デパコスのティントってあり?レビュー付きでティントを紹介

コスメ売り場やSNSでも話題になっている「ティント」。

デパコス界隈でもティント人気は年々勢いを増しており、各ブランドで数多く発売されています。

しかし、「種類が多すぎてどれを買えばいいのかわからない」

そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はデパコスティントの種類やおすすめブランドを一挙にご紹介します!

ティントと口紅はどう違う?

女性の唇を可愛らしく、時にセクシーに彩ってくれるコスメと言えばやはり口紅でしょう。

唇に塗布するコスメの代表なので思い浮かべた方も多いのでは?

ティントも唇に塗るタイプのコスメですが、認知度は口紅と比べてやや劣る印象を受けます。

さて、ここで疑問となるのが口紅とティントの違いです。

どちらも唇を彩るコスメですが、何がどう違うのでしょうか?

🐰usachan🐰さん(@erikun_c5)がシェアした投稿

口紅とは色を「のせる」もの

一般的に口紅と呼ばれるものは唇の上にカラーをのせることで発色します。

手軽に唇に色をつけることが出来る反面、食べ物を食べたり飲んだりするとせっかくの色が落ちてしまいます。

カップやグラスに唇の色が移ってしまう光景を日常生活や、テレビでご覧になったことがあるかと思いますが、その大半は口紅によるものです。

ティントは唇を「染める」もの

対するティントは色をのせるものではありません。

美容に大変関心のある美容大国・韓国からやってきたメイクアイテムであるティントは、英語の「Tint(染める)」に由来しています。

唇の角質層に染み込み、唇自体を染めることで発色します。

唇の水分や唇の温度で色が変わるのはそのためです。

染めることにより、同じリップコスメである口紅に比べてはるかに落ちにくいという長所を持っています。

ティントにはどんな種類がある?

ひとくちにティントと言っても様々な種類があります。

また種類によってそれぞれ仕上がりが異なるので、どのような唇に仕上げたいかで選ぶと良いでしょう。

1.バームタイプ

リップクリームのように繰り出して使うバームタイプは塗布しやすいので、初心者におすすめするティントです。

スルスルと伸びが良く、とても使いやすいティントであると言えます。

薄く塗り広げると自然な発色なので、オフィス使いにもバッチリです!

2.グロスタイプ

その名の通り、リップグロスのような形状のこのティントは唇を艶やかに仕上げてくれます。

まるでルージュを塗ったかのような綺麗な発色が特徴ですが、反面他のタイプのティントに比べて落ちやすいという欠点も。

3.ウォータータイプ

ティント発祥の地である韓国ではこちらのタイプが主流とされています。

さらりとしたテクスチャーは水を思わせる塗り心地で、色の定着度は高いのが特徴です。

しっかりとした発色でマットな唇に仕上がるので人気が高いティントですが、乾燥しやすいのが難点。

塗布する前にしっかり保湿しておきましょう。

4.パックタイプ

塗るのではなく「塗って剥す」という、メイクの常識を根底から覆したティント。

塗ってから10分ほど置いて剥すと綺麗に発色します。

色の定着が非常に長く、12時間持つタイプのものもあり、お泊りする時などに最適です。

通常のクレンジングでは落ちにくいので専用のクレンジングを使用しましょう。

5.オイルタイプ

オイルが配合されているので、他のティントと比べても保湿力が高いことが特徴です。

また、オイルのお陰でツヤ感も出せるところもメリットですね!

じゅわりと滲み出るような発色でセクシーな唇に仕上がりますよ。

デパコスの使ってよかったティント

それではここからはデパコスティントを使ってみた方の意見から、付け心地や保湿力などを踏まえてのおすすめティントをご紹介します!

ブランド:ADDICTION(アディクション)
商品名:ティントリッププロテクター +モア

価格:2,700円(税込)
商品紹介:ローズヒップオイル、オーガニックオリーブ果実抽出オイル、オーガニックシアバターを配合し、潤いが長時間続くリップティント。
吸い付くような心地よいテクスチャーで楽々使えます!
またこのティントは頬にのせることでチークとしても使用可能なマルチなコスメ。
じゅわりと内側から染め上げるように発色するので肌と唇につけるだけで自然な血色メイクが完成します。

ブランド:Dior(ディオール)
商品名:アディクト リップ ティント

価格:3,600円(税抜)
商品紹介:デパコスティントの金字塔、ディオールのリップティントは人気が衰えることはありません!
人気の秘密は色の落ちにくさ。
「KISSプルーフ」という独自の処方により色落ちしにくくなっているのですが、なんとマスクをしてもマスクに色がつかないという口コミがあるほど!
落ちにくいだけでなく、つけたての色を長時間綺麗なままキープしてくれるティント。
まさにハイブランドの力を見せつけてくれるリップティントです。

ブランド:Yves Saint Laurent(イヴ・サンローラン)
商品名:ヴォリュプテ ティントインオイル

価格:3,800円(税抜)
商品紹介:シルバーの容器に鮮やかなピンクのロゴが映える、見た目も可愛いこのティントは塗った瞬間から「潤ってる!」と実感出来ると人気を呼んでいます。
名前の通りオイルが配合されているのでつけたらベタつくのかと思いきや、サラりとした付け心地かつオイルの保湿力により乾燥知らず!
発色も良いので唇につけるだけで華やかで女性らしい口元になれます。

ブランド:LANCOME(ランコム)
商品名:ジェリーフラワー リップティント

価格:2,800円(税抜)
商品紹介:2018年の幕開けと共に発売された「スプリングコレクシオン2018」の中の一品。
限定発売のですが、その見た目と効果で今も尚手に入れたいと望む女性が後を絶たないリップティント!
ティントの中に浮かぶのはなんと本物の花びら。
フラワーオイルが含まれているので唇をぷっくり艶やかに、そして潤いが持続します。
細いスティック状の容器なので塗布する時も楽ですし、ポーチに入れても嵩張りません!

ブランド:CHANEL(シャネル)
商品名:ルージュ アリュール インク


価格:4,200円(税抜)
商品紹介:マットな質感の唇になれるシャネルのリップティント。
ガラスの容器が可愛く、パッケージ買いしてしまう人もいるとか。
心惹かれるのはパッケージのデザインだけではありません。
マットタイプのティントは落ちやすい・乾燥しやすいというデメリットが先行してしまいますが、このティントはそのデメリットを克服しています!
「付けたままうっかり寝てしまい、起きた時に唇が全く乾燥していなかった」というレビューもあるほど。
デパコスのリップティントデビューは憧れのブランド、シャネルから始めてみては?

ブランド:THREE(スリー)
商品名:エピック ミニ ダッシュ


価格:3,000円(税抜)
商品紹介:まるでホイップクリームのようにふわっふわな、新感覚のリップティント。
こちらのティントはリップティントとして使用できるだけでなく、頬にのせてチークカラーとしても使用できるマルチなコスメ。
唇に塗ると自然で柔らかな発色に、頬にのせるとナチュラルに肌の質感をキープしつつ血色良く見せてくれます。
ティントがジェル状なので唇に使っても頬に使っても乾燥知らず!
みずみずしく艶のある唇になれるティントです。

ブランド:CLINIQUE(クリニーク)
商品名:チャビースティックティント モイスチャライジング リップカラーバーム


価格:2,200円(税抜)
商品紹介:デパコスティントの中でも比較的低価格で、手を出しやすいこのティント。
シアバターを始めとするトリートメント成分を豊富に含んだバームタイプのティントなので、しっとりと柔らかな唇をキープ出来ます。
冬の乾燥する時期であってもつけるほどに乾燥や小じわを防いでくれる嬉しい効果も。
ほんのりと優しい発色で自然な色の唇に仕上がるため、リップメイクの下地としても使うことが出来ますよ!

プチプラのティントでもおすすめはある?

デパコスのティントばかりをご紹介してきましたが、「デパコスで揃えるのは予算オーバーしちゃう」「もっと気軽に試せるものがいい」という方もいらっしゃるでしょう。
勿論、デパコスよりも低価格なプチプラコスメの中にも優秀なティントはあります!
その一部をピックアップしてご紹介いたします。

ブランド:キャンメイク
商品名:リップティントシロップ


価格:650円(税抜)
商品紹介:プチプラメイクと言えばキャンメイク!と評されるほど、最近人気が高まりつつあるキャンメイクのリップティントは、なんといってもそのお値段が良心的であること。
初めてティントを試す方や学生さんの強い味方です。
お値段が手ごろだと効果が薄いのではないかと思ってしまいますが、こちらのティントは長時間色が落ちない、値段以上の発色の良さだと人気の品。
パッケージもプチプラとは思えない可愛さなのも特徴です。
しかし乾燥が気になるという意見もちらほら見受けられたので、こまめに保湿を行うとより綺麗な状態が長続きしそうです。

ブランド:SUGAO(スガオ)
商品名:ジュレ感リップティント


価格:900円(税抜)
商品紹介:唇の角質層から染めてくれるので、プチプラティントの中でも色が長持ちすると話題のSUGAO(スガオ)。
水のようなさらさらとしたテクスチャーはこれまでのティントのイメージを覆すような付け心地!
すーっと唇に伸びてグラデーションリップも簡単に出来ます。
発色・色もち共にかなりの高評価を得ているのですが、保湿は苦手なようなので普段使っているリップクリームと一緒に使うのがベター。

ブランド:エチュードハウス
商品名:ディアダーリンウォータージェルティント


価格:700円(税抜)
商品紹介:「ティントを使うと唇が荒れる」という方が「全然乾燥しない!荒れしらず!」と評したティント。
グロスのように少しとろみのあるテクスチャーが唇の潤いを保ってくれます。
お値段はキャンメイク同様にとてもプチプラですが、発色はかなり優秀とのこと。
甘い香りに、塗っている時からテンションが上がってしまいそう!

ティントは保湿力が重要!

ここで今一度ティントについておさらいをしておきましょう。
ティントは唇を染めることで唇に色味をつけるメイクツールです。
こういった特性から唇への負担は他のリップメイク用品に比べて大きいと言われています。
元々唇は潤いを持続出来ない箇所ですので、ティントを使用することで乾燥しやすくなるというデメリットを抱えています。

以上のことから、ティントを選ぶ際に「潤いが持続するかどうか」を見極める必要があると言えます。
発色や落ちにくさも重要視すべき点ではありますが、どれほど綺麗に発色したとしても唇がパサパサと乾燥していては台無しになってしまいます。
女性らしい口元を演出するには潤いをキープしてくれるティントを選びましょう。

デパコスティントのまとめ

女性の口元を時に可愛く、時に艶っぽく彩るためにとっても重要なリップメイク。
これまで口紅やグロスのみに頼っていた方も、ティントは気になるけれど手を出せずにいた方も、ティントに興味を持っていただければ嬉しいです!
ティントは様々なシーンで使えるメイクツールなので、ひとつ持っていれば役に立つこと間違いなし!
お気に入りのティントを見つけて、あなたの口元を更に魅力的にしちゃいましょう!