【お金が貯まらない人必見! 】貯金は自分に合った方法を!おすすめの貯金の方法は?

貯金方法には、封筒貯金や小銭貯金をはじめ色々な貯金方法があります。
さらにその他にも、固定費や食費などの支出を節約する方法を少し変えるだけでも、うまく貯金が出来るようになります。
貯金は継続することが一番大切なので、それぞれの生活状況や性格にあった貯金方法を見つけましょう。

主婦におすすめの貯金の方法

主婦の方にとって家計をやりくりするのはとても大切です。
旦那さんの稼ぎがある程度ある方は良いですが、そんなに収入の多くない家庭にとって生活費や子供の教育費、夫のお小遣い、将来のための貯金…と考えると、やりくりするのはとても大変なのではないでしょうか。
しかし、節約や貯金の方法を少し変えるだけでも上手く貯金が出来るようになります。
そこで、まずは主婦の方にオススメの貯金方法についてご紹介しましょう。

家計簿をつけてお金の管理を!

収入と支出の動きがすぐに目で見て分かるように家計簿をつけることをオススメします。
月々の予算に見合った生活が出来ているのか、収支の黒字や赤字がいくらになっているのか確認することは家計を管理していく上でとても重要です。
家計簿をつけて何のためにどのくらい使っているのかを把握することで、逆に無駄に使っているお金も把握することができます。

また、家計簿をつけることで自然とお金への意識が高まり、いつの間にか貯蓄体質へと変わっていきます。
実際に家計簿をつける人とつけない人では、貯金額に年間70万円の差があることが分かっています。

マメでない人は毎日続けるのが難しいかもしれませんが、最近ではスマートフォンのアプリでも家計簿がつけれるようになり、管理がしやすくやっています。
アプリでレシートを読み取ると自動的に計算してくれたり、クレジットカードやインターネットバンキングと接続するといくら使用したのかチェックすることが出来ます。
その他にも、ストレスが溜まらないように少しの誤差は気にしない、大まかな金額で家計簿をつけるなど工夫すると長く続けられます。

通帳は目的別に分けよう!

家計を管理する上で、目的別に銀行口座を使い分けることをオススメします。
口座が1つだけだと全てのお金が混ざってしまうため、何のために使うお金がいくら入っているのか把握出来ません。
そこで、メイン口座、貯金用の口座、引き落とし用の口座など目的別に分けることで、お金の流れがスッキリして分かりやすくなります。

また家計簿をつけるときと同じように、お金への意識を高めることができ、結果として貯金へと繋がります。

固定費を見直そう!

固定費には、主に家賃や保険料、通信費が挙げられます。
これらは払うのが当たり前となっていますが、契約を見直すだけで大幅に節約出来る可能性があります。

なかでも最も見直しやすいのが、保険料です。
最近では「ほけんの窓口」などの保険ショップへ行けば無料で保険の見直しをすることが出来ます。
見直しをすることで、本当に必要な補償内容を確認するだけではなく、余分な保険料を支払わなくてよくなります。

その他にも、例えばスマートフォンを格安スマホに変えたり、インターネットを光回線にすることで通信費が抑えられます。
また、家賃の支払いが大変という方は、思い切って引っ越しも視野に入れると良いでしょう。
大きな決断ですが、長期的に考えると大幅な固定費の削減となります

食費を節約しよう!

食費を制するものは家計を制すると言われるほど、食費は家計をやりくりする上で避けて通れない費用です。
買い物へ行くとついつい余分なものまで買ってしまいがちですよね。

    そこで、食費を抑えるためにオススメの方法はこちらです。

  • 買い物リストを作ってあらかじめ必要なものを把握しておく

    買うものが決まっていないと、ついつい「これもいるかな?」と余分なものを買ってしまいがちです。
    買い物へ行く前に冷蔵庫の中身を確認し、必要なものをピックアップしましょう。

  • 買い物の予算を決めておく
    買い物へ行く時にはあらかじめ予算を決めておき、その分のお金しか持っていかないようにすると余分な出費が抑えられます。
    もしくは、1ヶ月の食費の上限を決めてその中でやりくりするようにしても良いでしょう。

  • 買い物へ行く曜日を決める
    買い物へ行く曜日を決めて、まとめ買いをすることをオススメします。
    スーパーによっては特売の曜日もあるので、上手く利用してお得に買い物をしましょう。

  • 買い物中はカートを使わない
    カゴで買い物をすることで重さが分かるので、ついつい買いすぎていないか気をつけるようになります。
    また、長時間の滞在を防ぐことも出来るので無駄遣いを減らすことか出来ます。

光熱費を節約しよう!

光熱費は1日単位で考えるとちょっとした金額ですが、1年単位で考えると意外と大きな金額となるので要注意です。
電気をつけっぱなしにしない、使っていない電化製品のコンセントは抜く、お風呂のお湯で洗濯をするなど、こまめに節約するよう意識しましょう。
また、特に電気代については電気料金の契約の見直しをすると大幅に削減できる可能性があります。

どうしても使いすぎてしまう人に!誰でもできる貯金の方法!

お金があるとついつい使いすぎてしまってなかなか貯金が出来ない…という人もいるのではないでしょうか。
そこで、どうしてもお金を使いすぎてしまう人にオススメの貯金方法をご紹介します。

先取り貯金

お金を使いすぎてしまって貯金がなかなか出来ない人が、残ったお金を貯金しようとするのはとても難しいです。
そんな人には、「先取り貯金」といって給料日に決まった金額を強制的に別口座に移して先取りで貯金する方法がオススメです。
まずは5,000円、余裕がない人は1,000円でも構いませんので先取り貯金を始めてみてください。
先取り貯金をする時には、貯蓄用の口座を作っておくと良いでしょう。
少しずつ残高が増えるのを見て、貯金への意識も変わってくるはずです。

しかし、生活費が足らなくなって借金をしてしまっては元も子もないので、金額設定は慎重に行ってくださいね。

財布には最低限のお金だけ入れる

お金を使い過ぎるのは、財布の中に余分にお金が入っているからです。
そもそもお金が入ってなければ使うこともないので、ついつい浪費してしまう人は必要な金額だけを持ち歩くようにすると良いでしょう。
クレジットカードもなるべく持ち歩かないようにすることをオススメします。

管理できない人にぴったり!封筒貯金の方法!


家計簿をつけたり支出を細かく管理したりするのが面倒でなかなか続かないという方にオススメなのが「封筒貯金」です。

封筒貯金とは?

封筒貯金とは、封筒を使って収入を最初から振り分けておく節約方法です。
封筒は銀行の封筒でも100均で売っているものでも何でも構いません。

封筒貯金の方法は、まず給料日になったら家賃や光熱費など引き落としに必要なお金だけ残し全て手元に引き出します。
そして、そのお金を4つに分け、それぞれ封筒に入れます。
封筒には第1週~第4週と記入し、1週間ずつお金を使っていきます。
1週間ごとに使える金額を分けることで、お金を使いすぎることもありませんし、節約意識も高まります。

また、お金を何に使ったのか把握したい人は封筒に書き足すことで管理ができます。
もしくはレシートをそのまま封筒に貼り付けても良いでしょう。

残ったお金は貯金に回そう!

封筒貯金をしていてお金が余ったら、使わずに貯金箱に入れて貯めておきましょう。
中身の見える貯金箱を使うと目で残高が見えるため、節約意識がより高まります。

1週間で使い切らなかったお金は翌週に持ち越さずに新たな封筒のお金だけでやりくりすると、その後も自然と使用範囲内の金額で生活するクセがつきます。

封筒貯金は無理なく続けられる貯金方法なので、お金の管理が苦手な人は是非試してみてください。

一人暮らしだと貯金できない?おすすめの方法は?


一人暮らしは何かと自由ですが、お金が結構かかりますよね。
貯金する余裕がなかなかない…という方も多いのではないでしょうか。
そこで、一人暮らしの方にオススメの貯金方法をご紹介しましょう。

コンビニの回数を減らす

一人暮らしをしていると、何気なくコンビニに寄って飲み物やお菓子、雑誌を買ってしまう人が多いのではないでしょうか。
無意識にお金を使っていることほど怖いことはないですよね。
コンビニでお菓子や飲み物など買い物をすると約500円を1回の買い物で出費することになり、1ヶ月単位で見ると結構な金額になります。
いきなりコンビニに行くのを止めるとストレスになり続かない可能性があるので、まずは回数を減らすところから始めてみてはいかがでしょうか。

自炊をする

一人暮らしだと自分で食事を準備するため、ついつい楽をしようとコンビニ弁当や外食で済ませてしまうことがあると思います。
しかし、毎日そんな生活をしていると食費がかかりますし、もちろん健康にも悪いですよね。
なるべく自炊をするようにし、食費を抑えるようにしましょう。
食費が安く済む節約料理本も多く出版されているので、是非参考にしてみてください。
上手くやりくりすれば1週間2,000円程度で食費が済むようになります。

家賃の安い部屋を選ぶ

貯金をするためには、普段の支出を少しでも減らさなくてはいけません。
その為には、大きな支出から減らしていくことが重要です。
家賃が安く済むことはもちろんですが、部屋が広かったり建物が古く隙間風が入ってくるとその分光熱費もかかります。
最近だと一人暮らし向けの賃貸も多くあるので、部屋を選ぶ時には検討してみてはいかがでしょうか。

入れるにつれて楽しくなる?小銭貯金の方法!


誰でも簡単に始められるのが「小銭貯金」です。
コツコツ続けていくことが貯金をする上でとても大切ですが、継続することが苦手な人もいますよね。
小銭貯金であれば目に見えて小銭が増えていくのが分かるので、続けるのが苦手な人でも楽しみながら貯金をすることができます。
最近ではSNSに小銭貯金の様子を投稿する人もいます。

小銭貯金と言っても方法は色々あります。
今回はその中でもオススメの小銭貯金の方法をご紹介しましょう。

500円玉貯金

小銭貯金と言えば500円玉貯金のことを頭に思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
方法は簡単で、その名前の通り500円玉が財布の中にあれば貯金箱へ入れていくという貯金方法です。
実際に500円玉貯金をやっている人の中には、いつの間にか結構な金額になっていて驚いた!という方が多くいます。
しかし、なかには500円玉を作るためにお札ばかり使ってしまい、財布からお金が減るのが早くなってしまったという人もいました。
500円玉貯金をする時には、あくまでも500円玉を作ろうとはせず普段通り会計をして余った500円玉を貯金するようにしましょう。

365日貯金

365日貯金とは、1年365日、毎日貯金することを目的とした貯金方法で、最近SNSでも話題になっています。
1~365までの数字が書かれたシート、もしくはアプリを利用して、毎日数字を1つ選んで出た数字分の金額を貯金していきます。
365日貯金を1年間続けると、合計6,6795円の貯金が出来ます。
365日貯金用のシートはインターネットから無料でダウンロードでき、数字がマスのように並んだものから塗り絵タイプのものまで色々な種類があるので楽しみながら貯金ができます。

つもり貯金

つもり貯金とは、何かをした「つもり」で実際には支払わなかったお金を貯金していく方法です。
例えばスタバで飲み物を買った「つもり」で貯金をしたり、一駅分歩いたら電車に乗った「つもり」で電車代を貯金していきます。
ただ、無理をすると続かないので、少し我慢すればいい程度のものにしましょうね。

ごとうび貯金

毎月5日、10日、15日、20日、25日、月末日のことを「ごとうび」と言います。
このごとうびの日に貯金していくことをごとうび貯金と言いますが、毎月6回貯金するのではなく、「10日と20日のみ」や「給料日の20日」だけのように絞って実践する人が多くいます。
金額は500円から3,000円と様々で、無理のない金額に設定をし継続して出来るようにしましょう。

ルールはどうすればいいの?夫婦で貯金する方法


結婚をして夫婦での生活が始まると、家計を2人で一緒に管理することになります。
子供が産まれたり、家や車を買ったりとまとまった金額が必要になってくる場面も増え、将来必要になってくるお金をしっかりと考えていくことが重要となってきます。
その為にも普段から計画的に貯金したいですよね。
そこで、夫婦で貯金する時のルールについてご紹介しましょう。

夫婦間でコミュニケーションをとる

夫婦で貯金をする時にとても重要なのは、お金についてコミュニケーションを取ることです。
共働きをしている家庭のなかには、お互いの収入や貯金額すら知らないという夫婦もいます。
しかし、そうすると家計全体の収入と支出が見えずお金が貯まりにくい原因になり、また喧嘩の原因となることもあります。

貯金が貯まりやすい夫婦になるためには、まずお互いの収入や支出、貯金額を伝えることが重要です。
そして、例えば車を買う、マイホームを建てるなど今後のライフプランを話し合い、貯金の目標額を決めるようにしましょう。

毎月の貯金額を決めて貯金する

まずは、月にどのくらい貯金をするのか夫婦で決めましょう。
貯金額を決めたら、先取り貯金として給料日に貯金することをオススメします。

夫婦の貯金額の目安はこちらです。

  • 共働きの夫婦の場合:収入の20%から25%
  • どちらか片方のみ働いてる場合:収入の15%から20%
  • 子供がいる夫婦の場合:収入の10%

お子さんがいる場合、思っているよりも養育費や教育費がかかります。
夫の年収が上がる頃にはお子さんも成長し、高校や大学へ通う教育費の負担が大きくなります。
お子さんが小学生の間が貯めどきとよく言われますが、将来のためにもコツコツと貯金をしておく必要があります。

夫婦の役割を決める

毎月の貯金額を決めて貯金をする方法もありますが、なかには夫婦それぞれの役割を決めて貯金をする家庭もあります。

例えば、夫の給料で家賃や光熱費、教育費などを出し、奥さんの給料で食費と貯金をするなど、それぞれの給料で何を支払うのか決めます。
その際にも夫婦間でコミュニケーションを取り、しっかりと話し合うことが重要です。

ボーナスを当てにしない

ボーナスは業績によって金額に変動があり、最悪の場合ボーナスが減らされたりゼロということも考えられます。
最初からボーナスは無いものとして考えて、ボーナスを当てにして色々買い物をするのは止めておくのが賢明です。
基本的に生活費のやりくりは毎月の給料で行うものなので、その範囲内で収まるようにしましょう。
もしボーナスで補わないといけないようであれば生活費の見直しが必要です。

まとめ

貯金をするうえで大切なことは、無理なく続けられることです。
継続出来なければ意味が無いですし、無理をして生活が苦しくなってしまっては元も子もありません。
様々な貯金方法があるので、是非あなたにぴったりな方法を見つけて貯金を初めてみてくださいね。