英会話上達にはまず単語!五感をフル活用して楽しく効果的に学ぶ方法

英会話上達には、単語力は必要不可欠です。
単語を覚えることで大切なことは、自分の体験に絡めイメージして覚えること、五感をフル活用すること、反復すること、そして楽しく行うことです。
毎日の隙間時間を使い、想像力を働かせ、自分が楽しめる方法で学習を進めてみては。

隙間時間に楽しく始める、英会話のための単語学習


訪日外国人の数は年々増え、2020年には東京オリンピックの開催が決まり、英会話ができるといいなと、誰しもが思っていることでしょう。

しかし全く喋れないのに、毎日忙しくてしっかり勉強というのもなかなかハードルが高い・・・

そんな方にオススメしたいのが、まずは英単語を覚えること。
文法や構文とは違い、ゲーム感覚で楽しく覚える単語アプリなどもたくさんあります。
ぜひ空いた時間のちょっとした「趣味」くらいの軽い気持ちで、まずは英単語から英会話を学ぶことを始めてみませんか?

英会話上達になぜ単語力が必要なのか?


よく聞くのが、英会話だけであれば中学校英語でも十分と。
なぜかというと、日本語と同様、一般的な会話では難しく回りくどい構文などは使いません。
逆に一文が長すぎると聞き手も理解しづらく、スマートとは言えません。
実際中学校で習う文法はそこまで難解なものはありません。
もしすっかり忘れたとしても、簡単に復習できるテキストもたくさんあります。

ではなぜ英会話上達に単語力が必要なのでしょうか?
少し思い返してみてください。

あなたはこれまでに、しっかりとした文法でなくても、知っている単語を並べたらなんとなくコミュニケーションが取れた経験はありませんか?
むしろ主語+述語+目的語(SVO)の基本文型は知っていても、I like〜の、〜の部分、つまり自分が最も言いたい事の単語が分からず肝心のことが伝わらないという経験もあるのではないでしょうか。
言いたいことを伝えられるかは、単語力にかかっていると言っても過言ではありません。

まずは自分の英会話レベルを知ろう。英単語力診断テスト

早速やる気になり単語帳や教材を買おうにも、そもそも何を買って良いかわからない、という方もいらっしゃるかもしれません。
まずは今の自分のレベルを知る事で自分に合った教材を選びやすくなります。

アルクのサイトでは無料で英単語力診断テストが受けられます。
英単語力診断テスト|アルク
所要時間はたったの3分。20個の単語の意味を4つの選択肢から選びます。
診断結果では、レベルだけでなく、オススメの勉強法や、オススメの教材を紹介してくれます(もちろん教材は、アルクですが)

英単語帳の選び方

英会話のための単語の覚え方は様々

英会話のために、いざ単語を覚えると言ってもいろいろな方法があります。
好きな洋画や洋楽の歌詞を書き出して単語をピックアップしたり、本や雑誌、ニュース記事を英語で読んでわからない単語を書き出したり・・・。
しかし、単語を覚える事にフォーカスするのであれば、最も手っ取り早いのは単語帳ではないでしょうか。
しかし単語帳も種類が豊富で選ぶのも一苦労。
ここでは英単語帳の選び方をご紹介します。

英単語の難易度が自分のレベルに合っているか

先ほどのレベルチェックでもあったように、自分に合ったレベルの単語帳を選びましょう。
知っておくべき単語数は、初級者であれば2000語で、日常英会話レベルも同等です。
中上級者であれば5000語、大学やビジネスで使うレベルになれば1万語という目安を参考にしてみてください。
もちろん目標に合わせたレベル設定にするのも良いと思います。
例えばTOEIC750点を目標にしているなら、それに合った単語帳を選ぶなどです。
ただし、現時点でTOEIC400点くらいの方がいきなりTOEIC800点を目指す単語帳を使うのは、最初からハードルが高いかもしれません。
上級レベルの単語を覚える前に押さえておくべき重要な基礎単語があります。

英会話の例文が付いているか

単語帳の中には、単語だけの羅列になっているだけのものもあります。
例えば、シチュエーション毎に分けられていて、空港で使う単語一覧のようなイメージです。
ぱっと見るには分かりやすいですが、単語を覚えるには向きません。
例文、英会話でも使えるような例文があると、単語の持つ意味をイメージできるので、記憶に残りやすいです。
また例文ごと覚えることで、そのシチュエーションに実際になった時に、そのまま使えるので実用性が高いです。

単語・例文の音声CDがついているか

発音がはっきりわかっていなければ、綴りを見て覚えていた単語も、英会話の中で出てきた時に分からない、聞き取れないことがあります。
CDで発音もチェックしましょう。
また、音声は、車や自転車での通勤・通学中などにも聞けるので、時間をうまく活用できます。
例文音声があるものでしたら、慣れてきたらディクテーション(例文は見ずに、英語の音声を聴きながら、同時に自分でも声に出して繰り返すこと)の練習をすると、英語力はとても伸びます。
ここまですればただの単語帳1冊するだけで単語力だけでなく、英会話力が大きく伸びることでしょう。

オリジナル英単語帳のススメ


英単語をコツコツ覚えることは、継続するのがとても難しいです。
自分には関係ない、という気持ちからモチベーションが下がり途中で飽きてしまうからです。

では、自分の興味があるものだけを集めたオリジナル単語帳を作ってみてはどうでしょうか?
まずは、何のために単語を覚え、英会話を習得したいのか、その目的を再確認します。
例えば海外旅行が目的とすると、想像力を働かせ、旅行中に必要になりそうな単語や会話を考え、それらを単語帳に入れるようにするのです。
実際に使うところをイメージするとただ覚えるよりずっと自然に頭に残ります。

後は、自作のノートでも良いですし、単語帳が自作できるアプリを使っても良いので、表現や単語を調べて自分の単語帳を作っていきます。
覚えるまでに「作る」作業がありますが、その作業の時間こそ、楽しくまた記憶に残りやすくなります。

英会話に活きる、英単語の覚え方


まず押さえておきたい大切なことは、目標設定と期限です。
趣味で始めるにしても、ある程度マイルストーンを置くことで、何となく飽きてやめてしまうことを防ぎましょう。
重要なことは、高すぎない目標を、段階的に設定することです。
1年後に、単語1万語を覚える、は数字の入った目標で一見良さそうですが、期限が長く目標も大きすぎます。
これを最終ゴールとして、具体的に明日から取り組める目標に落とし込みましょう。
例えば1日10個の単語を覚える。3ヶ月後のTOEICで600点を目標にする、などです。
また、時々現状を振り返り目標を見直すことも大切です。
では早速覚える上での大切な3要素をお伝えします。

イメージや体験と結びつけて覚える

印象的な思い出は、覚えようと意識しなくても自然とずっと記憶しているように、強いインパクトや感情が伴った記憶は残りやすいです。
単語の記憶も同様に、まずは単語を自分の経験などに絡めたイメージとして捉え、イメージで覚えるようにします。

忘れそうな頃に復習して定着させる

一度覚えたことも、20分後には42%、1時間後には56%、翌日には74%忘れてしまうと言われています。
勉強した1日の終わりに再度復習する、翌日、前日の復習から始めるなど、記憶が完全に定着するまで繰り返します。
目安としては、1秒以内にパッと思い出せるようになるまでです。
その時イメージを一緒に思いだすことを忘れずに。

五感をフル活用して覚える

特に感情たっぷりに声に出して読むとよりイメージが定着しやすいです。
他にも、自分で読んだ単語をICレコーダー等で録音して聞くのも効果的です。
感情やイメージ、耳で聞く、声に出すなど、とにかく五感をフル活用し、できるだけ脳を刺激しましょう。

楽しく続けるのも、英単語学習には効果的です

やる気があっても闇雲にやってもすぐに忘れてしまいます。
趣味として楽しくやるにも、実際に使えて会話に活きるとより楽しくさらに続けられます。
ぜひ自分の体験を絡め、感情や五感をフル活用しながら、楽しく覚えてみてください。