人気のハンドメイド UVレジンを使って可愛いチャーム作ろう!

UVレジンを使った、人気のハンドメイドアクセサリー作りを紹介。
人気だからこそ、UVレジンを扱う上で気を付けたい事や参考になりそうな人気のハンドメイド作品なども紹介します。
UVレジンを使った簡単なハンドメイドの魅力を解りやすくご紹介します。

最近人気のハンドメイドって?


ハンドメイドとは手作りという意味で、近年では趣味、商用問わず手作りされたもの全般を指しています。
ハンドメイドと言っても、裁縫・刺繍・アクセサリー作り・ビーズ・編み物などなど、その種類は沢山あります。

その中でも人気が高いUVレジンを使ったハンドメイドのご紹介です。

UVレジンて何?

UVレジンとは太陽光(紫外線)を浴びて硬化する合成樹脂の事で、主には接着剤などに用いられます。
最近では、その特徴を生かしてアクセサリーなどを作る時に使われています。

レジンとUVレジンの違い

レジンはUVレジンと違い2種類の液体を混ぜて固めます。
硬化時間もUVレジンに比べ長く、必要量を量らなければいけなかったりと大変ですが、出来上がりの良さはUVレジンと比べると断然上です。

人気のハンドメイド UVレジンを始める為の準備

UVレジンで何かを作ろうとした時、必要となる道具などを準備しなければなりません。
手芸屋などでUVランプと必要な材料がセットになっているスターターセットも売っているのでオススメです。
大型100円ショップなどでも安く手に入るので、こちらもオススメです。

絶対必要な道具

  • UVレジン液
  • ミール皿・フレーム
  • 中に入れる物
  • クリアファイル
  • ビニール手袋
  • ゴーグル

あると便利な道具

  • UVランプ
  • 着色顔料
  • 竹串・爪楊枝
  • ピンセット
  • 紙ヤスリ
  • 除光液

それぞれの道具のポイントを抑えておきましょう

  • UVレジン液
  • 紫外線で硬化する合成樹脂の液体。元々は透明で作る作品によって着色したりする。
    最近では色付きのUVレジン液なども売られています。

  • ミール皿/フレーム
  • ミール皿はハンドメイドアクセサリーを作る際の土台。
    形状は底があり、浅いお皿の様になっている。
    フレームは枠だけで、ミール皿の様な底がない。

  • 中に入れる物
  • 中に入れる物は何でもよく、好きな物を入れていい。
    可愛い柄の布やコラージュペーパーなどを皿の底に貼ると様々なアレンジができる。

  • クリアファイル
  • フレームにUVレジンを流し固める時に、敷いて使う。
    クリアファイルだとUVレジンが硬化した時、簡単に剝がす事ができる。
    UVランプを使用する際は、ランプに入る大きさにカットして使う。

  • ビニール手袋
  • UVレジンが手に付着するのを防ぐため。

  • ゴーグル
  • UVレジンは化学合成物質で多少の刺激臭があり、目に染みる事があるので、それを防ぐために使用する。

以下はあると便利な道具です。

  • UVランプ
  • UVレジンを固めるために使用する紫外線照射器。
    これがあると硬化時間が格段に速くなる。

  • 着色顔料
  • UVレジンに色を付けるために使う物で、粉状になっている物が多い。
    少しの量でしっかりと色が付き、UVレジンの透明度は失われない。

  • 竹串/爪楊枝
  • 着色顔料を混ぜたり、UVレジンを隅々まで伸ばす時などに使う。

  • ピンセット
  • 封入素材を挟んで入れたりする時に使う。

  • 紙ヤスリ
  • フレーム型でUVレジンを固めた時、フレームからはみ出したUVレジンを削るために使う。
    ヤスリには番号があり、番号によって荒さが変わる。
    数字の小さいものが荒く、大きいものは細かい。

  • 除光液
  • 万が一、指や皮膚にUVレジンが付いた場合に落とすため。
    除光液は【アセトン】入り物が良い。

人気で簡単にできるハンドメイドのUVレジンの注意


ハンドメイドの中で必要材料も少なく、手軽に出来ることで人気が高いUVレジンアクセサリー作り。

しかし、簡単だからこそ、扱いには注意が必要です。
特にUVレジンは化学合成物質なので、誤った使い方をすると、アレルギーを引き起こすこともあります。

ちょっとだけ、気を付けることで防げる注意点をご紹介します。

ビニール手袋とゴーグル着用

必要な道具の項目でも書いてますが、体に付着することでアレルギーになる可能性が高くなります。
多少でも刺激臭があるということは、化学物質が空気中に浮遊していることになるので、目の粘膜に付着することを防ぎます。

換気はしっかり十分に

こちらも理由は上記と同じで、多少の刺激臭があるので気分が悪くなったり、アレルギーにならない様に換気はしっかり、十分に行いましょう。

UVレジンはジェルネイルの代用にはならない

UVレジンをジェルネイルの代用として決して使用してはいけません。
ジェルネイルの液は人体に使用しても良い様に認可の下りたものです。
UVレジン液は主にアクセサリー作りや接着用途に作られています。

皮膚に付いたUVレジンはしっかり落とす

UVレジンが皮膚に付かない様に注意をすることはとても大事ですが、万が一ついた場合は【アセトン入り除光液】で落とせます。

しっかり落としておかないと、太陽光で硬化してしまうUVレジンは、硬化中に高温になり、火傷してしまいます。

生ものは封入素材にしない

飴やクッキーなどのお菓子類、生花をUVレジンでアクセサリーなどにした本や写真がありますが、基本、生ものは水分を含んでいるためカビが生えたり、変色したりという劣化が起こります。
お菓子類の封入素材はフェイクスイーツに、生花は造花に換えましょう。

以上の注意点を抑えて、いよいよアクセサリーを作っていきましょう。

人気のUVレジンでLet’sハンドメイド

簡単にできる可愛いアクセサリーを作っていきましょう。

  • チャームを作ろう!
  • まず、土台となるミール皿かフレームを選びます。

  • 中に入れる物を決めよう
  • 土台を選んだら、次に中に入れるものを決めます。
    この時、大まかなデザインを決めておきましょう。

  • いざ、硬化しよう
  • いよいよアクセサリー作りの本題です。
    土台に少しだけUVレジンを流し込み、隅々まで広げ、1度硬化させます。
    次にもう1度少量のUVレジンを流し込み、中に入れる素材を決めた場所に配置して硬化させます。
    もう一度UVレジンを流し込み硬化させます。
    ぷくっとさせたい場合は、あと2~3度UVレジンと硬化を繰り返します。

  • チャームを仕上げよう
  • 最後に丸カンやチェーンを付けて、チャームを仕上げていきます。

参考になるUVレジンの人気ハンドメイド作品

SNSなどでもUVレジンを使った作品が沢山、紹介されています。
その中でも、参考になりそうな作品をご紹介します。

蝶のモチーフの作品。UVレジンをメタリックブルーにしていてとても綺麗です。

UVレジンで作られた指輪。中にドライフラワーが散りばめられており、とても華やか。

猫好きには堪らない作品。ストーンを目にあしらい可愛い印象のヘアゴム。

香水瓶のモチーフ。
中に穴なしビーズや花のビーズを入れると簡単で可愛い仕上がりに。

chiromiさん(@chiromiin)がシェアした投稿

中に星型のラメや星座モチーフ、ブルーとシルバーのラメをあしらって簡単宇宙柄の土星モチーフのキーホルダー。

人気ハンドメイド UVレジンのまとめ

UVレジンは扱い方さえ間違わなければ、様々な作品を作る事ができます。
今回は、土台を使ったチャームの作り方のご紹介でしたが、モールドという型を使用するれば、ボタンを作る事も可能です。
アイディア次第でUVレジンの可能性は無限大です。楽しくUVレジンの魅力と世界にハマってみてはいかがでしょうか