【手縫いスカートの作り方】ミシンなし裁縫でも大丈夫!簡単な縫い方

手縫いの基本的な縫い方で作る、スカートの作り方をご紹介します。
簡単な手縫いの縫い方なので裁縫が苦手な方でも、簡単な手順に沿って作る事ができます。
ここで紹介されていない縫い方を使った、裁縫の作品もご紹介しています。

縫い方が分からない裁縫初心者

小学校などで裁縫の基本となる手縫いを学びますが、大人になった今でも『裁縫が苦手』や『手縫いはちょっと…』という方も多いのではないでしょうか。
実際、ミシンの方が出来上がりが綺麗で縫い目もしっかりしていて、作るスピードは速いです。
ミシンに慣れてしまうと、より一層、手縫いが遠ざかってしまいます。

しかし、手縫いの良さはちゃんとあるのです!手縫いは縫い仕上がりが柔らかく、肌触りも優しいのです。
そして、準備する必要な道具も大掛かりな物はないので、すぐに縫い始める事ができます。

今回は裁縫初心者さんにも簡単に作る事ができる、直線裁ちでOKの手縫いスカートの作り方をご紹介します。

縫い方の前に裁縫道具の準備


裁縫に必要な道具は個別に揃えると大変かもしれません。

オススメとしては手芸屋で裁縫セットを購入する事です。
100円ショップなどでも手に入りますが、品質などを考慮するとあまりお勧めはしません。
特に布切鋏や糸切鋏は切れ味が良くないので、布を切る際にズレが生じてしまったりします。

それぞれの道具のポイントをご紹介します。

縫い針は縫う生地により針の種類を変えますが、『四ノ三』という針だと薄地から普通地の布に使え、布通り通い細めの針になっています。

糸は手縫い専用のポリエステル製の糸が丈夫で良いです。
使う時の糸の長さは針に糸を通して、針を持ち、肘を曲げて15㎝先を切って、1本どりで使います。

糸切鋏or手芸鋏

糸切鋏は糸を切る為のハサミで、手芸鋏は糸や細かい作業などに適しています。

布は好きな布で良いのですが、手縫いに向いている布はコットン、ガーゼ、フェルト、フリースなどで、秋冬は薄手のコーデュロイ、ビエラ、ネルなどです。
作る物、季節などによって、手芸屋などでどのような布が向いているのか、聞いてみると良いと思います。

マチ針

布に折り目を付ける為にアイロンをかけたりする時などに使ったり、アイロンがない場合はそのまま使ったりする。

ゴムとゴム通し

ゴムの種類は幅や強度によって違います。
作る物に応じて使い分けます。
ゴム通しはゴムや紐を通す時に使用します。
穴にゴム(紐)を通すものや挟んで通すものなどがあります。

以下はあると便利な道具

針山

マチ針や縫い針を休める為のもの。
中綿にシリコン加工をしているものを選ぶと針が錆びにくい。

布切鋏

布を切る為の鋏。紙を絶対に切ってはいけません。
切れ味が悪くなり、布を切る時に引っかかってしまい、切った布がガタガタになってしまいます。
(今回は直線裁ちで型紙を使わないので使いません)

型紙

作る物のお手本となるもの。
布を切る時にも使用します。

チャコペン&チャコペーパー

型紙を使って布に型を写す時に使用する特殊なペン。
チャコペンはペンシルタイプとインクタイプがあり、インクタイプは水で消えるものが多い。
チャコペーパーは紙タイプで大きさも様々。手芸へらなどで印をつけていきます。

アイロン&アイロン台

折り目を付けたり、縫い終わった後の仕上げにしわを伸ばしたりします。

指抜き

針が布を通りにくい時などに、針の頭を押し出す為に指にはめて使用します。

裁縫の基本 手縫いの縫い方


手縫いにも色々な縫い方がありますか、今回のスカート作りでメインに使う縫い方をご紹介します。

縫いはじめと縫い終わり

  • 縫いはじめ
  1. 縫いはじめは糸の終わりに玉結びをします。
  2. ひと針縫って、針を縫いはじめに戻して、もう一度縫います。
  3. もう一度同じ所を縫って(ふた針戻した事になる)から、縫い進めていきます。
  • 縫い終わり
  1. 縫い終わりに来たら、縫いはじめの時の様にふた針戻します。
  2. 縫い終わりの糸を針先に2~3回巻き付け、巻きつけた所を抑え、糸を引き抜き玉止めします。
  3. ひと針刺し、玉止めした所に刺し抜いて、糸を切ります。
  • 並縫い
  1. 針を布裏に出す時、針を押しながら、左手に持っている布を手前に引きます。
  2. 針を布表に出す時、左手に持っている布を下に押しながら、針を出します。
  3. 1と2を交互に繰り返します。(均一な長さになる様に心掛けましょう)

  • 返しぐし縫い
  1. 等間隔で2~3針縫う。
  2. ひと針分返して、ふた針先に針を出だす。
  3. 1と2を繰り返して縫っていく。
  • 本返し縫い
  1. ひと針縫う。
  2. 針をひと針戻し、ふた針先に針を出して糸を引く
  3. 1と2を繰り返し縫っていく。

    折り伏せ縫い
  1. 布を中表で合わせ縫います。
  2. 手前の縫い代を半分に切ります。
  3. 幅の広い縫い代をかぶせる様に折ります。
  4. 3を縫い代ごと倒して、きわ(画像の赤線部分)を縫います。

最初は真っ直ぐに縫うのはなかなか難しいかもしれませんが、
縫っていくうちに上手になっていきます。
なので、最初は表に出来上がり線を引いて、その上を糸が通る様にすると良いでしょう。

ミシンなし裁縫の本番!手縫いスカートの縫い方


スカートにしたい布が決まったら、必要な長さ(1m半~2m程)を用意します。
ウエストサイズはヒップを目安にして、+20㎝してください。それに縫い代を+1~2㎝してください。
(例:ヒップ+20㎝+1~2㎝=必要なウエストサイズ)

2枚布は÷2の長さの布を2枚用意してください。
(例:ヒップ+20㎝+1~2㎝÷2=必要なウエストサイズ1枚分×2)

丈はお好きな長さでOKですが、ゴム幅と裾幅(共に三つ折り)のプラス分を忘れないでください。
ゴムの長さはウエストの長さ×0.9+2㎝で用意してください。
1枚布でも2枚布でも方法は同じです。
布は中表にしてください。

  • 筒状に縫う
  1. 布の上部をゴム幅で三つ折りします。
    (あればアイロン掛け。なければ爪などで強く折り目を付けてください)

  2. 布の下部も三つ折りにします。
    (こちらも1と同じくあればアイロン掛け、なければ強く折り目を付けて)

  3. 1と2で付けた折り目を開き、脇を折り伏せ縫いを返しぐし縫いで縫います。
  • ウエストを縫う
  1. 上部の三つ折りを折り返します。
  2. 折り返した下部分のきわを2㎝程開けて、返しぐし縫いで縫います。
    (赤い印の所を2㎝ほど縫う)
  • 裾を縫う
  1. 下部の三つ折りも折り返します。
  2. 折り返した上部のきわを並縫いで縫います。
  • ゴムを通して、縫う
  1. ウエストの開いてある穴にゴムを通します。
  2. ゴムが捻じれていない事を確認したら、ゴムの端と端を本返し縫いで縫います。
  3. ウエストを伸ばして、ゴムを全て入れて仕上げれば完成です。

縫い方いろいろ!裁縫の参考になる作品

今回紹介した縫い方以外の縫い方も使った、簡単にできる手縫いの作品をご紹介します。

手縫いで作られた洋服。シンプルだけど着心地が良さそうな一品。

ほぼ手縫いで作られているロングコート。裁縫に慣れたら作ってみたい作品。

裁縫初心者の方必見!バッグなどの小物もオススメです!

∞紅丸∞さん(@beni_maru8)がシェアした投稿

裁縫初心者の方必見Prt2!巾着袋も簡単で作るのにオススメです!

米田 早紀さん(@sakipyopi)がシェアした投稿

小銭入れなど、大きさを変えて作る事もできるポーチなども可愛くてオススメ!

Sumiyo Oonoさん(@sumiyooono)がシェアした投稿

カンタン裁縫 手縫いスカートの縫い方のまとめ

今回、紹介したスカートの作り方はとても簡単で、シンプルデザインでどんな洋服にも合う為、1つと言わず、2つ、3つと作りたくなるスカートです。
サイズを変えれば、子供用も作れてしまいます。

作り上げる喜びを知ってしまうと、裁縫の魅力にハマってしまうかもしれません。
裁縫はすればする程、上達していきます。
難しい縫い方もマスターして、大きな作品やネット販売できる物まで作る事も可能なのです。