【下まぶたメイクでイメチェン!】雰囲気が変わるメイク法を紹介!

下まぶたメイク次第でまるで別人のようにイメチェンできる!?
いつもマンネリアイメイクになりがちなあなたも、下まぶたメイクで印象が変わります。
「可愛い雰囲気になりたい」「色っぽい印象に仕上げたい」など自分がなりたいイメージを下まぶたメイクが叶えてくれます。

︎下まぶたのメイク次第で印象はガラッと変わる

下まぶたのメイクはしていますか?
ササッと済ませていたり、もしくは上まぶたと同じようにガッツリメイクをしていませんか?
下まぶたのガッツリメイクは時代遅れで、ケバい印象をもたれてしまいます。
メイク次第で印象はガラッと変わり、まるで別人のようにイメチェンできちゃいます。
下まぶたのメイクは難しいと考えている方も多いようですが、コツさえ掴むととっても簡単!
また、色を変えるだけでも印象はガラッと変わります。
まずは下まぶたメイクの初級ともいえる、「クール」「キュート」に変身する下まぶたメイク術をご紹介します。

下まぶたのメイク次第で印象は変わる~クールに変身~

クールな目元は’’the できる女’’という印象でかっこいいですよね。
そんな女性が憧れる女性にも、下まぶたメイクで簡単に変身できちゃいます。
下まぶたメイクでクールな印象になるカラーはパープルのアイシャドウです。
パープルと聞くと初心者にはハードルが高いように聞こえますが、そんなことはありません。
下まぶたメイクで使うパープルのアイシャドウは、暗めの濃いパープルです。
クールなのに色っぽく、どこかエレガントな印象をあたえてくれます。
パープル系のアイシャドウをもっていると何かと役立ちます。
同系色のアイラインやマスカラも揃えると尚良いでしょう。

下まぶたメイク パープルのコツ

  • 下まぶたの目尻にさりげなく色をつける程度が◎。
  • 同系色のマスカラを下まつ毛に使うと白目の透明度が上がり澄んで瞳に変身。

︎下まぶたのメイク次第で印象は変わる~キュートに変身~

女性なら誰しも可愛いと言われたいですよね。
タレ目に憧れる女性も多く、頑張ってメイクしています。
でも、ガッツリ引いたアイラインでタレ目風を強調するとケバく見えたり、キツい印象になってしまったり、可愛いとはかけ離れてしまいます。
そんな時は下まぶたメイクでピンクのアイシャドウを使うと、可愛い愛されキュートeyeになります。
ここで注意したいのが、ピンクのアイシャドウを使えば可愛くなれると思って、下まぶた全体に色をつけるのはNGです。
下まぶたの目尻から⅓に控えめに使いましょう。
目尻から黒目の端にむかって馴染ませます。
目尻に重みをもたせることで離れ目、タレ目効果で絶妙なキュートeyeに変身できます。

下まぶたメイク ピンクのコツ

  1. 下まぶた目尻の⅓にアイシャドウをオン。
  2. 目尻に重みをもたせる。
  3. 目尻から黒目の端にむかって馴染ませる。

ピンクのアイシャドウのアイメイクについてはこちらの記事も参考にしてください。

[blogcard url=”https://be-lle.jp/post-3051”]

 

︎下まぶたのメイクをするとこんな効果がある

「下まぶたメイクはしない」「面倒」「してはいるけどいつも同じ」「やり方がわからない」などあまり手がつけられずにいませんか?
今や雑誌やテレビ等でも紹介されるほど下まぶたメイクが熱いです!
下まぶたメイクをすると、ぬけ感も出て印象がガラッとかわります。
基本をしっかり抑えることで、クマやくすみをカバーし、それだけでも明るい印象になります。
また、アイシャドウやアイライナーのカラーを変えるだけでその効果は倍増されます。
あなたのなりたい印象はイメージできていますか?
可愛く、セクシーに、元気に、優しい印象に、など下まぶたのメイク次第でなりたい印象に近づけます。

下まぶたのメイクをするとより印象的な目元に

下まぶたメイクをするか、しないかでは見た目の印象が全然違います。
上まぶたをいくら頑張っても、下まぶたにクマやくすみがあるとパッとしない暗い印象になってしまいます。
逆にクマやくすみをしっかりカバーできるとそれだけで明るい印象になります。
下まぶたメイクではコンシーラーやハイライトカラーも上手に活用しましょう。
少し上級者になると、下まぶたメイクと涙袋メイクも一緒に取り入れています。
下まぶたのメイクを服装や出掛ける場所によってかえることで印象もかわるのでメイクする楽しみも増えます。
慣れてくると季節感のある色を下まぶたに取り入れることで、ぬけ感も出て好印象間違いなし!
下まぶたメイクでまわりに差をつけちゃいましょう。

下まぶたのメイクをするとメイクの幅が広がる

マンネリアイメイクが下まぶたメイクで劇的に変わります。
下まぶたメイクに使うアイシャドウ、アイライナーの色や引き方を探求して自分にあったものが見つかればメイクの幅はどんどん広がります。
自分がなりたい印象のメイクができるまで練習を重ねて、どんどん新しいカラーにもチャレンジしましょう。

︎下まぶたのメイク術とアイシャドウ選びのポイントを紹介

ここまで読んでいただき、下まぶたメイクをすることのメリットは何となくご理解いただけたかと思います。
では実際にはどうやったら魅力的な下まぶたメイクができるのか、下まぶたメイクには欠かせないアイテム「アイライン」のメイク術と、自分にあった「アイシャドウ」のカラーの選び方をご紹介します。
最初はうまくできなくても諦めずにチャレンジしてくださいね。

下まぶたのメイク術を紹介~アイライン編~

下まぶたメイクにも欠かせないアイテム①アイラインです。
アイラインもリキッドタイプ、ジェルタイプ、ペンシルタイプとありますが、ここで紹介するメイク術ではブラウンのペンシルタイプを使用しています。
初心者さんでも失敗が少なく、優しい印象でナチュラルに仕上がるのでペンシルタイプのアイライナーがおすすめです。
他のタイプのアイライナーと併用して使うのもありだと思います。

下まぶたメイク 基本のアイラインの描き方

下まぶたメイクは、最初に目尻から中央に向かって描き、次に目頭から中央に向かって描いて、最後に中央部分でつなげます。
一本線で一気に描こうとすると、太くなったり、違うところについてしまったりと失敗しやすいので、目尻→目頭→中央と少しずつ丁寧に描きましょう。

下まぶたメイク 目尻を強調してタレ目の描き方

タレ目は優しい印象をあたえ、可愛いですよね。
タレ目になりたいと憧れる女性も多いと思います。
そんな方必見なのが、目尻を強調したタレ目風下まぶたメイクです。
下まぶたメイクの基本的なアイラインの描き方とは違い、目尻の⅓ だけにアイラインを描きます。
最後に上まぶたの目尻のアイラインと、くの字になるようにつなげます。
下まぶたメイクでアイライナーを使ってタレ目風メイクに仕上げるポイントは、上まぶたと下まぶたのアイラインをぼかすように馴染ませナチュラルに仕上げることです。

下まぶたメイクでアイシャドウ選びのポイント

下まぶたメイクにも欠かせないアイテム②アイシャドウです。
下まぶたメイクで見た目の印象を左右するのはアイシャドウのカラーとメイク術次第です。
自分にあっていないカラーを選んでしまったり、メイク術を間違えるとせっかくの下まぶたメイクが台無しになってしまいます。
次の章でカラー別アイシャドウのメイク術を紹介しますので、まずは自分にあったアイシャドウのカラーは何色なのか、選び方をご紹介します。

自分の肌色のベースを知る

日本人の肌は大きく分けて、ブルーベースとイエローベースに分けられます。
それぞれの特徴と、似合うアイシャドウのカラーをご紹介します。
あなたはどちらのタイプか、鏡を見ながらしっかり見極めましょう。

肌色がブルーベースの人の特徴

  • どちらかというと肌が青みかかっている
  • 日焼けをすると肌が赤くなりやすい
  • 唇の色がピンクやローズ色寄り
  • 手の色は青色~赤紫のような色味
  • クリーム色より白色の方が似合う

ブルーベースのお肌に似合うアイシャドウ

  • パープル
  • ボルドー
  • ブルー
  • ダークブラウン
  • グレー
  • シルバー(ラメ)

肌色がイエローベースの人の特徴

  • どちらかというと肌が黄みがかっている
  • 日焼けをすると小麦色になりやすい
  • 唇の色がサーモンやピーチ色寄り
  • 手の色は黄色~オレンジのような色
  • 白よりもクリーム色の方が似合う

イエローベースのお肌に似合うアイシャドウ

  • ベージュ
  • ブラウン
  • オリーブ
  • オレンジ
  • グリーン
  • ゴールド(ラメ)

自分の肌はブルーベース・イエローベースどちらのタイプなのかしっかりと見極め、似合う色を知った上で、その日のファッションや気分にあわせてアイシャドウのカラーを選ぶと、もっと魅力的で印象的な目元をつくることができます。

下まぶたのアイシャドウメイク術をカラー別に紹介

下まぶたメイクでは使うアイシャドウのカラーによって雰囲気が変わったり印象的な目元にすることができます。
なりたいイメージやその日のファッションによって、下まぶたのアイシャドウのカラーを変えるだけでイメチェンできるので、カラーによってどんな効果があるのかもしっかり抑えておきましょう。

下まぶたのアイシャドウメイク術~オレンジ~

下まぶたメイクでカラーに初チャレンジの人でも取り入れやすいのがオレンジのアイシャドウです。
肌色にかけ離れすぎないオレンジだけど、エネルギッシュな色なのでシンプルコーデにも華やかさを演出してくれます。
メイクカラーで何か物足りなさを感じたら、差し色としてオレンジを取り入れてみるのもおすすめです。

  • ポイント

ペンシルで下まぶたの目尻から黒目の端までラインを引きます。
肌色に溶け込んでしまわないように、何度か重ねて少し太さを出して強調させましょう。

下まぶたのアイシャドウメイク術~赤~

赤なんてハードル高すぎ!と思われるかもしれませんが、誰でも自然に似合うカラーのようです。
その理由は泣いた後のような血色感がでて色っぽいのだとか。
普段使いというよりは、遊びにいったりお出かけ向きの下まぶたアイシャドウメイク術です。

  • ポイント

下まぶたの目尻から黒目の下にかけて赤のアイシャドウをチップでオン。
チップにアイシャドウをとったら1度手の甲でならし、色を調整すると濃すぎない軽い色づきになります。

下まぶたのアイシャドウメイク術~グリーン~

グリーン(ミントグリーン)のアイシャドウは上まぶたにも使う頻度は高くないところですが、下まぶたにさりげなく取り入れることで、透明感あふれる爽やかな印象の目元になります。

グリーンと一口にいっても種類はたくさんあるので、季節ごとにチャレンジするのも楽しいかもしれません。
例えば、ミントグリーンだと夏にピッタリな涼しげで爽やかな印象になります。
また、カーキのようなモスグリーンは、秋にピッタリな落ち着いた目元の印象になります。

  • ポイント

淡いグリーンのアイシャドウを黒目の下から目尻にさりげなくオン。
上まぶたはブラウンやホワイト系、普段メイクでOKですが薄めが◎。

下まぶたのアイシャドウメイク術~イエローゴールド~

イエローゴールドは肌なじみがよく、下まぶたがふっくらとして見えるので優しい表情に仕上がります。
イエローゴールドは、雑誌などの下まぶたメイク特集でも必ずと言っていいほど紹介されます。
なので初心者の方でも取り入れやすい下まぶたメイクのアイシャドウカラーなのです。

  • ポイント

下まぶたの目尻から½ にチップでオン。
目尻から黒目の中央に向かって馴染ませます。
目尻部分をほんの少し太めにすることで印象的な目元になり、ぷっくりデカ目効果が期待できます。

下まぶたにメイクをするときのポイントとコツは?

下まぶたにメイクするときのポイントとコツは、使うアイライナーやアイシャドウの色によって違うことはお分かり頂けたかと思います。
その中でも共通して言えることをまとめてみました。
今まで上まぶただけを集中的にメイクしていたという方も、ぜひ下まぶたメイクにも時間をかけてみてください。
ほんの少しのことでグンと印象的な目元にイメチェンできますよ。

下まぶたにメイクをするときの3つのポイントとコツ

  1. 自分の肌色はブルーベースorイエローベースかを見極める。
  2. 上まぶたとの統一感をもたせるように下まぶたメイクはボカすのを忘れない。
  3. 一発で自分にあったカラーを見つけようとせず、どんどんチャレンジする。

細かく解説すると、

  1. 自分の肌色はブルーベースorイエローベースかを見極める。
    自分の顔を鏡でみながら、ブルーベース、イエローベースの特徴のどちらに当てはまるのかしっかり見極めましょう。
    周りの人の意見を聞くのも参考になります。
  2. 上まぶたとの統一感をもたせるように下まぶたメイクはボカすのを忘れない。
    上まぶたメイク、下まぶたメイクとわけて考えるのではなく、あくまでも統一感を持たせたうえで、印象的な目元になるように引き立たせます。
  3. 一発で自分にあったカラーを見つけようとせず、どんどんチャレンジする。
    いざ下まぶたメイクにチャレンジする時に、雑誌やネットで調べたメイク術通りにならなくても諦めないことです。
    最初から思い通りに決めるほうが難しいので、どんどんチャレンジして自分にあった下まぶたメイクを見つけると良いでしょう。

下まぶたのメイク別”あなたのなりたい印象は?

上まぶたは一重、二重、奥二重、左右差二重、幅広二重、幅狭二重と人それぞれ違います。

それに比べて下まぶたは大差ありません。
ということは、下まぶたメイクで差をつければ簡単にイメチェンできて、印象も変わるということです。
下まぶたメイクを制すれば、あなたのなりたい印象に簡単に近づくことができます。

以下は、なりたい印象別のアイシャドウカラーをまとめてみました。
時と場合によって使い分けるとグッと魅力的になること間違いないでしょう。

  • クールでセクシーな印象に・・・パープル
  • キュートな印象に・・・ピンク、赤
  • 爽やかな印象に・・・グリーン
  • パワフルで元気な印象に・・・オレンジ
  • 優しい印象に・・・イエローゴールド

まとめ

下まぶたメイクの効果やメイク術をご紹介してきました。
目元の印象はとっても大切なのは言うまでもありません。
今まで下まぶたメイクは意識していなかったり、面倒だったり、メイクの仕方がわからなかったりという方も、コツさえ掴めばすぐになりたい印象にイメチェンできます。
メイクで周りに差をつけるなら、下まぶたメイクを駆使することが一番の近道かもしれません。
目に何らかのコンプレックスを抱えている方も多いと思います。

例えば、目つきが悪く見られるという方でも、下まぶたメイク次第で見た目の印象は変えられます。
可愛い雰囲気になりたい!と上まぶたを集中的にメイクするだけではなく、ほんの少し下まぶたメイクをかえるとグンと魅力的で可愛い目元になります。
下まぶたメイクは、アイシャドウやアイライナーのカラーを変えるだけで印象もガラリと変わるので、自分にあったメイク道具やカラーを選ぶ楽しみも増えそうですね。
ぜひ下まぶたメイクにチャレンジしてみてください。