色白の人におすすめ!ファンデーションのお悩み解決

色白の方で、自分にあったファンデーションがどんなものか分からない、そんな悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか?
人からうらやましがられることも多い色白肌ですが、それゆえになかなかいい色が見つからないって方も多いと思います。
肌が白いためにシミやそばかすが目立ってしまったり、それを隠そうとして厚く塗りすぎて顔が浮いてしまったり……。
今回はそんな色白肌に悩む皆さんのために、ファンデーションの選び方やポイントなどをまとめてみました。

色白の人がファンデーションするときのポイント

自分の肌に合った色を選ぶ方法

確実なのは実際に自分の肌にファンデーションを塗ってみることで、色を見つけることです。
とくに白い肌にライトすぎる色を塗ってしまうと、逆に浮いてしまいます。
それを払拭しようとさらに塗り重ねるとあっという間に厚塗りに……。
ですが、普通に顔に塗っただけでは他の部分とのバランスなどは分かりませんよね?
そこで、フェイスラインと呼ばれる、顔と首の境目に何色かファンデーションを乗せてみましょう。
その中で一番肌の色に近いのを選ぶのが確実な方法です。
この方法ならば、顔だけが白く浮いてしまうという問題を避けられます。

ファンデーションは、自然なカバー力のあるものを

がっつりとカバーしてくれるタイプのファンデーションは、色白肌には厚塗りに見えてしまう場合があります。
自然な感じにカバーしてくれるタイプのファンデーションなら、不必要に厚く見えることも避けれるでしょう。
もし、肌の一部に気になるところがある場合も、薄塗り用のファンデーションを重ねるにとどめましょう。
大切なのは、気になるところにだけ重ね塗りをすることです。
そうすることで、全体的な厚化粧感を避けることができるでしょう。

化粧下地にもこだわろう

下地は、肌の悩みに合わせて選ぶのが大事です。
乾燥肌なら保湿性のあるものなど、自分にあった化粧下地を見つけましょう。
色ムラが気になるようならコントロールカラーで顔の色を均一にすることもおすすめします。
ベースの色はイエロー系のものがおすすめです。
極端に白くなりすぎず、しかし顔を明るく見える効果があります。
もしくは、色ではなく光で調節するパール下地や、無色のUV下地などもおすすめです。
これならば、さらに厚塗り感をおさえることができるでしょう。

ピンク系の下地は避けよう

ピンク系の下地は、控えましょう。
色白の肌には向いているとは言えません。
ピンクの下地は光を反射させる効果があるので、顔が白く浮き出てしまいます。
不自然に見えてしまうので、避けるのをおすすめします。
もちろん、ファンデーション自体もピンク系は向いていません。

色白の人におすすめのファンデーション

では、実際に色白の人におすすめなファンデーションを見ていきましょう。
もちろん、人によって肌の色や条件は違うので、実際に店舗などで確認することをおすすめします。

資生堂:クレ・ド・ポー ボーテ タンフリュイドエクラ


各12,000円

全8色ある、リキッドタイプのファンデーションです。
光が重なったような繊細な肌を生み出してくれるファンデーションになっています。
肌上での状態にまでこだわった一級品です。
自然なカバー力も魅力で、気になるところに重ねても重たくは見えません。
きめ細かく、色ムラもありません。
色白の方の肌を際立たせることができるファンデーションです。

アディクション:スキンケア ファンデーション


各4,500円

「美容液で作ったファンデーション」と紹介があるように、肌をケアしてくれるファンデーションです。
長時間つけても肌への負担が少ないのが嬉しいですね。
10種類のうるおい美容エッセンスが入っている高保湿ファンデーションなので、なめらかなひろがり。
薄い膜で覆ってくれるので肌との一体感もあります。
水のようにさらさらとしているのでべたつきも感じません。
これ一つでつややかなめらかな極上の肌になれるファンデーションです。

キスミーフェルム:パウダーファンデ モイストUV


各800円

シミやそばかすを隠し、ナチュラルな仕上がりにしてくれるパウダーファンデーションです。
カラーは全部で4色。
なめらかにのびて、うるおいのある肌が持続します。
粒子が細かく、時間がたてば自然な艶もでてきます。
薄付きのため、色白の人でも問題なく使えるでしょう。
紫外線カット効果もあり、オールマイティーに使えます。

ベアミネラル:ベアプロ パウダー ファンデーション

各4,200円

色白の方でも浮きにくく、しっかりと肌にフィットするファンデーションです。
軽い付け心地のため、自然に肌をカバーしてくれます。
毛穴やくすみなども綺麗にしてくれます。
カラーは全部で10色。
内側から輝くような仕上がりです。

資生堂:マキアージュ ドラマティックパウダリー UV

各3,200円

美容液が含まれたムースから作られているファンデーションになります。
毛穴や色ムラはしっかりとカバーしてくれ、しかし透明感があるのでナチュラルな仕上がりに。
まるで美しい素肌をつくりあげてくれます。
13時間はつけた時の仕上がりが持続するのもありがたいポイントです。
色は全部で7色。
美容液が含まれているのでしっとりとうるおいのあるなめらか肌に仕上げてくれます。

シャネル:ル タン ウルトラ トゥニュ コンパクト

各7,200円

ふんわりとなめらかで軽い仕上がりにしてくれるファンデーションです。
もちろん、毛穴やくすりもナチュラルにカバー。
油や皮脂による汚れも防ぎ、綺麗な肌を長時間保ってくれます。
色は全部で6色。
付属のスポンジで、中央から外側ですべらせるように伸ばしましょう。

POLA(ポーラ):B.A ザ パウダリィファンデーション 

各11,880円(ケース別売)

しっとり濃厚なオイルタッチで、肌にしっかりフィットするファンデーションです。
真珠の輝きをヒントに日本人の肌に合うように作られているので肌なじみも抜群。
艶のあるしっとりとした品格のある肌を演出してくれるので大人の女性におすすめです。
色は全部で6色。
美容成分も配合されているので、日中のエイジングケアもばっちりです。

IPSA:パウダー ファウンデイション

各4,000円(ケース別売)

軽やかな付け心地で肌にフィットし、素肌っぽさを演出してくれるファンデーションです。
さっと一塗りするだけできめ細やかで美しい仕上がりになります。
化粧もちもよく、さらっとしたファンデーションが好きな方におすすめできます。
色は全部で6色です。

コスメデコルテ:ラクチュール ルースファンデーションN

各5,000円

オーガニックコットンパウダー配合の細かいパウダーが、毛穴を自然に隠してくれます。
色は全7色で、明るめの色のパウダーなら色白の肌にもぴったりです。
肌への負担も少なく、軽くふわっとのびていきます。
ピュアブライトパウダーも配合されているため、くすみも気にならず血色の良い美しい肌にしてくれます。

イヴ・サンローラン・ボーテ:タン アンクル ド ポー 

各6,600円

リキッドのなめらか感、パウダーの軽やか感、という二つの良さを併せ持ったファンデーションです。
肌に乗せたらまるで美容液のようにするすると伸びていき、そのままさらさらとしたパウダーへと変化します。
まるで羽のような軽さで、肌と一体化する、つけていることを忘れてしまうようなフィット感が特徴です。
色は全部で7色。
ナチュラルな仕上がりで自然な色白肌を演出できます。

RMK:リクイドファンデーション

各4,500円

肌にみずみずしくのびる、リキッドタイプのファンデーションです。
薄付きでもしっかりとしたカバー力があるのでナチュラルな仕上がりになります。
保湿効果のあるシルクエッセンスとシアバターが配合されているため、しっとりとした肌をキープできます。
色は全部で9色。
イエロー系、ピンク系、それぞれに明るい色が用意されているので一度確認してみてください。

ディオール:ディオールスキン スター フルイド

各6,000円

艶やかな輝きと立体感を与えてくれるファンデーションです。
撮影スタジオのライティング技術とメイクアップアーティストの技術にインスパイアされて作られた商品。
まるでスポットライトを浴びたような美しい艶を目指して作られています。
また、肌の赤み、シミ、色ムラに働きかけ、肌そのものの輝きを増幅させてくれます。
色は全部で8色。

資生堂メーキャップ:シンクロスキン ラスティング リキッドファンデーション 

各5,000円

肌にフィットするリキッドタイプのファンデーションです。
肌の美しさを引き出しながら、よれやテカリを防いでくれます。
にごりのないナチュラルな仕上がりを目指したい方におすすめです。
色は全部で6色。
さらっとした快適な使い心地です。

シャネル:ル ブラン フリュイド ルミエール

各6,500円

軽い付け心地が特徴のリキッドファンデーションです。
気になるシミをしっかりカバー、美しい輝きのある肌へと変えてくれます。
みずみずしくしなやかで、輝きの肌を演出したい方へ。
色は全部で5色。

無印良品:しっとりなめらかUVファンデーション

各1,000円

紫外線から肌を守り、しっとりとツヤのある仕上がりに。
うるおい成分としてヒアルロン酸Naも配合。
手軽なお値段で手も出しやすいファンデーションです。
色は全部で5色。

ちふれUV:リキッドファンデーション

各800円

水・汗・皮脂に強いお手頃価格のファンデーションです。
シミ、そばかすをしっかりカバーしながらも仕上がりはさらっと軽やかに。
下地もおしろいも不要でとっても簡単。
けれど化粧崩れもしにくくさらさらとした肌をキープしてくれます。
色は全部で5色。

色白の人がファンデーションするときのコツ


ファンデーションが決まったら、今度は実際に使っていきましょう。
その際に、知っていると便利、意識すればもっと綺麗になるコツ、知りたくないですか?

ファンデーションは、気になる部分を中心に

色白の方は、ファンデーションを均一に塗るとなんだか厚化粧に見えてしまいがちです。
そこで顔の中でも気になる部分だけしっかり塗り、あとは薄く伸ばすと丁度良くなります。
人の視線が集まりやすい中心部や、毛穴やお肌のトラブルが目立ちやすい頬をカバーするだけでも綺麗に見えます。

乾燥肌の人はしっかりと保湿を

白い肌というのはきめ細かく毛穴も小さい。
いいことのように聞こえますが、これは要するに皮脂の分泌が少ないということです。
つまりその分乾燥肌になりやすいので、しっかりと保湿をしましょう。
保湿成分の入っているファンデーションを使うのも効果的です。

パウダーファンデーションに化粧水スプレー

パウダーファンデーションを使った時に、どうしても白浮きが目立ってしまうことはありますか?
そんなときは化粧水スプレーを吹きかけてみましょう。
難しいこともなく、ファンデーションをした上にさっと吹くだけで大丈夫です。
化粧水自体も、普段使っている物で大丈夫です。
これだけですっと肌になじみ、その上乾燥対策にもなります。

ポイントメイクで血色感ある色味をプラス

色白の肌は、ファンデーションだけだと青白く元気がないように見えることも。
リップやチークを血色感のある赤やピンクにして、自然な赤みを入れましょう。
頬と唇を同系色にすれば、統一感も出てバランスもよくなります。

色白の人におすすめ!ファンデーションのお悩み解決のまとめ

ファンデーションのまとめはいかがでしたでしょうか。
色白であるが故の悩みについて少しでも解決に近づけたなら幸いです。
ファンデーションは化粧の基本。
せっかくの肌ですから、色白であることを生かした自然なメイクを楽しみましょう。