【漫画 趣味】漫画は平安時代からあった?息抜きに漫画を楽しもう

いまや子供だけでなく、大人にとっても欠かすことのできないエンターテイメントのひとつが「漫画」です。
そんな「漫画」を読むことを趣味としている人もたくさんいると思います。
特に漫画を読むのが趣味というわけでなくても、好きな漫画があるという人もたくさんいるのではないでしょうか?
そんな漫画の、歴史や魅力に迫ってみたいとおもいます。

漫画を趣味としている人は世界中にいる

いまや漫画やアニメは、ゲームやアイドル音楽などとともに、日本を代表する文化として世界中で大人気です!
あのリオデジャネイロ・オリンピックの最後の閉会式で、次の東京オリンピックのプロモーションが行われていたときに、ドラえもんや、キャプテン翼、スーパーマリオなどが登場していたのは、こんな背景があったんです。

ブラジルで人気の日本の漫画

ここで筆者が住んでいるブラジルで人気の、日本の漫画を紹介してみましょう!
ブラジルにも漫画を趣味としている人はたくさんいます。
趣味としてのコスプレやフィギュアなどのグッズを集める人もたくさんいます。

漫画という趣味は平安時代からはじまっていた

日本の漫画の原型となったものは、平安時代の絵巻物「鳥獣戯画」だったといわれています。
他に「福富草子」や「信貴山縁起絵巻」などが現代の漫画の表現方法に似ているといわれています。
18世紀になると浮世絵が登場してきて、絵と、セリフが混在する様子が現代の漫画と同じであるといわれます。ヨーロッパにも影響を与えた、葛飾北斎の「北斎漫画」は特に有名であす。
江戸時代の草双紙のうちの、「金きん先生栄花夢」には漫画のフキダシの表現が使われています。

漫画を広めた巨匠たち

かつて漫画やアニメは子供の遊びのひとつとして考えられていました。
それを大人の趣味として立派な娯楽に成長させた巨匠たちがいます。
その巨匠たちを代表作とともに、ご紹介してみましょう。

手塚治虫

1928年生まれ、A型、漫画家でありながら医学博士でもある。
現代漫画の表現方法の基礎を築いた、日本の漫画会の父。
代表作
鉄腕アトム、ジャングル大帝、ブラックジャック、リボンの騎士、他

石ノ森章太郎

1938年生まれ、日本の特撮物の原形となる漫画を描いた第一人者。
代表作
HOTEL、ジュン、サイボーグ009、仮面ライダー、他

藤子・F・不二夫

1933年生まれ、富山県出身。
安孫子素雄(富士子不二夫A)とともにたくさんの人気作品を描いた。
代表作
ドラえもん、忍者ハットリくん、オバケのQ太郎、パーマン、怪物くん、他
代表作
ドラえもん、忍者ハットリくん、オバケのQ太郎、パーマン、怪物くん、他

富士子不二夫A

1934年生まれ、藤子・F・不二夫とともに多くの人気作品を描いた。
代表作
笑うせえるすまん、まんが道、他

赤塚不二夫

1935年生まれ、石野森章太郎をしたい、トキワ壮に入居。
代表作
ひみつのアッコちゃん、天才バカボン、おそ松くん、他

主な漫画のジャンル

日本の漫画には実に様々なジャンルがあります。そのジャンルの一部をご紹介しましょう。

・歴史漫画
花の慶次ー雲のかなたにー、風雲児たち、大奥、
ベルサイユのバラ、ヴィンランド・サガ、など。

・ハードボイルド
コブラ、シティーハンター、HAET灼熱、北斗の拳、ゴルゴ13など。

・任侠
ぬらりひょんの旅、ごくせん、サンクチュアリ、本気サンダーナ、男樹など。

・ホラー
インフェクション、彼岸島48日後,,,。漂流教室、ゲゲゲの鬼太郎、リング、など。

・ミステリー
童夢、マンホール、僕だけがいない街、名探偵コナン、近代知少年の事件簿、など。

・アクション
イン・ザ・ヒーロー、大阪ハムレット、ルパン三世、きらきらひかる、極道めし、など

コアな趣味の作品が多い同人誌

あのド派手ゴージャス姉妹、叶姉妹が参加したと話題になった「コミックマーケット」(通称コミケ)は、主に同人誌を扱った即売会です。
同人誌とはサークル活動などの趣味の一貫として、出版された漫画本の事なんです。
そんな同人誌出身の漫画家をご紹介しましょう。

・久保光郎
・高橋留美子
・島本和彦
・ゆうきまさみ
・星野桂
・睦月あきら
・天野こずえ
など。

芸術としての漫画

漫画やアニメは娯楽としてだけではなく、芸術作品としてもその価値が認められてきました。

最近では展示会やギャラリーなどが頻繁に開催されるようになって来たんです。
また、漫画作品を扱った美術館などもあります。
下記はその一例です。

・杉並アニメーションミュージアム(東京都杉並区)
・京都国際漫画ミュージアム(京都市中京区)
・長谷川町子美術館(東京都世田谷区)
・三鷹の森ジブリ美術館(東京都三鷹市)
・永井豪記念館(石川県輪島市)
・ちび丸子ちゃんランド(静岡市清水区)
・石ノ森章太郎ふるさと記念館(宮城県登米市)
・水木しげる記念館(鳥取県境港市)
・現代漫画資料館(大阪市旭区)
・いがらしゆみこ美術館(岡山県倉敷市)

漫画喫茶へ行ってみよう!

学生時代に漫画が趣味だった人も、上京するときに思い出と一緒に、漫画を実家においてきてしまったり、引越しなどで処分されたりして、思い出の漫画がない場合もあるでしょう。

?

そんなときには漫画喫茶に行って思う存分楽しんでみましょう!
最近ではカップルシートなどもあり、恋人や友達と一緒に利用することもできるんです。

一般的には図書館や書店並みの品揃えがあり、新聞や、インターネットを閲覧したりできます。
大規模店では個人シート、ペアシート、家族シート、お昼寝シートなどがあります。

軽食やドリンクのサービスもあるので、長時間いても大丈夫。
また、終電を逃したときや、急に予定があいてしまったときなどの、暇つぶしとしても利用できます。

まとめ

日本のアニメの歴史や奥の深さ、
またいろんなジャンルがあることがわかっていただけましたか?

いまや、日本の漫画やアニメは日本国内だけではなく、
世界中に漫画を趣味としている人をたくさんつくっています。
仕事や家事の息抜きに、久しぶりに一冊手にとってみてはいかがですか?