【初心者 カメラ】カメラを始めたい人必見!初心者向けカメラや楽しみ方の紹介

SNSの流行もあり身近になった写真。
街中でもスマホで撮影している人を良く見かけます。
せっかくならスマホでなく、カメラで綺麗な写真や風景を残しませんか?
今回はカメラを始めようと思っている人や、始めたばかりの初心者に向けて
スマホとデジカメの違いや、おすすめカメラの紹介や撮影方法を紹介します!

スマホではダメなの? 初心者でもわかるスマホとデジタルカメラの違い

写真はスマホのカメラで撮影している人が大半です。
初心者でスマホのカメラで充分という方もいてると思います!
しかし、スマホのカメラ機能はあくまでも機能のひとつ。
やはりカメラの性能としては物足りないことも多いのです。
そんな初心者の方にスマホカメラのデメリットを紹介します。

スマホカメラの弱点その1 暗いところが苦手

スマホカメラが苦手とするものに、暗く光が少ない場所の撮影、というものがあります。
記念撮影などなら問題はありませんが、夜の花火や星空などはなかなか綺麗に撮れません。
最近では凝ったイルミネーションの施設も多く、そんな時に光を綺麗に撮れるかどうかというのはとても重要です。

スマホカメラの弱点その2 ズームが苦手

遠くのもの、近づけないものを撮影するのに便利なズーム機能。
スマホでも可能な機能ですが、アップし過ぎると画面がボケや荒くなります。
それは、デジカメは「光学ズーム」でスマホは「デジタルズーム」という違いによる物です。
「光学ズーム」とはレンズの焦点距離を変化させ、光学的にズームを行います。
「デジタルズーム」はイメージセンサー画像の一部分を拡大するため、画像が劣化します。
画像を引き延ばしているというイメージです。
改善されてきてはいますが、スマホに「光学ズーム」を搭載するのはスマホの薄さもあり搭載は難しい様です。

スマホカメラの弱点その3 素早く動くものが苦手

スマホカメラで動き回る子供を撮ろうとしてぼけてしまった!
ペットの写真が上手く撮れない!と思ったことはありませんか?
素早く動いている物にフォーカスをうまく合わせるのはスマホではなかなかできません

以上のことを考えて、せっかく写真を撮るのならいいカメラを使いたいですよね。
では、初心者の場合どのようなポイントで選べばよいのでしょうか。

初心者が考えるべきカメラの条件とは

カメラを使う目的を決める

綺麗に写真を撮るためにカメラが欲しい!
けれど一概に綺麗な、といっても求められる要素は様々です。

もちろん多くのものに対応しているのが一番ではありますが、使わない機能が多くても金額が上がってしまうだけですよね。
反対に、自分が必要としている機能がない場合も……。
なので、最初に用途をしっかり決めておきましょう。

旅行や記念撮影で使いたい?、写真を本気で趣味にしたい?
星空を綺麗にとって見たい?、ちょっと試しにいいカメラを触ってみたい?
自分が何をカメラに求めるかを決めるのは非常に重要です。

どのタイプのカメラを買うか決める

現在、デジタルカメラには以下の3つの種類があります

  • コンパクトデジタルカメラ

    初心者が手を出しやすいのはコンデジとも言われるコンパクトデジタルカメラです。
    小さくて持ち運びもしやすく、技術的に難しいこともないのでスマホカメラの延長としても使えます。
    スマホで写真を撮るのは充電が心配という方や、スマホより少し綺麗な写真を手軽に撮りたいという方に向いています。

  • ミラーレス一眼レフカメラ

    ミラーレス一眼レフカメラは、コンパクトな一眼レフカメラといった形の種類になります。
    コンパクトで持ち運びやすく、電子ビューファインダーなので失敗写真が減る、というのも初心者には嬉しいポイントです。
    しっかりとした写真が撮りたい、もしくはこれから趣味としてカメラを始めるつもりがあるという方におすすめ。
    一眼レフよりは価格も低いので、試しに買ってみるにはうってつけでしょう。

  • デジタル一眼レフカメラ

    一眼レフカメラは、ほとんどの人がイメージする、大きくて高くてプロが使うようなタイプのカメラです。
    とても綺麗な写真が撮れることのほかに、大きな違いはファインダーを覗いて撮影することができるという点になります。
    とはいえプロレベルの本当にお高い(数十万円ほどはします)カメラなので、本気で後悔しないという場合にのみ、選択肢に入るカメラといえるでしょう。

これがおすすめ!初心者向けのカメラ機種

初心者向けのコンデジ、ミラーレス一眼から2つずつ、機種を紹介します。
しかしこれはあくまでも2018年現在のデータです。
日々カメラは進歩していくので、この情報を参考に別の新機種なども探してみるといいでしょう。

コンパクトデジタルカメラ

  • Tough TG-5(オリンパス)

高画質、高性能、そしてなにより防水に優れたカメラです。
防水性があるということはアウトドアなどの機械に役に立つということです。
近年防水コンデジは増えてきていますが、この機種はその中でも高い性能を持っています。
水中撮影モードなどもあるので、今までとは違った写真も撮れることでしょう。

  • PowerShot SX730 HS(キヤノン)

こちらはスマホカメラが苦手とする、高倍率ズームを売りにした機種です。
綺麗にズームしてくれるのはもちろん、高い手ブレ補正もあります。
手軽に一眼レフ並のズーム写真が撮れるのがいい点ですね。

ミラーレス一眼カメラ

  • ミラーレス α5100(ソニー)

非情にコンパクトなミラーレスカメラです。
価格帯も高性能コンデジとほぼ変わりなく、とりあえず高画質の写真を撮ってみたいという方におすすめできます。
重さは283gと女性にも優しい軽さなので、どこへでも持っていけますね。

  • ルミックス DC-GF9(パナソニック)

小型で軽量、そしてなによりデザインがいい!
そんなカメラがこちらになります。
やっぱり持ち運ぶことになるカメラは、できるだけおしゃれなほうが嬉しいですよね。
この機種は自撮りモードなど女性にも嬉しい機能がたくさんあるので、持ち運ぶのが楽しくなるカメラですね。

カメラを買ったら試してみよう! 初心者でもできる撮影テクニック

さて、せっかく買ったカメラですが、綺麗な写真を撮る方法って皆さんご存知ですか?
もちろん、最近のカメラは様々な形で簡単に写真が撮れるような工夫がされています。
しかし、それでもある程度撮影者のスキルも必要ですよね。
そこで、初心者が意識したほうがいい撮影テクニックをまとめてみました。

①カメラの持ち方

え、カメラの持ち方なんて言われなくてもわかる?
そうかもしれませんね。
しかし、どんなものでも基本が大切です。
カメラの持ち方はそのままカメラの安定感にもつながり手ブレ防止にもなるんです。

カメラの持ち方自体はとても簡単。
レンズ部分を支え、もう片方を撮影ボタンが押せるように握り込むだけ。
ただしこの際一番重要なのは腋をしっかりとしめること。
意識してないと意外とできなかったりするので、一度よく確かめてみてください。
変な癖を付けない為に、初心者はしっかりと基本を覚えましょう!

②構図は三分割法で

三分割法、って聞いたことありますか?
これは、画面を縦横にそれぞれ三分割し、線が交差している点にポイントとなる被写体を置く構図のことです。
こうすると全体的に奥行きが出たり、ちょっと綺麗な写真が完成しますよ。
最近のカメラでは、画面にグリッド線を表示してくれる機能もあるので買ってきたカメラをよくチェックしてみてください。

撮影テクニックは以上です。
少ないと思いましたか?
でも、逆に言うとこれだけのことを意識さえすれば、あとはカメラのオート機能で簡単にきれいな写真が撮れちゃうんです!

撮った写真をどうしよう? カメラ趣味をもっと楽しくする収納術

さて、せっかく撮ってきた写真、デジタルデータだからってパソコンの中に保存したままになっていませんか?
それじゃさすがにもったいない、でもただ印刷してファイルするだけでは味気ない……。
そんな方は、こんな収納アイデアはいかがでしょうか。

①スクラップブックを作る

写真を切り貼りして作るスクラップブック。
写真以外のものも一緒に張り付けていけば見返すだけで楽しいノートの完成です。
たとえば旅の記録をまとめるときは、言った場所のチケットを一緒に貼ってみたりすればいい記録になります。
スタンプやマスキングテープなんかも使えば色とりどりで綺麗なスクラップブックができるでしょう。

②フォトブックを作る

maruさん(@maru_home_)がシェアした投稿

カメラは撮るだけでなく、残し方も重要ですよね!
そこで、ちょっと豪華なフォトブックを作ってくれるサービスがあるのをご存じですか?
やり方は写真を選んで構図を決め、配置するだけ。
B5やA4の基本サイズはもちろん、最近ではスクエアブックや文庫サイズの写真集も人気が出ています。
自分が撮った写真が、まるで本屋さんで売っているような状態で見れるのはやってみるとかなり楽しいものですよ。

③デジタルフォトフレームを使う

ocogeさん(@ocoge.rice)がシェアした投稿

ちょっと変わった形で写真が見たいという方には、デジタルフォトフレームはどうでしょうか。
普通のフォトフレームとは違い、何種類もの写真をスライドで見ることもできます。
それ以外にも時計やカレンダーなどと写真を一緒に表示したりとデジタルの利点はたくさん。
なにより新しい写真に変える手間が一瞬で済むのがいい点ですね。

カメラを始めたい人必見!初心者向けカメラや楽しみ方の紹介のまとめ

カメラを始めようと思っている人や、初心者の方々いかかでしょうか?
日々の生活はその時その時で輝く宝物のようなものです。

その一部でも切り取って残すことのできる写真は、やはり素敵なものでしょう。
そんな写真を綺麗に撮影することができるカメラを、探してみてはどうでしょうか?