱いやすい、おすすめのペンタブやソフトはどれ?

ここでは、デジタルイラストを描いている人におすすめのペンタブレットやソフトの一部をご紹介いたします。

WACOM「インテュオスシリーズ」

安心安定のワコム「インテュオスシリーズ」。

描きやすさ、機能ともにかなりの優秀さを誇り、世界中のプロのデザイナーさんも使っているソフトで、まさにこれからパソコンで始めたい初心者さんにはおすすめです。

WACOM「CTH300シリーズ」

タッチ操作以外にもペンで書き込んだりもできるので特に初心者さんには向いているソフトではないでしょうか。

ドライバのインストール不要なのも楽ですし、筆圧表現も可能です。

アイビスペイント

「パソコンではなく、スマホやタブレットでしかイラスト描かないよ!」って人には1番おすすめしたい、スマートフォン・タブレット向けアプリです。

ペンタブレットと遜色ない優秀な機能ばかり入っており、無料版でも十分使い込めます。
「ペンタブはさすがにまだ敷居が高いよなー…」なんて人でも手軽にダウンロードして始められるのでおすすめ。

初心者でもわかりやすいイラスト講座!おすすめはどれ?

学び方に決まりがないからこそ難しいイラストですが、通信教育で勉強をすることもできるんです。
中でも特におすすめの講座を紹介いたします。

アートスクール通信講座

「基礎デッサンコース」「水彩画初級コース」「色鉛筆画初級コース」「油彩画初級コース」「イラスト初級コース」など、初心者向けでも多彩な種類を誇る講座です。

ユーキャン「イラストレーション講座」

大手のユーキャンの通信講座なので安心感がありますし、もちろん初心者からでも学ぶことができるようになっています。

イラスト練習本で初心者におすすめするならどれ?

「通信講座はお金がかかるから、独学でサクッとすませたい!」なんて人は、イラストの描き方を指導してくれる練習本やテキストを使ってみるのもおすすめです。
その中でも特におすすめなものを紹介してみますね。

なぞるだけ!かわいいイラスト練習帳

なぞるだけで練習できるお手軽な練習本で、絵を描くための腕の動作が身につきますよ。

ボールペン1本ですぐ描ける“おしゃれで大人な“イラスト練習帖

こちらもなぞるだけで練習できるお手軽な練習本で、初心者でも簡単に描けてしまう感じのイラストばかりです。
なのでなぞるだけとはいわず、ぜひ初心者にとってもっとも大切な基礎である「模写」の練習にも役立ててみてください。

上記の2冊は模写の練習にはうってつけですし、
絵そのものもシンプルなものが多く初心者にはとっかかりやすい作品となっています。

イラストは、年月をかけて描き続ければ必ず上手くなります!
まずは初歩的な方法で練習を重ねていき、その過程で自分の画風や描き方も模索していってくださいね。