アイライナーテクで、一重に悩まない!一重におすすめのアイライナーは?

アイライナーは目元メイクの重要アイテムですね。
今回は一重 アイライナーにおすすめのアイライナーテクニックをまとめました。
一重まぶたにおすすめのアイライナーの選び方とラインの引き方をご紹介します。
一重 アイライナー使いをマスターして目力をアップを目指しましょう!

一重におすすめのアイライナーのタイプは?

アイライナーは目元メイクの重要アイテム

アイライナーには様々な種類があります。
「どの種類がいいのかな?」「使い分け方は?」と悩んだ経験がある方も多いのではないでしょうか?
顔の印象を決める一番のメイクポイントといえば、目元ではないでしょうか?
中でもアイラインは目元メイクの重要アイテムです。
目元の印象を変えることでメイクの印象や仕上がりもガラリと変わってきますね。
それぞれの特徴を知り、理想の目元を作り上げましょう。

アイライナーの種類と特徴

それではアイライナーの種類を見ていきましょう。
アイライナーには主に3つのタイプがあります。

  • ペンシルタイプのアイライナー


    ペンシルタイプの特徴は、柔らかく優しい印象に仕上げやすい点です。
    失敗してもぼかしやすく、書きやすいのも長所と言えるでしょう。
    使い慣れた鉛筆のような感覚で使用できるため、初心者にも使いやすいタイプとなっています。
    色や太さで印象を変えることができ、ナチュラル仕上げにも向いています。

  • リキッドタイプのアイライナー


    リキッドタイプはメーカーによってブラシの太さや筆先の形状などが様々です。
    ツヤがあり発色の良いものが多く、すっきりとしたアイラインを引くことができます。
    肌への定着が良いものが多いのも特徴です。
    ぼかしなどにはあまり向いていませんが、リキッドならではのツヤのあるラインを引くことができます。
    アイラインの太さの調節も筆の使い方で変化させやすくなっています。

  • ジェルタイプのアイライナー


    ジェルタイプのアイライナーはペンシルタイプ、ポットタイプのものなどがあります。
    乾くのに時間がかかることが多いですが、一度乾いてしまうと落ちにくいものが多いです。
    柔らかめのテクスチャーで書きやすく、ブラシの場合はアイラインの太さを調節しやすいため、
    初心者にも挑戦しやすいタイプと言えるでしょう。

一重まぶたに適したアイライナーはリキッドタイプ

らいむさん(@raimumama88)がシェアした投稿


一重 アイライナーにはにじみにくいタイプを選ぶのがポイントです。
瞼の厚みがありアイラインがにじみやすい一重まぶたには、肌への密着が高くにじみにくいリキッドタイプをおすすめします。

リキッドタイプはツヤのあるキリッとしたラインを引くことができます。
ブラシの調節で好みの太さにラインを引くことができるのも便利な点です。
発色の良いタイプが多いため、印象的なアイラインに仕上げることができます。

にじみにくさも兼ね備えたリキッドタイプが一重 アイライナーにおすすめですが、リキッドタイプは苦手…という方も多いのではないでしょうか?
そんなリキッドタイプが使いづらい方には重ね使いがおすすめですよ!
ペンシルやパウダーなど使いやすいアイライナーであらかじめラインを引いておき、上からリキッドでなぞる方法です。
目元に奥行きがと立体感が増し、更ににじみ防止も期待できますよ。

ウォータープルーフや速乾性のあるものも便利

また、一重 アイライナーには速乾性のあるものやウォータープルーフタイプもおすすめです。
落ちにくいウォータープルーフタイプは、にじみにくくパンダ目になるのを防いでくれます。
ウォータープルーフタイプは汗や皮脂、水に強く、お湯で簡単にオフできるものも増えていますよ。

ポイントは◯◯!一重のアイラインの引き方!

一重まぶたの魅力を知ろう

すっきりした目元が一重まぶたの魅力ですね。
海外では「アーモンドアイ」とも呼ばれ、キリッとした目元はセクシーさの象徴とされています。
その知的でミステリアスな雰囲気を生かし、魅力的な目元に仕上げていきましょう。

一重まぶたの魅力を生かすには

印象的な目元にはアイライナー使いが重要になってきます。
一重まぶたは日本人の7割を占めると言われています。
一重ならではのアイライナー使いで目力アップを目指しましょう。

効果的な一重 アイライナー使い

目自体を広く見せるように引いていくのが一重 アイライナーのポイントです。

目を強調するために目の周りを囲んでしまうのは逆効果となってしまいます。
目の周りを囲ってしまうことで、目自体が収縮して小さく見えてしまうためです。
一重 アイライナーでは、まつ毛の間を埋め目の輪郭を際立たせながら、ポイントとなる箇所を強調するのがコツになってきます。
目の縦幅を広げようとアイラインを太く引くのも逆効果です。
一重ならではの目元を作り上げ魅力的に仕上げましょう。

一重 アイライナーのポイントになる箇所

一重 アイライナーのポイントになる箇所は「目頭」「目尻」です。

  • 目頭
    目頭を少し強調すると、よりきれいなアーモンド型に近づけることができます。
    セクシーな目元やキュートな印象にしたい場合、目頭にもアクセントをつけることをおすすめします。
    ナチュラルに仕上げたい場合は、目頭を強調する必要はありません。
    自然にまつ毛を埋める引き方が良いでしょう。

  • 目尻
    目尻を長めに引き印象的に仕上げることで目力アップに近づけます。
    目の横幅を意識することで目の印象を強めます。
    目尻の仕上げ方は一重 アイライナーの重要なポイントです。
    仕上げたいイメージに合わせて引き方を選びましょう。

一重のアイラインの引き方

  • 左右対称を意識する
    一重に限らず顔は左右対称が美しいとされています。
    目に対するアイラインの太さやラインのみではなく、顔全体のバランスを見ながら仕上げていきます。
    左右対称を意識することで均整のとれた顔立ちに近づけていきます。

  • まつ毛の間を埋める
    まつ毛の間を埋めるテクニックはアイライナーの基本とされています。
    この方法は一重 アイライナーにも共通です。
    生え際がまぶたで見えにくい場合もありますので、少しだけ太め引くと良いでしょう。

  • 目尻がポイント
    一重 アイライナーは、目の幅、長さを表現するのがポイントです。
    目を大きく見せようとアイラインを太くしてしまうよりも、目の横幅を意識してみて下さい。
    目尻を長めに印象的に仕上げ、魅力的なアーモンドアイに近づけていきましょう。

  • すっきりと引く
    細めの自然なラインで仕上げていくのが一重 アイライナーのポイントです。
    目頭から細めの一筆で目尻まで引き、目尻を少し長めに仕上げます。
    そうすることで目の広さを強調でき、目の印象を強めることができます。
    目尻は仕上げたいイメージによって引き方を選ぶといいですね。

  • 綿棒でぼかす
    くっきりときれいなラインが引けるリキッドタイプですが、もう少し自然に仕上げたい場合は綿棒使いをおすすめします。
    リキッドタイプのアイライナーでラインを引いた後、乾ききる前に綿棒で軽くなぞります。
    そうすることでくっきりとした印象を和らげることができます。
    肌への密着も高まりにじみにくくもなりますよ。

イメージ別!アイライナーのテクニック

ナチュラルに仕上げるテクニック


ともすればきつめの印象にもなりやすい一重まぶたですが、
アイライナーの引き方によってナチュラルで柔らかい雰囲気に仕上げることもできます。
ナチュラルに仕上げたい場合、ブラウンなど柔らかい色を選びましょう。
目頭から一筆で引いたら、目尻を少し長め仕上げます。
その際、目尻を少し下げて引くと優しいナチュラルな印象に仕上がります。
また、アイシャドウとの重ね使いもおすすめです。
アイラインを引いた後に綿棒でラインをぼかし、アイシャドウを重ねることでアイライナーの強調を防ぎます。
目の印象を際立たせながらもナチュラルに仕上げることができますよ。

切れ長セクシーに仕上げるテクニック


ハッキリとセクシーに仕上げたい場合、黒やダークブラウンなど濃いめの色を選びます。
一番のポイントは目頭も少しラインを入れることです。
目頭にラインを入れ目尻を少し跳ね上げるように引きます。
よりクールにセクシーに仕上げたい場合は、下まぶたにも少しだけラインを入れるのをおすすめします。
囲みラインを入れてしまうと目が小さく見えてしまいますので、
あくまでも目尻より少し長めにほんの少しだけ下ラインを入れると良いでしょう。
ツヤと発色の良いアイライナーを選ぶのもポイントです。
切れ長のセクシーな目元に仕上がりますよ。

小悪魔風キャットラインのテクニック


小悪魔風キャットラインの場合、目頭から目尻に向かって少しずつラインを太くしていくのがポイントです。
目尻に向かって目が大きく見えるようにアイライナーを使っていきます。
まつげの間を埋めるように引きながら、目の中心辺りから少しずつラインを太くしていきます。
最後に少し上向きでラインを跳ね上げキュートに仕上げると完成です。
こちらも発色がよくツヤのあるアイライナーがおすすめです。
セクシーでかわいらしい目元が出来上がりますよ。

一重におすすめのアイライナーを選ぶ時のポイント

一重 アイライナー選び方のコツ

  • おすすめ!
    一重 アイライナーにおすすめなのはリキッドタイプのアイライナーです。
    「リキッドタイプ」はにじみにくく、ラインの太さの調節ができるため一重 アイライナーにおすすめです。
    ウォータープルーフや速乾性のあるものは、よりパンダ目を防ぐことができます。
    くっきり感を緩和させたい場合は綿棒を使ってなじませます。
    アイシャドウを重ねて印象を和らげたりするのも良いですね。

  • ペンシルタイプの場合
    リキッドタイプとの重ね使いをおすすめします。
    ペンシルタイプは柔らかくナチュラルな雰囲気に仕上げるのに向いています。
    にじみとパンダ目防止を意識して印象的な目元に仕上げましょう。

  • ジェルタイプの場合
    リキッドタイプ同様、乾くとにじみにくくなっているためおすすめです。
    見たままの色で発色できるものが多いので、色や仕上げたいイメージに合ったものを選ぶといいですね。
    慣れるまで使いにくいと感じるかもしれませんが、柔らかいテクスチャーのものも多いので自分に合ったものを選べるといいでしょう。

使い方をおさらい

一重 アイライナーのポイントは「すっきりと印象的に仕上げる」ことです。
まつ毛の間を埋めながら、目の横幅を強調し、目尻でアクセントをつけて魅力的な目に仕上げます。
ブラシの柔らかさや太さ、色や発色などメーカーによって様々ですので使いやすいものを選ぶといいでしょう。

一重におすすめのアイライナーを紹介

フローフシ モテライナーリキッド


オシャレなボトルが印象的なアイライナーです。
見た目だけではなく持ちやすさにも考慮された八角形の形になっています。
引きやすさを重視した柔らかくコシのある筆を使用しており、初心者にも使いやすい設計になっています。
さらに耐水性、耐皮脂性が従来のものよりUPしており、一重 アイライナーに重要なにじみにくさの点からもおすすめです。
エンドミネラル配合、色素沈着しにく設計など、目元やまつ毛に優しく作られているのもの安心ですね。
お湯で簡単に落とすことができます。

K- パレット リアルラスティングアイライナー24hWP

K-paletteさん(@kpalette_jp)がシェアした投稿


K- パレットは落ちにくいリキッドアイライナーで人気の商品です。
従来のものより更に耐久性に優れた商品がこちらです。
剥がれにくい膜がより柔軟になったことで、肌への密着が高まりました。
皮膚の伸縮に馴染むことで、より剥がれやすく落ちにくくなっています。
一重 アイライナーにぴったりの落ちにくさ、発色、速乾性を兼ね備えたアイライナーです。
高保湿ヒアルロン酸が配合されているのでお肌やまつ毛のケアもバッチリです。

ケイト アイシルエットマーカー


書きやすいクッションペンが便利なアイライナーです。
柔らかすぎないペンタイプで、リキッドタイプが苦手な方にもおすすめです。
発色もよくツヤのあるきれいな色で目元を魅力的に仕上げます。
一重 アイライナーにおすすめの落ちにくさもばっちりです。
汗、水、皮脂に強く使いやすいアイライナーです。

ケイト スーパーシャープライナー


コシのあるペン先が書きやすいアイライナーです。
持ちやすさと書きやすさにこだわった独自の形状で、リキッド初心者にも使いやすくなっています。
ツヤのある濃密な発色で目元をきれいにメイクできます。
汗や水、皮脂を弾くフィルムタイプなので一重 アイライナーにもぴったりです。
お湯で簡単にオフできるのも嬉しいですね。

ヒロインメイク スムースリキッドアイライナースーパーキープ


落ちにくく書きやすいリキッドアイライナーです。
濃いめのブラウンはナチュラル仕上げにもくっきり仕上げにも便利ですよ。
お湯でオフできるウォータープルーフタイプで、にじみにくいので一重 アイライナーにおすすめです。

マキアージュ シークレットシェーディングライナー


ナチュラルに仕上げたい方におすすめの一重 アイライナー商品です。
影のように馴染む透け感のあるブラウンはナチュラルメイク派にぴったりです。
まるでアイラインを引いていないような自然さを持ちながら、しっかりと目元の印象を強めてくれます。
一重 アイライナーにぴったりの汗や水、皮脂にも強いウォータープルーフタイプになっており、擦れにも強くなっていますよ。
なめらかなペン先が書きやすく、リキッドタイプが苦手な方でも使いやすい商品です。

msh ラブ・ライナー リキッド


リニューアル発売された大人気の商品です。
従来のものよりもさらににじみにくく、落ちにくく、汗や皮脂にも強くなっています。
お湯でオフできるのも嬉しいですね。
コシのある毛先で書きやすさもバッチリです。

一重におすすめのアイライナーまとめ

一重まぶたの魅力を意識しよう
一重まぶたは日本人のおよそ7割を占めると言われています。
すっきりと知的でセクシーな印象の目元がとても魅力的です。
自分の目の形と理想の目元を意識してアイライナーを上手く使いましょう。
一重 アイライナーにぴったりの商品を使うことで、より魅力的なメイクを作り上げましょう。

すっきりと仕上げることが重要

目元をすっきり、横幅を広めに見せていくことが一重 アイライナーのポイントです。
書きやすく発色の良いアイライナー選びと、にじみくさ、落ちにくさを重視して商品を選ぶと良いでしょう。
筆のコシや太さ、色など様々な種類がありますのでお気に入りの1本を見つけられると良いですね。

仕上げたい雰囲気によってテクニックを使い分けよう

ナチュラル派にはブラウン系のアイライナーや透け感のあるアイライナーがおすすめです。
一重 アイライナーに必須なのは落ちにくさとにじみしくさです。
ウォータープルーフタイプを選ぶといいでしょう。
セクシー、はっきりメイク派にはツヤと発色の良いタイプがオススメです。
自然に仕上げたい場合はアイシャドウや綿棒のぼかしテクニックを使うといいでしょう。

目尻のアイライナーがポイント

目の横幅を広げて見えるように仕上げるのがポイントの一重 アイライナー。
ポイントになるのは目尻のラインです。
跳ね上げるとセクシーにキリッとした印象に、下げることで優しくナチュラルな印象に近づきます。
目頭にポイントを置くのもおすすめですよ。

顔の印象を決める一番のメイクポイントといえば、目元ではないでしょうか?
目元の印象を変えることでメイクの印象や仕上がりもガラリと変わってきますね。
目力のある魅力的なメイクには、自分の目の形や顔とのバランスを知ることも重要になってきます。
アイライナーの色や引き方を変えるだけで目元の印象はぐっと変わってきます。
目尻のラインやアイライナーの幅などを変えることで、様々なイメージのメイクを楽しむこともできます。
一重 アイライナー使いをマスターして、一重ならではの魅力的な目元を作りましょう!
一重 アイライナーにおすすめの商品、一重の魅力などをまとめましたので参考にしてみてくださいね。