初心者はこれで卒業!アイラインの引き方とおすすめのアイライナー!

瞳は相手の印象を左右させる重要なパーツです。
そこで活躍するのがアイライナーですが、初心者の方は引くのが苦手という人もいるのではないでしょうか。
今回は初心者必見、誰でも変幻自在に瞳を操るアイライナーとその方法を紹介していきます。

アイライナーで目力UP!アイラインの効果は?


みなさんがメイクをしてお出かけをするとき、それは少なからず人の目に留まり、自分の印象や見た目を気にしているときですよね。
向かう場所やコミュニティによって、なりたい自分は違うはずです。
そんなとき、少しの変化を手軽に与えてくれるのがアイライナーなのです。
相手の顔を見た瞬間、その人の印象は約2秒で決まると言われています。
その2秒間で見ているところはまさに瞳、いかに魅力的なメイクをしていくか悩ましいところですよね。
アイライナーの効果が発揮される場面といえば、以下のようなシチュエーションが考えられるでしょう。

彼とのデートはうっとりしたような、色めいた瞳に

楽しみにしていた彼とのデートの日。そんな日はいつもより艶めいたあなたを見せましょう。
少したれ目になるよう意識して引くだけで、彼に上目使いした瞬間、いつもより色っぽく見えることでしょう。
何も意識せずアイラインを引いても多少の目力は出ると思いますが、せっかくのデートです。
存分に女子としての武器を使いところです。

遊び心も加えた個性派ライン、女子会ウケばっちり!

デートとは逆に、同性のみが集まる女子会などの場面では、少し強めのメイクのほうが好印象かもしれません。
凛としていて自立した美しさを持つ女性は、同じ女性から見て憧れの対象です。
くっきりとした濃いめのカラー、目尻まではねさせれば気分まで上がってしまいます。
たまには遅くまでカクテルでも飲み、仲間と夜を明かしてしまいたくなるのではないでしょうか。

このように、全く違うシチュエーションに対応できることこそが、アイライナーの最大の効果であり魅力です。
目力もただ強くするだけでなく“相手にどう思われたいか” それを狙ってアップさせるのがポイントなのです。
また、アイシャドウやマスカラといった、他のアイメイクアイテムの効果をぐっと引き締めるのも、アイラインの効果と言えるでしょう。
では実際に、初心者でも簡単になりたい自分になる方法と、理想の瞳を手に入れるアイラインの引き方の基本を、次のパートから詳しくお話していきます。

アイライナー初心者は要チェック!アイラインの引き方 ~一重編~

実は、日本人の約7割が一重まぶたと言われているほど、一重さんって多いです。
ですがどうしても二重の人に比べて、一重の人はアイラインが引きにくいですよね。
メイクを始めたばかりの初心者さんならなおさらです。
「もうアイシャドウとマスカラだけでいいや…」とあきらめてしまっている人もいるのではないでしょうか。
しかし外国人から見て、日本人の一重は魅力的だという声もあるんですよ!
せっかくのアイメイクです、一重の人もポイントを掴んで、ナチュラルで素敵な瞳を手に入れましょう。

目尻と目頭は重点的に

アイラインといえば、まつ毛とまつ毛の隙間を埋めるような感覚で引くのが一般的です。
ですが、それが難しいのが一重さんの悩み。
まつ毛の生え際がまぶたに隠れてしまって引きづらいと思います。
そんなときは、目尻と目頭を重点的に意識して、アイラインを引いていきましょう。
アイラインを引くのが苦手な初心者さんは、目尻と目頭のみにラインを乗せるだけでもいいかもしれません。
全体的に隠れがちなまつ毛の生え際ですが、目尻と目頭は誰でも簡単に印象を変えやすい部分です。
特に目尻はポイントで、一重の人は切れ長な瞳をされている方が多いですよね。
目尻にしっかりラインを入れることで、初心者でも女優目線の瞳を手に入れることができます。

必ず左右対称に!瞳の形に惑わされないで

一重の人に多い特徴は、片方が奥二重であったりすること。
初心者さんにありがちなのが、瞳の形を意識しすぎてアイラインの引き方を極端に工夫してしまうことです。
ですがそれは逆効果!
アイラインはあくまでも左右対称に引きましょう。
プロのメイクさんなどでもない限り、左右でバランスを変えてしまうとそれだけで顔の印象が崩れてしまいます。
瞳の形に惑わされず、左右対称に引いて目線を綺麗に統一させましょう。

アイライナー初心者は要チェック!アイラインの引き方 ~二重編~

二重の人は、自分の瞳に満足されてる方が多いかもしれませんね。
一重の人からすれば、やはり羨ましがられることも多いのではないでしょうか。
ですがそこでストップしてしまってはもったいない!
細かい部分を怠らず、アイライナーでより魅力的な愛されメイクを習得しましょう。

仕上がりが決まる!まつ毛の間は丁寧に埋めよう

これはアイラインを引くうえでとても基本的なことですが、一番大事なステップでもあります。
しかし初心者にとって難しいのもこのステップ。
目のすぐ際まで描かなくてはならないので、どうしても時間がかかりますよね。
それでも全体の仕上がりが左右されるのは、この段階からになります。
くっきり二重を活かすためにも、まつ毛とまつ毛の間は手を抜かずしっかりと埋めましょう。
初めは時間がかかっても仕方ないものと思い、徐々に慣れていきましょうね。
慣れない人は、ペンシルタイプの先が太いアイライナーを選ぶといいかもしれません。

端から端までべったり塗はNG!

初心者さんでありがちなのが、目頭から目尻まで全体にラインを入れてしまう方法です。
二重さんはまぶたの幅も広くアイラインも引きやすいのですが、だからといって全ての部分に引くのはあまりよくありません。
ぱっちり二重の人が目頭から目尻まで引いてしまうと、化粧が濃く見えてしまいナチュラルではなくなってしまいます。
自然に、かつ目を大きく見せるためには、黒目の上から目尻までを意識してアイラインを引きましょう。
このとき初めに引いたインライン(まつ毛の間を埋めるように引いたライン)と少し重なるように引くのがポイントです。

二重幅の広い人は挑戦!ひと工夫でさらにデカ目に

これは特に二重の幅が広い人に試してほしいポイントなのですが、黒目の上部分のみ、アイラインを太く引いてみましょう。
ここで注意しなければならないのは、極端に太く引いても不自然になってしまうということ。
なので、0.1ミリ程度、ほんの少し太くする感覚でチャレンジしてみましょう。
うまく引くことができれば、縦にも開いたパッチリお目目を演出することができるはずです。

アイライナー初心者は要チェック!アイラインの引き方 ~奥二重編~

アイラインの引き方、最後は奥二重さんの場合をお話します。
「一重ではないけど二重でもない…なんて中途半端なの!」と、イライラしたことがある人もいるかもしれませんね。
けれど奥二重さんもある工夫をすることで、二重の人にも引けを取らない、愛されメイクを実現することができます。
初心者さんでも自分の瞳の形を味方にできる、そんなポイントを紹介します。

アイラインは目尻だけ!これであなたもぱっちり二重!?

奥二重さんに多いのが、目頭は隠れているけど目尻はきれいな二重になっているパターンです。
初心者さんがやってしまいがちなのが、まぶたを片方の手で持ち上げながら、一生懸命全体にアイラインを引いてしまうやり方です。
ですが実はそれ、あまり仕上がりは良くなりません。
先ほどお話しした一重さんの場合ですと、二重の幅がないので全体に引いてしまいますが、奥二重さんには可愛らしい二重幅が残っていますよね。
せっかく二重幅があるのにも関わらず目頭にアイラインを引いてしまうと、どうしても一重部分をより重たい印象にさせてしまいます。
「どうしても私は目頭から引きたい!」という人は止めませんが、目尻だけにアイラインを入れることで、長さの短い二重幅を強調することができるのです。

0.5ミリの工夫!目尻はたれ目気味に引いてみて

また、目尻に入れるアイラインですが、いつもよりたれ目気味に引いてみてください。
奥二重さんは目頭が一重なぶん、どうしても少しだけキツイ印象がぬぐいきれません。
ですが、それを簡単に解決させるのが、初心者さんにもできるこの方法です。
目尻のアイラインをたれ目気味に入れることで、目頭の釣り目の印象をカバー。
柔らかく優しい目線を作り上げることができるのです。

ペンシル?リキッド?アイライナーの種類と特徴は?

引き方をマスターしたあとは、肝心のアイライナー選びです。
瞳の形によって使いやすいものもありますし、その日のイベントによっても使い分けることができれば、あなたも初心者から一歩卒業です!
ここからはアイライナーの種類と、それぞれの特徴を見ていきましょう。

まずはここから、ペンシルタイプ


一番初心者さんにおすすめなのはこちら、ペンシルタイプのアイライナーになります。
ナチュラルな印象を与えるのにはもってこいのペンシルタイプ。
がっつりラインを引くのはあまり好きじゃないという人は、ぜひポーチに忍ばせておいてください。
先端が太く丸みをおびているものが多いので、初心者さんが苦手とするまつ毛の隙間を埋めるステップで大活躍します。
ぼかしも効くので、印象を少し変えたいときにも応用が利きますし、失敗したとき修正しやすいのも初心者さんには嬉しいポイントです。
繰り出しタイプと鉛筆タイプがありますが、鉛筆タイプは自分の好みの削り方をすることによって、太さも自在に変えることが可能です。
ただし、芯の硬いものを選んでしまうと描いている最中目が痛くなってしまいますので、柔らかいものを選ぶようにしましょう。

慣れてきたらステップアップ!リキッドタイプ


ペンシルタイプに慣れてきたら、ぜひリキッドタイプのアイライナーに挑戦してみてください。
なんといってもペンシルタイプをはるかに超えた発色で、くっきりとした目元を作ることが可能です。
太さの調整も、自身の力の入れ具合で変化するので、印象チェンジも楽々。
パーティーチックなお出かけには、ぜひ艶めいた目元で周りの視線を集めましょう。
また、細いラインを得意とするリキッドタイプは、特に一重さんにおすすめのタイプです。
先が細く引きづらいと感じる場合は、インラインはペンシルタイプを使用し、目尻のハネ上げはリキッドタイプを使用してみましょう。

真打ち登場?話題を呼んだジェルタイプ


ペンシル、リキッドの次に登場し、一時期女子の間で話題沸騰したジェルタイプの紹介です。
多くの人が思い浮かぶのは、小瓶に入ったラインジェルを筆で絡め取るタイプでしょう。
これまでとは違う一癖ある見た目ゆえに、なんとなくオシャレだなと感じ、気になった人は多いのではないでしょうか。
しかしこのジェルタイプ、見た目だけが特徴ではありません。
しっかりメリットがあるんです。
ジェルを筆にとる際はねっとりとした感触ですが、そのおかげで肌にしっかりと密着します。
その珍しい使い心地とは裏腹に、初心者さんにもとっても使いやすくなっているんです。
また皮脂に強いのも特徴で、朝お家でメイクをしてから、仕事が忙しくゆっくり化粧直しする時間のないキャリアウーマンの方からも、一定の支持を集めています。

アイライナーにはどんな色がある?

みなさんのアイライナーの印象と言えば、色はブラックでしょうか。
ブラックにはブラックの良さがありますが、最近は他の色も注目を浴びているんです。
ここからは、色別のそれぞれのメリットを見ていきましょう。

王道ブラックの特徴

一番メジャーな色であるブラックは、アジア人らしいくっきりとした瞳を演出します。
目尻に強調して引くことで、切れ長な目を再現。
また、クールな印象を与えるため、シックな色の私服にもよく似合いますね。
イベント等で出かけるときは華やかでいいかもしれません。

大注目を浴びているブラウン

女子のあいだで今一番熱いのがブラウンのアイライナーです。
ここ2.3年ほどで話題になり、継続的にヒットしています。
黒よりぼんやりと瞳を縁取り、ナチュラルで優しい目元を演出してくれるカラーです。
また、黒よりなじみが良い色とされていて、メイク自体に慣れていない初心者さんにもおすすめのカラーです。
普段ブラックしか買わない方も、ぜひ一度は手にとってみてください。

彩り与えるカラーライナー

ブラウンより一層イレギュラーなタイプ、それがカラーライナーです。
レッド、ピンク、ブルー、オレンジなど、さまざまなカラー展開をしており、基本的に目尻のみに引いて印象強くするものになります。
好きなアーティストのライブやフェスなど、特に気分を盛り上げたいときに挑戦してみてはどうでしょうか。

初心者が使ってよかった!女子に人気のおすすめのアイライナー

最終的に、初心者さんにおすすめしたい商品

KATE スリムジェルライナーペンシル

初心者の方がはじめに手に取るであろうペンシルタイプなのですが、実はこのアイライナー、ジェル成分が多くするする滑らかにラインを引くことができます。
ペンシルタイプは芯が固く、物によってはパサついた商品があるのが難点ですが、これはそんな心配が全くないんです。
まつ毛の間を埋める際も悪戦苦闘しなくて済みますし、目の粘膜にも優しいタッチで使用することができます。
嬉しいのがきちんとした発色。

濃すぎず薄すぎず、自然にくっきりとした目元に仕上げることができるんです
「リッキドに挑戦するのはまだ早いけど、そろそろ鉛筆タイプは卒業したい…」
そんな方にはぜひ一度手に取ってほしいアイライナーとなっております。
アイメイク初心者さんはぜひ試してみてください。

プチプラでも目力UP!初心者でも使えるプチプラアイライナー

プチプラで長くに渡り話題を呼んでいるのがこちらの商品。

msh ラブ・ライナー リキッド

ロングヒットしている秘訣は、アイライナーの筆のコシにあります。
一見先が細く、初心者さんには難しい一般的なリキッドタイプに見えますが、根元にしっかりとしたコシがあり、筆が柔らか過ぎないのがこちらの商品の特徴です。
そのため失敗しにくく、目尻のハネ上げも自由自在。
初心者さんが1ランク上のアイメイクを習得するのにピッタリです。
また、こちらの商品はブラウンカラーがおすすめで、自然な美しい目力を演出できます。
一日中にじみにくいのに、簡単にお湯でオフできる点も、この商品が人気な理由のひとつです。

あなたにぴったりの1本を!アイライナーで自分をプロデュース

ここまでアイライナーの種類や、目の形に沿ったアイラインの引き方、おすすめ商品をお話してきました。
自分の納得のいくアイメイクへの一番の近道は、まずはいくつかの商品を手に取り、自分に合ったものを見つけることです。
初めは手探りでも構いません。
今回紹介したポイントを参考に、ぜひ自分だけの1本を探し当ててください。
アイメイク初心者の方もアイライナーの魅力を我が物にして、素敵な目元を手に入れてくださいね。