初心者でも美味しい野菜を作りたい!野菜作りのコツをチェック

スーパーに行けばいろいろな野菜が売っています。
でも案外高いんですよね。
自分たちが食べる分だけでもと、野菜作りに挑戦する人たちもたくさん出てきています。
初心者でも簡単に出来る野菜作り、マンションのベランダでも作れる野菜、いろいろとチェックしてみました。

初心者の野菜作り、まずどんな物が必要?


野菜作りに必要なもの、初心者だからこそ最初にそろえる道具は大切です。

    • 培養土

作ろうと思う野菜によって適した土に違いがあります。
農家の人たちはまず土つくりから始めますが、初心者にはちょっと難しいかも知れません。

初心者に向いているのが、比較的にどんな野菜にも合うようにブレンドされている培養土です。
野菜別、有機野菜用などの培養土もありますが、初心者には標準的なもの多良いでしょう。

    • スコップ

土を混ぜたり、培養土を入れたり足したりするので、ある程度深いものが良いでしょう。
耐久性がある金属製を選びましょう。

    • じょうろ

野菜作りには太陽の光と水が必要です。
作る野菜の量にもよりますが、軽くて大きいものが使いやすいです。

    • プランター

入れる土の量、野菜が根を張ることを考え、ある程度深めのもの
また育った野菜も一緒に持ち運ぶこともありますので、軽いものを選びましょう。
キャスターつきの土台の上にプランターを載せるのも一つの方法かも知れません。

初心者でも簡単な野菜作り【ベランダで作る】


野菜を作ってみたいけど面倒くさい。毎日の世話がたいへん、と思いがちです。
マンションでも自宅でも外と言う感覚があまり無いベランダで、野菜作りを始めるのが初心者でも成功する鍵かも知れませんね。成長の早い野菜は、窓から観察していても楽しいですし、子供と一緒に水やり、世話をすることで楽しむことが出来ます。

初心者の野菜作り まずはプランターで作ってみよう。

初心者の野菜作り、お勧めはプランターで簡単に作れるものです。
野菜作りを経験する事で、野菜嫌いを克服する人もいるようです。

    • 実がなるもの

なす、ピーマン、唐辛子、しし唐など。料理に活躍しようです。

    • 蔓もの

きゅうり、ゴーヤ。ゴーヤは成長が早く窓に立てかけて緑のカーテンを作る人もいます。

    • 葉っぱもの

小松菜、ほうれん草、春菊やシソ、バジルなど。

    • 根もの

にんじん、カブ、わけぎなど。

ガーデニングのお店に行くと、プランター菜園用としてミニサイズのにんじん、カブなどが販売されています。

ベランダでの野菜作り、初心者として気をつける事は?

プランターに培養土を入れる前に、鉢底石や防虫ネットなどを入れます。
これは培養度を直接入れると水はけが悪くなってしまうからです。
種をまき、発芽を心待ちにしますが、それまでの間は霧吹きで水をやると、あげすぎる事がなく発芽しやすくなります。

プランターを置く場所は日が当たる場所に。野菜作りには太陽の光が必要です。水はけも良い場所を選びましょう。日が当たるように高さの調整、ワイヤーで吊ったりと工夫してみましょう。

初心者でも簡単に作れる、野菜作り 何を選ぶ?

野菜、作ってみたいけど初心者だから不安?大丈夫です。
野菜作りはまず簡単なものから。
どんなものがあるか見てみましょう。

ミニトマト、プチトマト

ミニトマトはサラダやお弁当にと人気がある野菜です。
根っこが強く育てやすく、成長も早いので初心者に向いている野菜です。
一番簡単なのはすでに発芽している苗を買って、プランターに植え、支柱を立てて軽く結んでおきます。
たくさんトマトを収穫したいですが、主軸から出た脇芽を適度に摘み取ることです。
ミニトマトの量が多くなると主軸が支えきれずたれてきたり、成長が後れる事が出てくるからです。

きゅうり

きゅうりはつる性の野菜で、黄色い花が咲いた後にきゅうりが出来ます。
きゅうりはできるだけ日照時間が高い場所を選んで栽培します。
発芽し、苗になったら支柱を立て蔓が絡むようにします。
成長するにつれ葉が多く又大きくなりますが、バランスよくなるように適度に取り除きます。

なす

きゅうりと同じようにいつも日に当たるようにします。
また乾燥も嫌うので土が乾いていたら、水をあげるようにしましょう。日が当たっている日中よりも気温が低い朝、夕方にお水をあげるのが良いかもしれません。
また葉が多い場合には取り除くことで、バランスよく日光をとり入れ、なすの成長を促します。

シソ

シソは免疫力も高く、料理の味のアクセント、薬味として使われるシソは日本料理に欠かせないものです。
最近はジュースで飲む人も多くいます。
シソもほかの野菜と同じように日当たりの良い場所を選ぶことです。しかし日に当たることで香りは良くなりますが、葉は硬くなってしまいます。
なので食用として育てる場合には半日陰で育てる事です。
また土の表面が常に湿っているように気をつけましょう。

初心者でも大丈夫、冬でも野菜作りが出来る

野菜作りと言うと春から夏、そして秋を思いがちです。でも冬でも野菜作りは出来ます。
気温が低い冬には日照時間も短くなるために、特に日当たりに気を配りましょう。
また気温が0度以下に下がる事がわかっている場合には、家の中に入れたりカバーを掛けるなど凍結しないように気をつけましょう。
初心者でも作れる簡単な野菜をチェックしてみましょう。

小松菜

小松菜は虫がつきやすい野菜ですが、秋から冬に掛けての時期は、虫が付きづらいために初心者に向いています。プランターで育てることが出来るので、ベランダなどで栽培すれば寒いときにもすぐに家に入れる事ができます。
・コマツナの育て方と栽培のコツ

ほうれん草

鉄分を多く含むほうれん草は栄養価の高い冬の野菜です。出来るだけ日に当たるように気をつけ、酸性土にならないように気をつけることで、簡単に作ることが出来ます。
・ホウレンソウの育て方と栽培のコツ

野菜作り初心者、キッチンで栽培できるので気軽に始められる


キッチンでいろいろなハーブが作れれば、調理の時にもちょっとつまんで入れるだけ。
ねぎ、かいわれ、三つ葉にパセリやミント、ルッコラなどいろいろとキッチンで作る事が出来ます。

キッチン栽培が初心者に向いているのは、残り物の野菜などを作って始められるからです。
野菜作りと力まなくても気軽に出来ます。

ねぎや三つ葉は食べた後、根っこの部分を切り取り、新鮮な水につけて置くだけです。
水を毎日変え日当たりの良い場所に置くと、早いもので2週間くらいで食べることが出来ます。

キッチンで野菜を栽培してみよう。お勧めの方法はコレ!!

初心者が野菜作りをする上で気をつけること。

野菜作りには水、土を使います。
水やりのさいに下階や外を歩いている人掛かってしまったり、害虫処理の薬剤が他のベランダに流れてしまったりと、周りの迷惑になる事もあります。
マンションの高層階での野菜作りは、まわりには何かあったらと一声掛けておくのが良いかもしれません。

初心者にとって野菜作りが大変なものと思わずにすむ、野菜を選ぶことです。
台所で野菜の残り物を使った野菜作りから、本格的な家庭栽培を行うようになった人もいます。
また野菜って食べることばかりを考えますが、それぞれの野菜の花も楽しむことが出来、子供がいる家庭では良い食育になっているようです。

まとめ

まずは簡単な野菜から、プランターを使って野菜作りを始めましょう。
自分で作った野菜はとても美味しいものです。
ぜひ挑戦してみてください。